fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > リチャード・リンクレイター
2015年03月08日 (日) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマ浦和にて鑑賞
6才のボクが、大人になるまで。6才のボクが、大人になるまで。/BOYHOOD
2014年/アメリカ/165分
監督: リチャード・リンクレイター
出演: パトリシア・アークエット/エラー・コルトレーン/ローレライ・リンクレイター/イーサン・ホーク/マルコ・ペレラ
公式サイト
公開: 2014年11月14日

両親が離婚し、母親のオリヴィアに引き取られた6才のメイソンとサマンサ。恋人と別れたオリヴィアは、テキサスからヒューストンへ引っ越し、大学へ入学するという。サマンサは友だちと離れたくないと大反対、メイソンも、アラスカへ旅立って行った父親メイソン・Srが自分たちを探せなくなると抵抗するが、オリヴィアはヒューストンへの引っ越しを強行。メイソンたちが新しい生活に慣れた頃、突然メイソン・Srが現れ、それ以来2週間ごとにメイソンとサマンサと週末を過ごすことになる。そしてオリヴィアは通う大学の教師ビル・ウェルブロックと結婚、ビルにはミンディとランディという2人の連れ子がおり、同じ年頃の4人は仲良くなるが…


とにかく165分という尺にげんなりしていたので(尺の長い映画がニガテなのです )、観る気がちょっと揺らいでいたのですが、パトリシア・アークエットがオスカーを獲ったのもあって、頑張って観に行きました。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:リチャード・リンクレイター パトリシア・アークエット エラー・コルトレーン ローレライ・リンクレイター イーサン・ホーク マルコ・ペレラ 第87回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2008年02月25日 (月) | EDIT |
 ユーロスペースにて鑑賞
ファーストフード・ネイションファーストフード・ネイション/FAST FOOD NATION
2006年/イギリス、アメリカ/108分
監督: リチャード・リンクレイター
出演: グレッグ・キニア/イーサン・ホーク/パトリシア・アークエット/アヴリル・ラヴィーン/カタリーナ・サンディノ・モレノ
公式サイト
公開: 2008年02月16日

ファーストフード・チェーン“ミッキーズ・バーガー”のマーケティング部長ドン・ヘンダーソンは、ある日、社長に呼び出される。社長の友人であるテキサス大学の教授が、学生たちに主だったファーストフードチェーンのハンバーガーのパテを調べさせたところ、ミッキーズ・バーガーの主力商品である“ビッグワン”のパテから糞便性大腸菌が検出されたと告げられたと言う。つまり、”ビッグワン”のパテには牛の糞が混じっていると言うのだ。社長は事実を確認するようにドンに命じ、ドンはパテを加工しているコロラドの工場に飛ぶ。そこでドンが見たのは、衛生的に管理され最新機器を導入されたごく普通の工場だった。ドンは工場の近くにあるコーディ店に立ち寄り、店長にかまをかけると、店長は「以前、悪い噂は聞いたことがありますが…」と口を濁す。昔、工場に牛肉を卸していたという牧場主ルディを紹介してもらい、彼を訪ねると、ルディは驚くべき事実をドンに告げる…


3月1日から、上映回数が1回増えるんだってー。もうちょっと待てば良かった…(笑)
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:リチャード・リンクレイター グレッグ・キニア イーサン・ホーク パトリシア・アークエット アヴリル・ラヴィーン カタリーナ・サンディノ・モレノ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
スキャナー・ダークリー 
2006年12月13日 (水) | EDIT |
 シネセゾン渋谷にて鑑賞
スキャナー・ダークリースキャナー・ダークリー/A SCANNER DARKLY
2006年/アメリカ/100分
監督: リチャード・リンクレイター
出演: キアヌ・リーヴス/ロバート・ダウニー・Jr/ウディ・ハレルソン/ウィノナ・ライダー/ロリー・コクレイン
公開: 2006年12月09日
公式サイト

右脳と左脳が分断されてしまうという、危険なドラッグ“物質D”が蔓延している近未来のアメリカ。麻薬捜査官のボブ・アークターは、自ら“物質D”を摂取してジャンキーのジム・バリスたちに接触し、おとり捜査を行っていた。しかし、捜査本部にジャンキーのボブに対しての密告があり、ボブは自分で自分を監視するはめに陥る。“自分を監視している自分”と“自分に監視されている自分”―――――ボブの中に2つの人格が現れ、次第にボブは壊れていく…


人生は、奇跡の詩」とどっちを観ようか迷って、結局こちらにしてみました。「人生は、奇跡の詩」は来週…観られるかなあ…
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:リチャード・リンクレイター キアヌ・リーヴス ロバート・ダウニー・Jr ウディ・ハレルソン ウィノナ・ライダー ロリー・コクレイン フィリップ・K・ディック 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。