FC2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ミッキー・ローク
ロシアン・ルーレット 
2012年08月13日 (月) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
ロシアン・ルーレットロシアン・ルーレット/13
2010年/アメリカ/97分
監督: ゲラ・バブルアニ
出演: サム・ライリー/ジェイソン・ステイサム/ミッキー・ローク/レイ・ウィンストン/カーティス・ジャクソン

オハイオに住む青年ヴィンス・フェローは、父親が大怪我をして入院してしまい、入院費を工面するために家を担保にせねばならず、金を必要としていた。そんな時、電気工事を頼まれて行った先で、ヴィンスはその家の主人ハリソンが1日で大金を稼げる仕事があると言っているのを耳にする。ヴィンスが仕事を終えて帰ろうとした時、ハリソンが薬物中毒で死んでいるのが見つかり、警察に通報したヴィンスは隙を見てハリソンが持っていた手紙を盗み出す。そして手紙の指示に従い移動し、ある屋敷に連れてこられる。ヴィンスは屋敷でガーバーという男と引き合わされるが、ガーバーはハリソンではなくヴィンスが来たことに対し明らかに怒っていた。ヴィンスはハリソンが死んだこと、大金が稼げると言うことだけを立ち聞きして手紙を盗み、ここまでやってきたこと、自分がここにいてまずいのであれば帰ることを申し出るが、ガーバーは帰ることを許さなかった。そこでヴィンスは、ゲームに参加する人間がそれぞれプレイヤーを1人持ち、プレイヤーには一丁の銃と一発の弾を渡され、輪になってロシアン・ルーレットをさせられ、最後に生き残ったプレイヤーとその持ち主は大金を手にすることが出来るという賭博が行われていることを知る。今さら逃げることも叶わず、ヴィンスはガーバーのプレイヤーとしてゲームに参加することになってしまう―――――


2007年公開の「13 ザメッティ」のリメイク。ステキハゲが出ているのでちょっと気にはなっていたのですが、でも劇場で観なくても…という感じだったので、WOWOWで。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:ゲラ・バブルアニ サム・ライリー ジェイソン・ステイサム ミッキー・ローク レイ・ウィンストン カーティス・ジャクソン マイケル・シャノン アレキサンダー・スカルスガルド 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
エクスペンダブルズ 
2012年08月10日 (金) | EDIT |
 DVDにて鑑賞
エクスペンダブルズエクスペンダブルズ/THE EXPENDABLES
2010年/アメリカ/103分
監督: シルヴェスター・スタローン
出演: シルヴェスター・スタローン/ジェイソン・ステイサム/ジェット・リー/ミッキー・ローク/ドルフ・ラングレン

バーニー・ロス率いる最強の傭兵集団“消耗品軍団(エクスペンダブルズ)”の元に、チャーチという謎の男から依頼が舞い込む。メキシコ湾に浮かぶ小島、ヴィレーナ島にある資源を手に入れるため、島を牛耳っているガルザ将軍を抹殺してほしいというものだった。島は軍が守りを固めており容易に将軍には近づけそうになく、バーニーは、メンバーの1人リー・クリスマスと2人でまず島に偵察に訪れる。チャーチから手配された案内役のサンドラは、ガルザ将軍が金のためにアメリカ人ジェームズ・モンローと手を組み独裁者となったことを嘆いていた。バーニーたちが将軍が住む宮殿に近づいたところ、軍に襲われ、バーニーとリーは思わず反撃に出るが、その時にサンドラがガルザ将軍に娘だと知る。2人はサンドラを連れて島を脱出しようとしたが、彼女は島に残ることを選択し、2人はそのまま撤収する。チームは、チャーチの背後にはCIAがおり、本当の標的はガルザ将軍ではなく元CIA局員のモンローであり、モンローが将軍を操りヴィレーナ島での麻薬取引を独占しているため、CIAがモンローを始末しようとしていると推測、この任務は断ろうとする。しかし、サンドラのことが気になるバーニーは、単身で島へ戻る決意を固める―――――


筋肉俳優 大集結って感じで、どうにもこういうのはあまり得意じゃなかったため、劇場鑑賞を見送ったのですが、続編出来るんだよね。ステキハゲも出ていることだし…ってことで、DVD借りてきました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:DVDで見た映画
GENRE:映画
TAG:シルヴェスター・スタローン ジェイソン・ステイサム ジェット・リー ミッキー・ローク ドルフ・ラングレン アーノルド・シュワルツェネッガー ブルース・ウィリス 「エクスペンダブルズ」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
クーリエ 過去を運ぶ男 
2012年07月29日 (日) | EDIT |
 銀座シネパトスにて鑑賞
クーリエ 過去を運ぶ男クーリエ 過去を運ぶ男/THE COURIER
2011年/アメリカ/95分
監督: ハニ・アブ・アサド
出演: ジェフリー・ディーン・モーガン/ジョシー・ホー/ティル・シュヴァイガー/リリ・テイラー/ミゲル・ファーラー
公式サイト
公開: 2012年07月07日


