FC2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > マーク・ウォールバーグ
テッド 
2013年02月05日 (火) | EDIT |
 TOHOシネマズ渋谷にて鑑賞
テッドテッド/TED
2012年/アメリカ/106分
監督: セス・マクファーレン
出演: マーク・ウォールバーグ/ミラ・クニス/ジョエル・マクヘイル/ジョヴァンニ・リビシ
公式サイト
公開: 2013年01月18日


1985年のクリスマス。友だちがいない少年ジョン・ベネットは、クリスマスプレゼントに貰ったテディ・ベア、テッドが話すことが出来ればいいのにと願いをかけた。少年の強い願いは叶ってテッドに魂が宿り、自らの意思で動いて話が出来るようになる。テッドはジョンと兄弟のように時を過ごし、そして27年もの時が流れる。ジョンは35歳のダメダメなオヤジに、そしてテッドは、外見は変わらず可愛いクマのぬいぐるみだが、中身はジョンとともに年を取り、下ネタ大好きなエロオヤジになっていた。ジョンと付き合って4年になる恋人ロリー・コリンズは、喜んでテッドに振り回されるジョンを見て、このままではダメになると、テッドと距離を置くことを助言する。テッドはそれを受け入れてアパートを借り、スーパーでレジのバイトをすることに。しかし相変わらずジョンを呼び出しては2人でマリファナにふける始末。そしてある日、ロリーの上司レックスの家でのパーティで、彼女を置いてテッドの家に行ってしまったジョンを見て、ロリーは遂に愛想をつかし、遂にジョンに別れを告げる―――――


ものすごい入ってますねこの映画。映画の日に観に行ったのですが、次の回も満席でした。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:セス・マクファーレン マーク・ウォールバーグ ミラ・クニス ジョエル・マクヘイル ジョヴァンニ・リビシ ライアン・レイノルズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ザ・ファイター 
2011年05月01日 (日) | EDIT |
 新宿ピカデリーにて鑑賞
ザ・ファイターザ・ファイター/THE FIGHTER
2010年/アメリカ/116分
監督: デヴィッド・O・ラッセル
出演: マーク・ウォールバーグ/クリスチャン・ベイル/エイミー・アダムス/メリッサ・レオ/ジャック・マクギー
公開: 2011年03月26日
公式サイト

マサチューセッツ州の小さな町ローウィンに住むボクサーのミッキー・ウォードは、母親アリスをマネージャー、元ボクサーの異父兄ディッキー・エクランドをセコンドにつけてこれまで戦ってきたが、ジャンキーのディッキーは過去の栄光にすがり、練習をすっぽかすことも多く、もう1人のセコンド、オキーフも手を焼いていた。しかしアリスは家族以外の意見を取り入れず、そんな2人に振り回されてミッキーは思うように成績を伸ばせずにいた。ある試合でミッキーの相手が予定と変わり重量級の選手になったが、ディッキーはファイト・マネー惜しさにミッキーを戦わせ、ミッキーは大けがを負う。ミッキーは、この試合やシャーリーン・フレミングと付き合うことになったのをきっかけに、アリスやディッキーと距離を置くことを考え始める―――――


GANTZ」と一緒に観ていたんだけど…ちょっとこの時期毎日残業続きでなかなか記事にできず。
第83回米アカデミー賞で助演男優・女優賞を獲得しています。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:デヴィッド・O・ラッセル マーク・ウォールバーグ クリスチャン・ベイル エイミー・アダムス メリッサ・レオ ジャック・マクギー 第83回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ラブリーボーン 
2010年02月27日 (土) | EDIT |
 新宿ピカデリーにて鑑賞
ラブリーボーンラブリーボーン/THE LOVELY BONES
2009年/アメリカ、イギリス、ニュージーランド/135分
監督: ピーター・ジャクソン
出演: マーク・ウォールバーグ/レイチェル・ワイズ/スーザン・サランドン/スタンリー・トゥッチ/マイケル・インペリオリ
公開: 2010年01月29日
公式サイト

