fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > リュディヴィーヌ・サニエ
2013年12月28日 (土) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
ラブ・クライム 偽りの愛に溺れてラブ・クライム 偽りの愛に溺れて/CRIME D'AMOUR
2010年/フランス/107分
監督: アラン・コルノー
出演: リュディヴィーヌ・サニエ/クリスティン・スコット・トーマス/パトリック・ミル/ギョーム・マルケ/ジェラール・ラロシュ

イザベル・ゲランは、上司クリスティーヌ・リヴィエールを支え、様々な功績をあげさせていた。彼女自身の功績になることはなかったが、ある日、クリスティーヌが行くはずだったカイロでの会議に代理で出席したイザベルは、見事プレゼンを成功させる。そしてカイロに同行していた、クリスティーヌの恋人である、取引先の社員フィリップ・デシャンと関係を持ってしまう。しかしクリスティーヌは、イザベルが成功させた仕事を自分のアイデアだと言って手柄を横取りし、NY支社への異動の約束まで取り付ける。イザベルに対し「あなたの能力を評価した自分のおかげ」と言ってのけるクリスティーヌに、イザベルは大きなショックを受ける。クリスティーヌは、不正経理を行っていたフィリップとの関係を絶とうとし、彼女に捨てられまいと焦るフィリップはイザベルに別れを告げる。イザベルはクリスティーヌに極秘である仕事を進行させて、自分の評価を上げることに成功する。そのためにNY支社への転勤がふいになったクリスティーヌは激怒し、イザベルを精神的に追い詰めていく―――――


DVDスルーの本作。「パッション」のオリジナルということで、一応観てみようかと。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:アラン・コルノー リュディヴィーヌ・サニエ クリスティン・スコット・トーマス パトリック・ミル ギョーム・マルケ ジェラール・ラロシュ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2012年02月02日 (木) | EDIT |
 TOHOシネマズ みゆき座にて鑑賞
デビルズ・ダブル―ある影武者の物語―デビルズ・ダブル―ある影武者の物語―/THE DEVIL'S DOUBLE
2011年/ベルギー/109分
監督: リー・タマホリ
出演: ドミニク・クーパー/リュディヴィーヌ・サニエ/ラード・ラウィ/フィリップ・クァスト
公式サイト
公開: 2012年01月13日


湾岸戦争の真っただ中、イラク軍中尉として前線にいたラティフ・ヤヒアは、高校のクラスメイトであり、時の権力者サダム・フセイン大統領の息子ウダイに呼び出される。ウダイはラティフに、自分と背格好が似ているため影武者になるよう命じ、ラティフは断ろうとしたものの、家族の命を盾に取られて引き受けざるを得ず、以来、ウダイの影武者としての生活が始まる。ウダイの生活は金と女と麻薬に溺れ、行動は狂気そのものだった。そんな中にあっても、ラティフは自分を見失うまいとし続け、次第にウダイの情婦サラブと心を通わせるようになる―――――


これは予告が面白そうだったので、かなり気になっていました。実際にウダイ・フセインの影武者だったラティフ・ヤヒアの著書が原作になっているんだって。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:リー・タマホリ ドミニク・クーパー リュディヴィーヌ・サニエ ラード・ラウィ フィリップ・クァスト 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
引き裂かれた女 
2011年03月30日 (水) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
引き裂かれた女引き裂かれた女/LA FILLE COUPEE EN DEUX
2007年/フランス/115分
監督: クロード・シャブロル
出演: リュディヴィーヌ・サニエ/ブノワ・マジメル/フランソワ・ベルレアン
公開: 2011年04月09日
公式サイト

パリを離れ、妻と共にリヨンで田舎暮らしをしている作家シャルル・サン・ドニは、親友でもある編集者カプシーヌにサイン会に駆り出され、そこでお天気キャスターのガブリエル・ドネージュと出会う。若く美しいガブリエルに魅せられたシャルルはガブリエルを数日後に行われるオークションに誘うが、同じように、富豪ゴダンス家の跡取りであるポールもガブリエルに一目惚れし、彼女を口説く。ガブリエルはポールを相手にせずにシャルルとオークションに出かけ、シャルルが持つ“PARADIS”という名の仕事部屋で2人は結ばれる。シャルルとガブリエルは甘い日々を過ごしていたが、ガブリエルの誕生日に、シャルルは行きつけのクラブへ彼女を連れ出しそこで行われている行為に彼女を誘う。そしてシャルルはその翌日からロンドンへ旅立ち、“PARADIS”の鍵も取り換えてしまう。鍵を変えられたことにショックを受けたガブリエルは寝込んでしまい、それを慰めるポールにほだされたガブリエルは、勢いでポールと結婚の約束をしてしまう…


2007年制作の今作が、なぜ今頃公開されるのかよくわからない…と思ったのですが、この監督、昨年亡くなっているんですね。それで、晩年の傑作と名高い(らしい)今作が公開決定したということのようです。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:クロード・シャブロル リュディヴィーヌ・サニエ ブノワ・マジメル フランソワ・ベルレアン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
スイミング・プール 
2005年10月10日 (月) | EDIT |
スイミング・プールスイミング・プール/SWIMMING POOL
2003年/フランス、イギリス/102分
監督: フランソワ・オゾン
出演: シャーロット・ランプリング/リュディヴィーヌ・サニエ/チャールズ・ダンス/ジャン=マリー・ラムール
公式サイト

売れっ子の女流ミステリ作家サラ・モートンは、自作の方向性と、編集者のジョンとの不倫の関係に煮詰まっていた。ある日、ジョンがフランスに持っているという別荘に招待され、後から行くから先に行っていろというジョンに、しぶしぶ頷くサラ。別荘で、静かで快適な生活を楽しんでいると、突然ジョンの娘ジュリーが現れる。若く美しく自由奔放なジュリーは毎晩違う男を別荘に連れ込み、嬌態を晒す。ジュリーのために静かな生活が乱されて苛つくサラ。しかし、そんな彼女を覗き見ずにいられない。やがて少しずつ歩み寄り、2人はお互いの事情を話すようになる。ある日、ジュリーはサラの行きつけのレストランでウェイターをしているフランクを家に連れ込む。翌日、プールサイドに血の跡を見付けたサラ。フランクの姿は見えず、サラはフランクを探し回るが…


「8人の女たち」のオゾン監督で、リュディヴィーヌ・サニエが出てるというので、本当は劇場で観たかったんだけど観逃しちゃって… しょげ
結構、観逃している映画多し。WOWOWさまさまですわ。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:フランソワ・オゾン シャーロット・ランプリング リュディヴィーヌ・サニエ チャールズ・ダンス ジャン=マリー・ラムール 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。