fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ブルース・ウィリス
ダイ・ハード4.0 
2007年07月19日 (木) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
ダイ・ハード4.0ダイ・ハード4.0/LIVE FREE OR DIE HARD
2007年/アメリカ/129分
監督: レン・ワイズマン
出演: ブルース・ウィリス/ジャスティン・ロング/ティモシー・オリファント/クリフ・カーティス/マギー・Q
公式サイト
公開: 2007年06月29日

NY市警の刑事ジョン・マクレーンは、ある夜、マット・ファレルというハッカーをFBIまで連行するように命令を受ける。マットのアパートへ向かい、マットを連れ出そうとした時、銃で襲撃を受け、訳がわからないながらもジョンはマットを守り、何とかFBIまで連行する。すると、オンラインで繋がれた合衆国のライフラインが全てダウンするという事態が起きていた。マットは依頼を受けて、数人のハッカーたちとあるプログラムの開発をしたが、ハッカーたちは次々と不審な死を遂げていた。犯人はこのプログラムにより国家のライフラインを押さえ、サイバーテロを企んでいたのだった。そして次々とアメリカの機能は停止していき、FBIは為す術もない。ジョンはマットの協力を得て、犯人たちを捕らえようとアメリカ中を奔走する―――――


そんな訳で、昨日やっと「ダイ・ハード」シリーズ最新作を観てきました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:レン・ワイズマン ブルース・ウィリス ジャスティン・ロング ティモシー・オリファント クリフ・カーティス マギー・Q 「ダイ・ハード」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ダイ・ハード3 
2007年07月18日 (水) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
ダイ・ハード3ダイ・ハード3/DIE HARD: WITH A VENGEANCE
1995年/アメリカ/128分
監督: ジョン・マクティアナン
出演: ブルース・ウィリス/ジェレミー・アイアンズ/サミュエル・L・ジャクソン

ある昼日中、NY5番街にあるデパートが爆破される。サイモンと名乗る犯人はNY市警に電話を寄越し、停職中の刑事ジョン・マクレーンを呼び出すように指示する。ジョンが命令通りに行動しないと、新たに公共の場所を爆破すると言うため、早速ジョンは呼び出され、犯人の指令通りに“黒人は嫌いだ(I HATE NIGGERS)”と書かれたプラカードに身を包み、ハーレムの一画に立つ。それを見た古物屋の主人ゼウス・カーヴァーは、ジョンの身を案じてこの場を立ち去るように告げるが、街のチンピラがジョンに絡んできたのに巻き込まれ、ジョンとともにNY市警本署へ避難する。そこへ犯人から再び電話があり、ゼウスと共に再度指令に従うようにと言う。命令に従わないならば爆破すると言われ、2人は渋々ながらも犯人の命令に従う。そこで妙な謎かけや明らかに無茶な命令を出され、2人は犯人に振り回される。しかし、犯人の正体がサイモン・ピーター・グルーバー、ジョンがロスのナカトミ・ビルで対峙したテロリスト、ハンス・グルーバーの兄だと判明する―――――


連休中にWOWOWがやっと(笑)放送してくれましたので。地上波だとカットされるし吹き替えだから嫌なんだよね。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:ジョン・マクティアナン ブルース・ウィリス ジェレミー・アイアンズ サミュエル・L・ジャクソン 「ダイ・ハード」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ダイ・ハード2 
2007年05月21日 (月) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
ダイ・ハード2ダイ・ハード2/DIE HARD2
1990年/アメリカ/124分
監督: レニー・ハーリン
出演: ブルース・ウィリス/ボニー・ベデリア/ウィリアム・サドラー/ジョン・エイモス/フランコ・ネロ

クリスマス休暇でごった返すワシントン・ダレス国際空港。ロス市警の刑事ジョン・マクレーンは、妻ホリーが飛行機で到着するのを空港で待っていた。折しも同じ時、麻薬密輸の疑いで身柄を拘束されたラモン・エスペランザ将軍が、バルベルデ共和国からアメリカへ護送され、到着次第逮捕される運びとなっていた。ジョンは空港のバーで怪しい動きをする男たちを目撃し、男たちを追って手荷物室に入り込み、銃撃戦となるが、1人を取り逃がしてしまう。何かが行われようとしていると察知したジョンは、空港警備隊に封鎖を訴えるが、管轄外のことに首を突っ込むなと拒絶されてしまう。
その裏で、元陸軍大佐のスチュアートたちによるエスペランザ将軍を奪取する計画が黙々と進められていた―――――