運び屋(クーリエ)と呼ばれるその男は、荷物の中身については言及せず、期限までにただ運ぶことを生業をしていた。ある日、クーリエの元に、イーヴル・シヴルという男へ60時間後までに鞄を届けるという依頼が舞い込む。仕事の相棒であり、命の恩人でもあるスティッチの家族の命を盾に取られ、やむなく依頼を引き受けるクーリエ。イーヴル・シヴルとは、ギャングのマックスウェルが飼っていた凄腕の殺し屋で、誰も顔を知らず、現在は所在も生死も不明だと言う。クーリエはまずマックスウェルの会計士に会いにセントルイスへ行くことにし、スティッチはクーリエのパートナーとして、スティッチが育てたという若い女アナを送り込む。2人が会計士の家にたどり着くと、会計士は証拠を燃やして逃げようとしていた。クーリエは男を捕らえ、イーヴルについて問い詰めるが、男は「イーヴルは報復のために自分を狙っている。奪われたものを取り戻しにくる」と言う。その時、何者かが現れて会計士を銃撃、男は殺されてしまう。クーリエは殺し屋を返り討ちにするが、殺し屋が持っていた暗殺メモには会計士と別の男の写真があったため、それを調べにニューオーリンズへ戻る。写真の男がジャック・ストローというケチな詐欺師と知ったクーリエがジャックの元を訪ねると、またも別の殺し屋がジャックの命を狙っていた。クーリエはジャックを救い、10年前にマックスウェルとイーヴルの間に起こった出来事を知らされるが―――――


都内ではシネパトスでしか上映しておらず、どうしようかと思ったのですが、やっぱり気になったので観てきました。シネパトスではしごなんて初めてかも(笑)
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ハニ・アブ・アサド ジェフリー・ディーン・モーガン ジョシー・ホー ティル・シュヴァイガー リリ・テイラー ミゲル・ファーラー ミッキー・ローク 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
レスラー 
2009年07月24日 (金) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテシネにて鑑賞
レスラーレスラー/THE WRESTLER
2008年/アメリカ/109分
監督: ダーレン・アロノフスキー
出演: ミッキー・ローク/マリサ・トメイ/エヴァン・レイチェル・ウッド
公開: 2009年06月13日
公式サイト


80年代に活躍したプロレスラー、ランディ・“ザ・ラム”・ロビンソン。50代となった今でも現役を続けているランディは、老骨に鞭打ちながら、週末は地方巡業をして小さなリングに上がり、平日はスーパーで働いて糊口を凌いでいた。しかしある日、長年体を酷使したことがたたって倒れ、心臓のバイパス手術を受ける。ドクターストップがかかり、引退を余儀なくされたランディは、好意を持っていた馴染みのストリッパー、キャシディに諭され、疎遠になっていた一人娘のステファニーに会いに行くが…


ミッキー・ロークはこの作品で、第81回米アカデミー賞主演男優賞にノミネートされました。
しかしミッキー・ロークも年取ったなぁ…。いや、あまり彼の全盛期に映画は観ていないんだけど、すごい人気あったよなーってのは記憶にあるからさ。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ダーレン・アロノフスキー ミッキー・ローク マリサ・トメイ エヴァン・レイチェル・ウッド 第81回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
シン・シティ 
2008年05月18日 (日) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
シン・シティシン・シティ/SIN CITY
2005年/アメリカ/124分
監督: フランク・ミラー/ロバート・ロドリゲス/クエンティン・タランティーノ
出演: ブルース・ウィリス/ミッキー・ローク/クライヴ・オーウェン/ジェシカ・アルバ/ベニチオ・デル・トロ
公式サイト(英語)

罪の街“シン・シティ”―――――
刑事ハーティガンは退職を前に、連続殺人犯に連れ去られたナンシー・キャラハンという11歳の少女を救おうとしていた。犯人はロアーク上院議員の息子ということまで判明しているのに、警察は上院議員の権力を恐れ、手を出せずにいるのだった。ハーティガンはロアーク・ジュニアの住処へ踏み込むが、相棒ボブの裏切りにあい、ナンシーは逃がしたものの、ナンシーを攫ってロアーク・ジュニアを銃撃した犯人として投獄されてしまう。
仮出所のマーヴは、高級娼婦ゴールディと夢のような一夜を共にしたが、翌朝、ベッドでゴールディが殺されていた。ゴールディ殺しの罪を着せられそうになったマーヴは宿から逃げ出し、ゴールディの敵を討つことを誓う。
殺人犯のドワイトは顔を変え、シン・シティに潜んでいた。恋人シェリーを脅した、シェリーの元恋人ジャッキー・ボーイに、二度とシェリーに手を出さないように忠告するために後を付けると、ジャッキー・ボーイは仲間たちと、娼婦たちが仕切るオールド・タウンへ向かい、1人にちょっかいを出そうとしたところ、返り討ちにあい殺されてしまう。ドワイトがジャッキーの身体から、警察官であるジャッキーの身分証明書を見つける。警察との協定の上で成り立っているオールド・タウンは、このことがバレると大変なことになるため、ドワイトはジャッキーの死体を積んだ車を駆り、死体を始末しようとする…


話題にはなっていたけれど、結局観なかったなーこれ。知らなかったけど、これってフランク・ミラーのグラフィック・コミックが原作で、彼自らメガホンを握っているんですね。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:フランク・ミラー ロバート・ロドリゲス クエンティン・タランティーノ ブルース・ウィリス ミッキー・ローク クライヴ・オーウェン ジェシカ・アルバ ベニチオ・デル・トロ イライジャ・ウッド デヴォン青木 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。