fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ミラ・ジョヴォヴィッチ
フェイシズ 
2012年06月11日 (月) | EDIT |
 ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞
フェイシズフェイシズ/FACES IN THE CROWD
2011年/アメリカ、フランス、カナダ/102分
監督: ジュリアン・マニャ
出演: ミラ・ジョヴォヴィッチ/ジュリアン・マクマホン/サラ・ウェイン・キャリーズ/マイケル・シャンクス/セバスチャン・ロバーツ
公開: 2012年05月12日
公式サイト

小学校教師のアンナ・マーチャントは、恋人のブライスと同棲を始め、あとはプロポーズを待つばかり。ある日、親友のフランシーンとニーナに会った帰り道、アンナは殺人現場を目撃する。その様子から、殺人者が、世間を騒がせている連続殺人鬼“涙のジャック”と悟ったアンナは現場から逃げ出すが、犯人に追われ、もみ合ううちにアンナは橋から川に転落してしまう。目を覚ましたアンナは、ブライスのこともフランシーンとニーナのことも認識できず、橋から落ちた時に頭を打ったため、人の顔を覚えて判別することができない“容貌失認”であると診断される。“涙のジャック”の顔を見た唯一の証人として警察から証言を求められるが、容貌失認で犯人の顔を思い出せないアンナは証言することができず、目撃者として新聞に名前が掲載されてしまったため、犯人に襲われるかもしれないという怯えから逃れられなくなっていく―――――


ちょっと怪しいな~と思いつつ 、気になったので観てきました。「ル・アーヴルの靴みがき」の後に観たのですけど、なかなか時間が取れなくて記事に出来ず。。。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ジュリアン・マニャ ミラ・ジョヴォヴィッチ ジュリアン・マクマホン サラ・ウェイン・キャリーズ マイケル・シャンクス セバスチャン・ロバーツ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2011年12月11日 (日) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
THE 4TH KIND フォース・カインドTHE 4TH KIND フォース・カインド/THE FOURTH KIND
2009年/アメリカ/99分
監督: オラントゥンデ・オスサンミ
出演: ミラ・ジョヴォヴィッチ/ウィル・パットン/イライアス・コティーズ
公式サイト

2000年10月、アラスカ州のノームという小さな町で、心理学者アビゲイル・タイラー博士の夫ウィルが、突然不可解な死を遂げる。アビゲイルは、2人の子供、ロニーとアシュリーを抱えながら、ウィルが行っていた、ノームの多くの住民に起こっている睡眠障害の原因を解明するという研究を引き継ごうと決心する。催眠療法を繰り返すうち「夜中に目が覚めた時にフクロウを見た」と言う患者が複数現れる。これを探っていると、患者の1人トミーが、催眠療法の途中で「部屋にいたのはフクロウではない、何者かが部屋に入ってきた」と言い興奮状態となる。催眠を解いた後、トミーは怯えた様子で口を濁し、次回の診療時に話すと言い自宅に帰る。ところが、トミーはその夜発砲事件を起こし、謎の言葉を残して家族と無理心中を図ってしまう。事件を見ていたオーガスト保安官は、アビゲイルの行った催眠療法に原因があるのではないかと疑い、研究を止めるように言うが、アビゲイルはこれを聞かずに研究を続け、別の患者スコットに催眠療法を行ったところ、とんでもない可能性に気付く―――――


パラノーマル・アクティビティ」系のPOVホラーと相性が良くないのと、公開時にえらい評判が悪かった(笑)ので、WOWOWでやるまで待っていました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOWで観た映画
GENRE:映画
TAG:オラントゥンデ・オスサンミ ミラ・ジョヴォヴィッチ ウィル・パットン イライアス・コティーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2011年10月30日 (日) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船/THE THREE MUSKETEERS
2011年/フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ/111分
監督: ポール・W・S・アンダーソン
出演: ローガン・ラーマン/ミラ・ジョヴォヴィッチ/オーランド・ブルーム/クリストフ・ヴァルツ/マシュー・マクファディン
公開: 2011年10月28日
公式サイト