以前「ダイ・ハード」をレンタルして、いざ2を!と思ったら、いつになっても貸し出し中。それで、そのまま月日は流れ、現在に至ると。だって、順番に観ないと気持ち悪いんだもん。
そんな訳でWOWOW ヽ(´ー`)ノバンザーイ ですよ。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:レニー・ハーリン ブルース・ウィリス ボニー・ベデリア ウィリアム・サドラー ジョン・エイモス フランコ・ネロ ウォルター・ウェイジャー 「ダイ・ハード」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ダイ・ハード 
2007年05月20日 (日) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
ダイ・ハードダイ・ハード/DIE HARD
1988年/アメリカ/131分
監督: ジョン・マクティアナン
出演: ブルース・ウィリス/アラン・リックマン/ボニー・ベデリア/アレクサンダー・ゴドノフ/レジナルド・ヴェルジョンソン

NY市警の警官ジョン・マクレーンは、クリスマス休暇に妻ホリーと子供たちの住むロスへやってきていた。ホリーはキャリアを積んでおり、そのためにジョンとは別居生活を送っていた。ジョンはホリーのキャリアを認められず、夫婦間には微妙な溝が出来ていた。ホリーの勤務するナカトミ・ビルではクリスマスパーティが開かれており、ジョンも参加していたが、突然ハンス・グルーバー率いるテロリストグループに乗っ取られる。何とか別の階へ逃げ出したジョンは、外部へ助けを呼ぼうとするが、テロリストたちに存在を感づかれてしまう。ジョンは1人、テロリストたちに反撃を始めるが―――――


二度目の鑑賞です。WOWOWで「ダイ・ハード」シリーズ一挙放送していましたので、ついつい。たぶん「ダイ・ハード4.0」の公開に合わせてということなのでしょうね。その割には「ダイ・ハード2」までしか放送してないけど(笑)
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:ジョン・マクティアナン ブルース・ウィリス アラン・リックマン ボニー・ベデリア アレクサンダー・ゴドノフ レジナルド・ヴェルジョンソン 「ダイ・ハード」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ラッキーナンバー7 
2007年01月17日 (水) | EDIT |
 シネマ・ロサにて鑑賞
ラッキーナンバー7ラッキーナンバー7/LUCKY NUMBER SLEVIN
2006年/アメリカ/111分
監督: ポール・マクギガン
出演: ジョシュ・ハートネット/ブルース・ウィリス/ルーシー・リュー/モーガン・フリーマン/ベン・キングズレー
公式サイト
公開: 2007年01月13日

仕事をクビになり、恋人の浮気現場に遭遇し、不運続きのスレヴンは、友人のニック・フィッシャーの元を訪ねてきた矢先、空港でチンピラに殴られて鼻の骨を折られ、身分証明書を奪われてしまった。やっとニックの部屋へたどり着いたものの、ニックは留守。そこへ、隣の部屋に住むリンジーが砂糖を借りにやってくる。2人は何となく意気投合し、スレヴンが自分の状況を説明すると、リンジーはニックの行方を捜索しようと言う。そしてリンジーが仕事に行ってしまってから部屋を訪ねてきたのは、ある組織を束ねる“ボス”と呼ばれる男の手下だった。ニックと間違われたスレヴンは“ボス”の元へ連れて行かれ、ニックが“ボス”に借金しているという9万ドルの返済を迫られる。しかし“ボス”はある頼みを聞いてくれたら借金はチャラにすると言う。その頼みとは、“ボス”と敵対している組織のトップ“ラビ”の息子を殺すことだった。部屋に戻ったスレヴンの元を、今度は“ラビ”の手下が訪ねてくる。“ラビ”からもニックの借金の返済を迫られたスレヴンは、二進も三進も行かない状況に追い込まれてしまう…