1973年12月06日、サーモン一家の14歳の長女スージーが学校から戻らず、学校の裏にあるトウモロコシ畑でスージーのかぶっていた帽子と血痕が発見される。
その頃、目覚めたスージーは、やがて自分が生身の身体ではないことに気付く。そして、学校帰りに、近所に住むジョージ・ハーヴィに、トウモロコシ畑の地下に作られた地下室に誘われ、最初は子供らしい好奇心で応じたものの、ハーヴィの様子に身の危険を感じたスージーは逃げ出そうとしたが、ハーヴィに殺されてしまったことを思い出す。死後の世界で出会った少女ホリー・ゴライトリーに導かれ天国の入り口に着いたスージーだったが、その先に進めず、ここに留まり家族を見守り続けることを決める。スージーの遺体は見つからず、父ジャックは犯人探しに夢中になって家族を省みなくなり、苦しむ母アビゲイルは家を出てしまう。ばらばらになる家族をただ見つめていることしか出来ないスージーだったが…


ピーター・ジャクソンの新作。主演にシアーシャ・ローナンを据えていて、それが殺された少女の役だってことでかなり興味を惹かれていました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ピーター・ジャクソン マーク・ウォールバーグ レイチェル・ワイズ スーザン・サランドン スタンリー・トゥッチ マイケル・インペリオリ シアーシャ・ローナン 第82回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ハプニング 
2010年01月08日 (金) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
ハプニングハプニング/THE HAPPENING
2008年/アメリカ/91分
監督: M・ナイト・シャマラン
出演: マーク・ウォールバーグ/ゾーイ・デシャネル/ジョン・レグイザモ/アシュリン・サンチェス/スペンサー・ブレスリン
公式サイト

ある朝、セントラル・パークで突然人々の自傷行為が始まり、その近くの工事現場でも次々と人がビルの屋上から飛び降り始める。政府はこれを有毒ガスを撒くテロと判断し、フィラデルフィアに住む高校教師エリオット・ムーアは、同僚の親友ジュリアンの勧めで妻アルマとともにジュリアンの親の家へと向かうことにする。ジュリアンの妻イヴェットは後から追いかけることになり、エリオットはアルマ、ジュリアンと彼の娘ジェスとともに列車に乗り込む。しばらくするとフィラデルフィアやボストンでも同様の攻撃が始まったと連絡が入り、列車はフィルバートという町で強制的に止められ、下車させられる。この現象は北西部で多く起きていることがわかると、人々は皆南西部へ逃げ始める。車のないエリオットたちが途方にくれていると、育苗場を営む夫妻が避難する車に乗せてくれると言う。連絡が付かない妻を心配したジュリアンは、彼女を迎えにプリンストンへ行くと言い張り、エリオットたちにジェスを託し、後から必ず追いつくことを約束して一旦別れを告げる。育苗農家の夫妻は、この現象は植物が原因ではないかと言うが…


M・ナイト・シャマランは完全にわたしにとっては地雷 爆弾 になっていますので、劇場では観ません。でもちょっとだけ気になってしまうので(ダメっぷりを確認したいとも言う)、WOWOWで。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:M・ナイト・シャマラン マーク・ウォールバーグ ゾーイ・デシャネル ジョン・レグイザモ アシュリン・サンチェス スペンサー・ブレスリン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
アンダーカヴァー 
2009年01月24日 (土) | EDIT |
 新宿ミラノにて鑑賞
アンダーカヴァーアンダーカヴァー/WE OWN THE NIGHT
2007年/アメリカ/117分
監督: ジェームズ・グレイ
出演: ホアキン・フェニックス/マーク・ウォールバーグ/エヴァ・メンデス/ロバート・デュヴァル
公開: 2008年12月27日
公式サイト

1988年、NY。ボビー・グリーンは代々警察官を勤めているグルジンスキー家に生まれるが、はみ出し者のボビーは警官にはならず、死別した母親の姓を名乗り、ナイトクラブ“エル・カリブ”のマネジャーとして店の客であるロシアン・マフィアたちとも上手く渡り合いながら暮らしていた。兄ジョセフの昇進パーティーに招かれたボビーは、恋人アマダ・フアレスを伴って現れるが、そこでジョセフに、“エル・カリブ”のオーナーであるマラットの甥ニジンスキーが麻薬取引を行っているとの情報があったため、ニジンスキーの情報を流せと言われる。ボビーは断るが、ある日、ジョセフが指揮官となり“エル・カリブ”が摘発される。ニジンスキーは逮捕されなかったものの、麻薬を所持していたニジンスキーの手下の1人と、ボビーも逮捕されてしまう。連絡もなしに自分の店に踏み込んだジョセフにボビーは怒り、兄弟の溝は深くなるばかり。しかし、ジョセフが何者かに銃撃を受け瀕死の重体となり、捜査に協力しなかった自分を責めるボビー。その後、麻薬供給で一気に町を制圧しようと企むニジンスキーから、店で麻薬をさばいて欲しいと協力を持ちかけられたボビーは、会話のやり取りで、ジョセフを襲った犯人はニジンスキーだと悟る。ジョセフの代わりに指揮官となった父バートも狙われていると知ったボビーは、組織を壊滅させるため、警察に協力し、ニジンスキーの麻薬工場へ潜入するが―――――