17世紀初頭、フランス。時の国王ルイ13世は幼くして王位を継いだために未熟であり、宰相のリシュリュー枢機卿が政治を執り行っていた。王の信頼は厚かったが、王妃アンヌは、フランスを手に入れんがために暗躍していたリシュリュー枢機卿の動きを感じ取っていた。
三銃士アトス、ポルトス、アラミスはアトスの恋人ミレディとともに、ダ・ヴィンチの飛行船の設計図を盗みに入り、見事に手に入れるが、イギリスのバッキンガム公爵と手を組んだミレディに裏切られて設計図を奪われたため、それ以来アトスは誰も信じない冷徹な男となってしまっていた。
ガスコーニュから銃士となるためにパリへやってきたダルタニアンは、ひょんなことから三銃士のアトス、ポルトス、アラミスに決闘を申込む。しかし三銃士を逮捕しようとしたリシュリュー枢機卿の衛兵隊と小競り合いになった際、ダルタニアンが三銃士側に付いて戦ったため、三銃士から認められ、行動を共にするようになる。
そんな中、フランスと和平を結ぶためのイギリス国王の使者としてバッキンガム公爵が訪仏するが、側には、リシュリュー枢機卿の二重スパイとしてミレディが付いていた。リシュリュー枢機卿は、王妃が、王から贈られたダイヤの首飾りをバッキンガム公爵に贈ったとしてスキャンダルをでっちあげ、フランスに戦争を起こさせようと、ミレディに首飾りを盗ませる。王妃付きの侍女コンスタンスから首飾りを取り戻すように依頼されたダルタニアンと三銃士は、バッキンガム公爵の元へ乗り込むが―――――


有名な「三銃士」ですが、小説を読んだことも、これまで題材となった映画を観たこともありません。そういやレオがやってなかったっけ?と思って調べたら、三銃士ではなく「仮面の男」の方でしたね。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ポール・W・S・アンダーソン ローガン・ラーマン ミラ・ジョヴォヴィッチ オーランド・ブルーム クリストフ・ヴァルツ マシュー・マクファディン マッツ・ミケルセン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2010年02月11日 (木) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
パーフェクト・ゲッタウェイパーフェクト・ゲッタウェイ/A PERFECT GETAWAY
2009年/アメリカ/97分
監督: デヴィッド・トゥーヒー
出演: ミラ・ジョヴォヴィッチ/ティモシー・オリファント/キエレ・サンチェス/スティーヴ・ザーン/マーリー・シェルトン
公式サイト
公開: 2010年01月23日


ハワイのカウアイ島にハネムーンにやってきた映像作家のクリフ・アンダーソンと妻シドニー。島をトレッキングする“カララウトレイル”にトライすることにした2人は、出発点であるケエビーチへ向かう途中で、ヒッチハイクをしているカップル、クレオとケイルに出会う。怪しげなクレオの様子に引いてしまったクリフは、結局2人を乗せずにケエビーチへ向かい、トレイルに参加するが、その道中で旅なれた様子のニックとジーナと言うカップルに出会い、共にゴールのカララウビーチを目指すことになる。トレイルの途中でクレオとケイルの姿を見かけ、不審に思うクリフ。そこへオアフ島で新婚のカップルが惨殺されたと言うニュースが入り、犯人のカップルの写真が公開される。ニックには元傭兵で戦場を駆け回ったと言う本当か嘘かわからない怪しげな経歴があることから、ニックたちをも信じきれないクリフとシドニーは、とりあえずゴールまでは彼らと一緒に行動することにするが…


なかなか時間が取れず、終了間際になんとか滑り込みました。こういうのって終わるの早いんだよなー。。。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:デヴィッド・トゥーヒー ミラ・ジョヴォヴィッチ ティモシー・オリファント キエレ・サンチェス スティーヴ・ザーン マーリー・シェルトン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ウルトラヴァイオレット 
2007年11月07日 (水) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
ウルトラヴァイオレットウルトラヴァイオレット/ULTRAVIOLET
2006年/アメリカ/87分
監督: カート・ウィマー
出演: ミラ・ジョヴォヴィッチ/キャメロン・ブライト/ニック・チンランド
公式サイト

遠い未来―――――地球では謎のウィルス“HGV(ヘモファージ・ウィルス)”が蔓延し、人類はウィルスに感染していない人間と、感染者(ファージ)とに分かれた。そしてフェルディナンド・ダクサス枢機卿の支配する医療機関の手により、感染者(ファージ)は人知れず処分されてきたが、生き残った感染者(ファージ)たちは組織して反乱を起こし、人間と感染者(ファージ)との間で激しい戦いが繰り広げられてきた。
ヴァイオレットはそんな生き残りの感染者(ファージ)の1人。組織に属する凄腕の殺し屋だったが、ある日、感染者(ファージ)を絶滅させられるという兵器が医療機関に届けられたため、兵器を奪いに忍び込む。しかし兵器が収められたケースを確認すると、そこには1人の少年が眠っていた…


これは劇場で観ようかどうしようか迷って、結局観なかったやつ。かといって、DVD借りるほどでも…っていう時、WOWOWはホント便利です。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:カート・ウィマー ミラ・ジョヴォヴィッチ キャメロン・ブライト ニック・チンランド 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。