fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ユリア・イェンチ
ベルリン、僕らの革命 
2006年09月03日 (日) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
ベルリン、僕らの革命ベルリン、僕らの革命/DIE FETTEN JAHRE SIND VORBEI
2004年/ドイツ、オーストリア/126分
監督: ハンス・ワインガルトナー
出演: ダニエル・ブリュール/ユリア・イェンチ/スタイプ・エルツェッグ/ブルクハルト・クラウスナー


ユールはウェイトレスをしながら、搾取工場の廃止を求める運動を行っていた。ユールは以前、ハーデンベルクという金持ちの運転する車と追突事故を起こしたことから、10万ユーロもの借金を抱えており、住んでいるアパートも家賃滞納で追い出されようとしていた。ユールの恋人ピーターとヤンは“教育者(エデュケーターズ)”と名乗り、金持ちの家に押し入り、しかし決して盗みはせず、家具などに悪戯をして、最後に「ぜいたくは終わりだ」というメッセージを残すという活動を行っていた。ピーターが旅行に行っている間、ウェイトレスを首になり落ち込むユールを励まそうと、ヤンは“教育者(エデュケーターズ)”の活動をユールに話す。面白がったユールはハーデンベルクの家に押し入ろうと提案し、押し切られたヤンはユールと2人でハーデンベルク家に押し入る。2人は家の中をめちゃくちゃにし、はしゃいでいると犬に吠えられ、慌てて家を抜け出す。しかしユールがハーデンベルク家に携帯電話を忘れたことに気付き、取り戻しに再び押し入ったところで、ハーデンベルクと鉢合わせし、ヤンは思わずハーデンベルクを殴ってしまう。にっちもさっちもいかなくなった2人はピーターに指示を仰ぎ、3人はハーデンベルクを連れて逃げることになる―――――


ダニエル・ブリュールとユリア・イェンチの共演作。どこかで評判を聞いた気がしたので、観てみることにしました。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:ハンス・ワインガルトナー ダニエル・ブリュール ユリア・イェンチ スタイプ・エルツェッグ ブルクハルト・クラウスナー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2006年03月22日 (水) | EDIT |
 シャンテシネにて鑑賞
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々/SOPHIE SCHOLL - DIE LETZTEN TAGE
2005年/ドイツ/121分
監督: マルク・ローテムント
出演: ユリア・イェンチ/アレクサンダー・ヘルト/ファビアン・ヒンリヒス/ヨハンナ・ガストドロフ
公式サイト
公開: 2006年01月28日


1943年、ナチス政権下のドイツ、ミュンヘン。21歳の大学生ゾフィー・ショルは、兄ハンスや兄の仲間クリストフ・プローブストらと“白バラ”と呼ばれる地下組織を結成し、反ナチスを唱えてビラ撒きなどのレジスタンス活動を行っていた。彼らは集まってビラを印刷し郵送する作業を行っていたが、ビラが余ったために、ハンスは大学でビラを撒くことを提案する。仲間たちは危険すぎると反対するが、結局ハンスとゾフィーの2人が、誰もいない授業中を狙ってビラを撒くことになる。順調にビラを置いていく2人だが、ちょうど授業の終わりのベルが鳴り、用務員にビラを撒いたところを見られてしまい、2人はそのままゲシュタポに逮捕される。そして、ゾフィーはロベルト・モーア尋問官から激しい尋問を受ける。最初は否定していたゾフィーだが、やがて物的証拠を突きつけられ、逃れられないと悟ると、モーアに対して反撃を始める―――――


シャンテシネ、久々に行きました。もしかすると「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」以来かもしんない。今の職場の場所から考えると、どうしても銀座辺りで観るのは、時間的に厳しいんだよね。。。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:マルク・ローテムント ユリア・イェンチ アレクサンダー・ヘルト ファビアン・ヒンリヒス ヨハンナ・ガストドロフ アンドレ・ヘンニック 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。