fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > マンディ・ムーア
恋とスフレと娘とわたし 
2007年09月12日 (水) | EDIT |
 新宿武蔵野館にて鑑賞
恋とスフレと娘とわたし恋とスフレと娘とわたし/BECAUSE I SAID SO
2007年/アメリカ/102分
監督: マイケル・レーマン
出演: ダイアン・キートン/マンディ・ムーア/ガブリエル・マクト/パイパー・ペラーボ/トム・エヴェレット・スコット
公式サイト
公開: 2007年09月01日

3人の娘を女手1つで育て上げたダフネ・ワイルダー。長女のマギー、次女のメイを嫁に出し、残るは末っ子のミリーだけ。しかしミリーは、ろくでもない男と付き合っては振られてばかり。ミリーの幸せを願うダフネは、出会い系サイトに登録してミリーの相手を募集する。ダフネは応募してきた男たちを面接するが、現れるのは端にも棒にもかからない男ばかり。しかし最後に現れたのは、建築家のジェイソンという好青年。彼を気に入ったダフネは、ミリーの経営するケータリング・ショップの連絡先を教え、偶然を装って出会うように仕向ける。ところが、ダフネの面接の様子を見ていたギタリストのジョニーが興味を抱き、ミリーの連絡先を手に入れていた。2人の男性からアプローチされたと浮かれるミリーだが…


タイトルがいかにもって感じだったので、あんまり興味はなかったんだけど、予告を観て、これは良さそうかも?と思ったので、早速行ってみました。
しかし、原題は「BECAUSE I SAID SO」って…全然違うじゃん。しかもこれ、結構台詞で出てきたぞ。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:マイケル・レーマン ダイアン・キートン マンディ・ムーア ガブリエル・マクト パイパー・ペラーボ トム・エヴェレット・スコット 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
アメリカン・ドリームズ 
2006年09月30日 (土) | EDIT |
 飛行機内にて鑑賞
アメリカン・ドリームズアメリカン・ドリームズ/AMERICAN DREAMZ
2006年/アメリカ/107分
監督: ポール・ワイツ
出演: ヒュー・グラント/デニス・クエイド/マンディ・ムーア/マーシャ・ゲイ・ハーデン/ウィレム・デフォー


マーティンが司会を務めるテレビ番組「アメリカン・ドリームズ」は、いまや視聴率ナンバーワン。この番組は、スター志望の一般人が応募して歌を競い、勝ち抜いて最後の1人を決めるというもの。マーティンは番組を更に面白くしようと、田舎娘のサリーやイラク人のオマーンを発掘する。サリーは恋人ウィリアムがウザくて一度別れたものの、ウィリアムは陸軍に入隊し、傷痍軍人として戻ってくる。それを知ったサリーのエージェントは、番組を勝ち抜くためにウィリアムを利用することを思いつく。オマーンは中東から従兄弟の家に身を寄せていたが、従兄弟の留守中に偶然訪れた番組のスタッフにスカウトされる。しかしオマーンの元にイラクのテロ組織が訪れ、アメリカ大統領を自爆テロで暗殺することを命じる。アメリカ大統領は神経衰弱ぎみで、引きこもったり奇行を繰り返していた。首席補佐官はなんとか大統領に公務をこなさせ、国民の信頼を取り戻そうと、「アメリカン・ドリームズ」の決勝にゲスト審査員として出演させるようにマーティンと交渉する。サリーとオマーンは順調に勝ち進むが、サリーはウィリアムを騙していることに良心の呵責を感じ、オマーンもまた、出来そうもない大統領暗殺の任務に頭を抱えていた。そして決勝の日がやってきて―――――


海外旅行に行ったので、飛行機では何が上映されるのか楽しみにしていたら、往路は「ポセイドン」と「X-MEN:ファイナルディシジョン」だったらしい。「ポセイドン」は鑑賞済みなので、ツッコミながらもう一度観たのだけど、その後力つきて寝てしまったので、「X-MEN:ファイナルディシジョン」は見られませんでした。
この「アメリカン・ドリームズ」は復路で上映していたのだけど、調べたら、日本での上映は無いのね~
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画感想
GENRE:映画
TAG:ポール・ワイツ ヒュー・グラント デニス・クエイド マンディ・ムーア マーシャ・ゲイ・ハーデン ウィレム・デフォー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。