最終日に滑り込みました。危ない危ない (;^_^ A フキフキ
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ジェームズ・グレイ ホアキン・フェニックス マーク・ウォールバーグ エヴァ・メンデス ロバート・デュヴァル 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2009年01月05日 (月) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
ザ・シューター 極大射程ザ・シューター 極大射程/SHOOTER
2007年/アメリカ/126分
監督: アントワーン・フークア
出演: マーク・ウォールバーグ/マイケル・ペーニャ/ダニー・グローヴァー/ケイト・マーラ
公式サイト

海兵隊の狙撃手ボブ・リー・スワガー軍曹は相棒のドニーと共に軍の指示通りに敵を狙うが、作戦が失敗し、本部は2人を見捨てて撤退し、直後ドニーは爆撃で命を落とす。3年後、スワガーは軍を辞めて、ワイオミングで1人で暮らしていた。そこへアイザック・ジョンソン大佐が訪ねてきて、大統領暗殺の計画があり、それを阻止するために力を貸して欲しいと言う。スワガーはそれを承知し、大統領の演説会場の下見をし、狙撃場所と思われる場所のあたりをつけ、暗殺を阻止するべくジョンソンと共に演説会場の警備を固めていた。ところが大統領は狙撃され、その瞬間、共に警備をしていたはずのティモンズ巡査がスワガーを襲う。命からがら逃げ出したスワガーは、自分が大統領狙撃犯として追われていることを知る。ジョンソンにはめられたことを悟ったスワガーは、死んだ相棒ドニーの妻サラ・フェンの協力を得て、自らの潔白を証明しようとする。また、スワガーが逃走の途中に行き会ったFBIの新人捜査官ニック・メンフィスも、事件に不審な点があるのに気付き、真犯人を捕らえるためにスワガーに協力するが―――――


確か原作が「このミス」海外編の1位を取ったんだっけかな。海外翻訳ものはほとんど読まないんだよな~
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:アントワーン・フークア マーク・ウォールバーグ マイケル・ペーニャ ダニー・グローヴァー ケイト・マーラ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ディパーテッド 
2006年12月11日 (月) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
ディパーテッドディパーテッド/THE DEPARTED
2006年/アメリカ/152分
監督: マーティン・スコセッシ
出演: レオナルド・ディカプリオ/マット・デイモン/ジャック・ニコルソン/マーク・ウォールバーグ/マーティン・シーン
公開: 2007年01月20日
公式サイト

マサチューセッツ州、ボストン。コリン・サリバンは、幼い頃からマフィアのボス、フランク・コステロの援助を受けて成長し、マサチューセッツ州警察の特別捜査班に配属される。一方、犯罪者の身内を持つビリー・コスティガンは、そんな親族と決別するために警官を目指し、クイーナン警部に見出されマフィアへの潜入捜査を命じられる。コリンは警察の捜査情報をコステロに流し、ビリーはコステロの動向をクイーナン警部に流す。そして警察、マフィアともに内部のスパイに気付き、スパイをあぶり出そうとする。正体がばれたら殺される。コリンとビリーは自分の正体を隠しつつスパイを捜し出そうと躍起になるが、スパイの正体は掴めない。そしてコリンは、クイーナン警部がスパイだとでっち上げ、潜入警察官と会う現場を掴もうとするが、コリンに派遣された内部査察部の警官たちとコリンの情報を得てスパイを捕らえようとしたコステロ一味が鉢合わせし、銃撃戦が始まってしまう―――――


リメイクを観る前に、もう一度オリジナルを観直そうかと思ったんだけど、「手紙」じゃないけど、どうしても粗が目に付きそうな気がしたので、後で検証することにしました(笑)
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:マーティン・スコセッシ レオナルド・ディカプリオ マット・デイモン ジャック・ニコルソン マーク・ウォールバーグ マーティン・シーン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。