fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ラッセル・クロウ
レ・ミゼラブル 
2013年02月23日 (土) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
レ・ミゼラブルレ・ミゼラブルLES MISERABLES
2012年/イギリス/158分
監督: トム・フーパー
出演: ヒュー・ジャックマン/ラッセル・クロウ/アン・ハサウェイ/アマンダ・セイフライド/エディ・レッドメイン
公式サイト
公開: 2012年12月21日

フランス革命から26年。妹の子供のためにパンを盗んだ罪により投獄されたジャン・バルジャンは、19年経って漸く仮出所の身となる。職を探して町を彷徨うバルジャンは、暖かく招き入れられた教会で銀食器を目にし、出来心でそれを盗んでしまう。翌日、憲兵はバルジャンを捕らえ教会にやってくるが、司教は、銀食器はバルジャンにあげたものだと証言し、銀の燭台をも彼に差し出す。これに心打たれたバルジャンは、正しい人になりたいと思い、生まれ変わることを誓う。そして8年後、誓い通りに生まれ変わったバルジャンは、マドレーヌと名前を変えて工場を経営するまでになり、市長としても人々に慕われていた。バルジャンの工場で働くファンティーヌは、ある日、工場を解雇されるが、娘コゼットを預けている宿屋に借金があるため、娼婦に身を落として働いていた。客とのいざこざで逮捕されそうになったファンティーヌを助けたバルジャンは、彼女の窮状を知り、コゼットを引き取りに行く。しかし、その途中で別人がジャン・バルジャンとして逮捕されていることを知った彼は、法廷で自分がバルジャンであると告白する。バルジャンを執拗に追っていたジャベール警部は彼を逮捕しようとするが、バルジャンはコゼットを連れて逃亡する。そして息を引き取ったファンティーヌの遺志を継ぎ、バルジャンはコゼットを娘として育てる。時が経ち、バルジャンの深い愛情を受け美しく育ったコゼット。彼女を町で見た、若き革命の兵士マリウスは、一目で恋に落ちる。そしてコゼットもまたマリウスに心惹かれていた。しかし、若い2人の恋は、革命の渦に巻き込まれていく―――――


12月公開なのになかなか時間が取れず、先々週やっと見てきました。ロングラン ヽ(´ー`)ノバンザーイ
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:トム・フーパー ヒュー・ジャックマン ラッセル・クロウ アン・ハサウェイ アマンダ・セイフライド エディ・レッドメイン サマンサ・バークス イザベル・アレン 第85回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ワールド・オブ・ライズ 
2008年12月30日 (火) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
ワールド・オブ・ライズワールド・オブ・ライズ/BODY OF LIES
2008年/アメリカ/128分
監督: リドリー・スコット
出演: レオナルド・ディカプリオ/ラッセル・クロウ/マーク・ストロング/ゴルシフテ・ファラハニ/オスカー・アイザック
公式サイト
公開: 2008年12月20日


CIA職員ロジャー・フェリスはイラクに派遣され、上司であるエド・ホフマンの指示の元、テロ組織の黒幕アル・サリームを逮捕するための工作員として活動していた。ある日、アル・サリームに関する情報を得たがテロリストに追跡され、フェリスは大怪我を負い、部下として使っていた現地人バッサームは死亡する。フェリスはホフマンに、バッサームの遺族への補償を求めるが、遠いアメリカ本土から指示を出すだけのホフマンはあっさり切り捨てる。帰国したフェリスは、傷も癒えぬうちに早速次の目的地であるヨルダンへ派遣される。ヨルダン情報局のハニ・サラームと協力し、アル・サリームの情報を手に入れようとするフェリスだったが…


リドリー・スコットってラッセル・クロウが好きなのかしら。使いやすいのかな?
まぁ、スコセッシも、何故?と思うくらいレオを使っているし、相性がいいのかねえ。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:リドリー・スコット レオナルド・ディカプリオ ラッセル・クロウ マーク・ストロング ゴルシフテ・ファラハニ オスカー・アイザック 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2008年02月20日 (水) | EDIT |
 新宿プラザ劇場にて鑑賞
アメリカン・ギャングスターアメリカン・ギャングスター/AMERICAN GANGSTER
2007年/アメリカ/157分
監督: リドリー・スコット
出演: デンゼル・ワシントン/ラッセル・クロウ/キウェテル・イジョフォー/キューバ・グッディング・Jr/ジョシュ・ブローリン
公式サイト
公開: 2008年02月01日

