週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > マティアス・ハービッヒ
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


生きうつしのプリマ 
2016年07月28日 (木) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞
生きうつしのプリマ生きうつしのプリマ/DIE ABHANDENE WELT
2016年/ドイツ/101分
監督: マルガレーテ・フォン・トロッタ
出演: カッチャ・リーマン/バルバラ・スコヴァ/マティアス・ハービッヒ/グンナール・モーラー/ロバート・ジーリンガー
公式サイト
公開: 2016年07月16日

しがないクラブ歌手のゾフィ・クロムベルガーの元に、ある日、父親のパウルから、切羽詰まった声で呼び出しの電話がかかってくる。翌日、訪れた実家で見せられたものは、1年前に亡くなった母エヴェリンに瓜二つのオペラ歌手、カタリーナ・ファビアーニのネットニュースだった。パウロはカタリーナとコンタクトを取りたいと、強引にゾフィをNYに行かせようとするが、カタリーナはメトロポリタン・オペラ・ハウスで歌う程の著名な歌手であり、同じ歌手ではなるものの世界が違うとゾフィは大いに戸惑う。パウロのあまりの強引さに、ゾフィはやむなくNYへ行き、カタリーナの楽屋を訪ねるが、話を切り出しかねていた。カタリーナのエージェント、フィリップと親しくなったゾフィは、彼の協力を得て、再びカタリーナに会うことができたものの、カタリーナは他人の空似と取り付く島もない。ゾフィはフィリップと、老人ホームにいるカタリーナの母親ローザに会いに行く。ローザは認知症だったが、エヴェリンの写真を見せると、エヴェリンの名前を口にする。やはりカタリーナと母エヴェリンと何か関わりがあると確信したゾフィだが―――――


邦題はダサいなーと思っていたのですが(最近多いな)、予告を観て非常に気になっていたので行ってきました。
[READ MORE...]
スポンサーサイト

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:マルガレーテ・フォン・トロッタ カッチャ・リーマン バルバラ・スコヴァ マティアス・ハービッヒ グンナール・モーラー ロバート・ジーリンガー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。