タイトルロールで、 (・_・) ん?今、スペルが「LUCKY NUMBER “SEVEN”」じゃなかったような…?
と思っていたら、本当に「SEVEN」じゃなくて「SLEVIN」。

誰だこんな邦題付けたやつーやつーやつー
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ポール・マクギガン ジョシュ・ハートネット ブルース・ウィリス ルーシー・リュー モーガン・フリーマン ベン・キングズレー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
16ブロック 
2006年11月02日 (木) | EDIT |
 渋谷東急にて鑑賞
16ブロック16ブロック/16 BLOCKS
2006年/アメリカ/101分
監督: リチャード・ドナー
出演: ブルース・ウィリス/モス・デフ/デヴィッド・モース
公式サイト
公開: 2006年10月14日

NY市警のジャック・モーズリーは、酒浸りで覇気のない毎日を送っていた。ある日、ジャックが夜勤明けで帰ろうとしたところ、上司から、エディ・バンカーという男がある事件の証人として呼ばれているため、16ブロック先の裁判所まで送り届けるように命令される。ジャックは渋々エディを連れて裁判所に向かうが、車にエディを置いていつもの酒屋に寄った時に、エディが狙撃される。ジャックは咄嗟にエディを守って馴染みのバーに逃げ込み、本署に応援を頼む。するとジャックの元相棒、フランク・ニュージェントが現れ、エディを引き取ると言う。しかし、エディが怯えているのを奇妙に思ったジャックがフランクを問いつめると、エディは仲間の警官が違法捜査をしているところを目撃しているので、裁判所で証言されるとまずいことになると言う。このままでは事件は闇に葬られ、エディは消されてしまう。ジャックはエディを連れて逃げ、何とかして彼を裁判所に送り届けようとするが―――――


で、で、デヴィッド・モースの髪があああああああ
久々に観たら、こんなことになっていたとは… (´Д⊂グスン
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:リチャード・ドナー ブルース・ウィリス モス・デフ デヴィッド・モース 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ホステージ 
2006年06月11日 (日) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
ホステージホステージ/HOSTAGE
2005年/アメリカ/113分
監督: フローラン・シリ
出演: ブルース・ウィリス/ケヴィン・ポラック/ジョナサン・タッカー/ベン・フォスター

ロス市警の凄腕交渉人、ジェフ・タリーは、ある事件で交渉に失敗して人質を死なせてしまう。それに深く傷ついたジェフは、交渉人を止め、家族とも別居してカリフォルニア州ヴェンチュラ群にある小さな警察の署長として勤務することを選ぶ。ある日、裕福な暮らしをしているウォルター・スミスの家に、デニスとケヴィンの兄弟とマースの3人の若者が押し入り、高級車を強奪しようとする。ウォルターの息子、トミーが咄嗟に無音警報のボタンを押したため、それを聞いた警察官がスミス家を訪れるが、自分たちが乗っていたトラックが盗難車だと知られたマースが警官を撃ってしまう。結果、3人はスミス家に籠城し、脱出用のヘリを要求する。ジェフは保安官事務所に事件を任せて家路へ向かうが、途中で何者かに拉致される。実はウォルターはある組織の帳簿を操作し、その情報をDVDに焼いて組織に渡しており、そのDVDを渡す約束の日にちが今日だったのだ。組織はジェフを使いDVDを手に入れようと考えたのだった。ジェフは家族を人質に取られ、やむなく交渉人として事件とかかわることに。果たして、ジェフはスミス家の人質を救い、自分の家族も守ることが出来るのか?


ブルース・ウィリス、久々に観たわ。彼が主役級の映画を観たは、もしかすると「アンブレイカブル」以来かもしれん。
ひげ面のブルース・ウィリス、ちょっといいかも…  最初だけで、すぐにいつものスキンヘッドになったのにはちょい (´・ω・`)ガッカリ・・・
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:フローラン・シリ ブルース・ウィリス ケヴィン・ポラック ジョナサン・タッカー ベン・フォスター 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。