1968年、ハーレムを掌握していたギャング、バンピー・ジョンソンが心臓発作のため急死する。彼の運転手を長年勤め、彼を慕い側に仕えてきたフランク・ルーカスは、彼の後を継いで自分の組織を作ることを決意する。ベトナム戦争に出征した兵士たちの間でヘロインが蔓延しているニュースを見たフランクは、東南アジアで生産されているヘロインを、中継ぎを通さずに直接買い付けを行えば、質のいい物を安価で販売でき利益を上げることが出来ると踏み、バンコクにいる従兄弟のネイトを通じて、生産者と直接買い付けの契約を結ぶことに成功する。フランクが売り出した純度の高いヘロイン“ブルー・マジック”は瞬く間に流通し始める。フランクはノースカロライナに住む母親と弟たちを呼び寄せ、弟たちを商売に関わらせて一大ファミリーを築いていく。
一方、ニュージャージーの警察官リッチー・ロバーツは、相棒のジェイ・リヴェラと張り込みをしている途中で、容疑者の車から100万ドルもの大金を発見する。警官の“慣習”に従って着服しようと言うジェイを説得して署に届け出たため、リッチーとジェイは周りの警官たちから白い目で見られて浮いてしまい、仕事を干されてしまう。そんなリッチーの元へ、検察官ルー・トバックが訪ねてくる。新たに設立されるという、麻薬捜査班の責任者としてスカウトされたリッチーは、麻薬に溺れて死んでしまった相棒ジェイが持っていた“ブルー・マジック”の元締めを探り始める…


何年ぶりかに来た気がする。プラザ劇場。外からの飲食物持ち込み禁止なんて知らなかったわ。最近多いけど…だったら、中の売店ではもうちょっと安価で売って欲しい。高いし種類が少ないから、どうしても外で買って持ち込もうって思っちゃうんだよねえ。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:リドリー・スコット デンゼル・ワシントン ラッセル・クロウ キウェテル・イジョフォー キューバ・グッディング・Jr ジョシュ・ブローリン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2006年04月27日 (木) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
マスター・アンド・コマンダーマスター・アンド・コマンダー/MASTER AND COMMANDER: THE FAR SIDE OF THE WORLD
2003年/アメリカ/139分
監督: ピーター・ウィアー
出演: ラッセル・クロウ/ポール・ベタニー/ビリー・ボイド/ジェームズ・ダーシー/マックス・パーキス

1805年。ナポレオンはヨーロッパ征服を狙って動き出し、世界の海は戦場と化していた。
ブラジル北岸沖を航る、イギリス艦サプライズ号は、イギリス海軍本部から「フランスの私掠船、アケロン号の太平洋進出を阻止せよ」という命令を受ける。ジャック・オーブリー艦長率いる乗組員197名は、アケロン号を追うが、アケロン号から不意打ちの攻撃を受けたり、悪天候に見舞われるなど不運が続く。しかしついに、サプライズ号はアケロン号を追いつめる―――――


この映画、予告では「泣ける感動もの」みたいな感じで煽ってなかったっけ。少年たちと海っていうんで、「白い嵐」っぽいのをイメージしていました。で、ちょっと検索してみたらこんなサイトを発見。
映画「マスター・アンド・コマンダー」の宣伝に関する意見とお願い
どうも、予告と内容がまったく違うっていうので、ファンの方が抗議していたようです。まぁ、最近多いよこういうの。「スタンドアップ」なんかもそうだけどさ。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:ピーター・ウィアー ラッセル・クロウ ポール・ベタニー ビリー・ボイド ジェームズ・ダーシー マックス・パーキス 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
シンデレラマン 
2005年10月19日 (水) | EDIT |
シンデレラマンシンデレラマン/CINDERELLA MAN
2005年/アメリカ/144分
監督: ロン・ハワード
出演: ラッセル・クロウ/レニー・ゼルウィガー/ポール・ジアマッティ/クレイグ・ビアーコ
公式サイト
公開: 2005年09月17日

将来を嘱望されている若きボクサー、ジム・ブラドッグは、美しい妻メイと3人の子供たちを何よりも愛し、幸せに暮らしていた。右手の怪我をきっかけに、ジムの運命は悪い方へ転がり始め、そして追い打ちをかけるように大恐慌が起こる。ジムは持っていた財産を失い、今までの生活が一変してしまう。ジムは、怪我をおして試合に出場し、治りきらない内に試合に出ては負けを重ね、レフェリーから試合中止を申し渡されるという不名誉な試合を展開し、ついにボクシング協会からボクサーのライセンスを取り消される。失業者となったジムは、日雇いの港湾労働者として肉体労働で稼ごうとするが、国中が失業者で溢れる中、なかなか仕事にもありつけず、生活は逼迫する。やむを得ずジムは、生活保護を貰うために連邦緊急救済局に並んだり、かつて自分を見捨てたボクシング協会の面々が集う場所へ行き、援助を求めた。そんな中、元マネージャーのジョー・グールドが、ジムに若手との試合の話を持って訪れる。対戦相手が見付からず、その若手に打ちのめされてくれるなら誰でも構わないという試合だった。しかし、試合の報酬は、ジムにとっては家族を救ってくれるもの。ジムはジョーに感謝し、試合の相手を引き受ける。その試合をきっかけに、ジムの人生はまた大きく変わっていく―――――


今週で終わってしまうため、「メゾン・ド・ヒミコ」とどちらを観ようか迷ったあげく、とりあえずこっちを観ることにしました。
ボクシングもの、主人公がアイリッシュ、という点で「ミリオンダラー・ベイビー」を彷彿とさせますね。ストーリー展開とテーマは全然違うけど。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ロン・ハワード ラッセル・クロウ レニー・ゼルウィガー ポール・ジアマッティ クレイグ・ビアーコ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。