FC2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ロバート・デュヴァル
ジャッジ 裁かれる判事 
2015年02月25日 (水) | EDIT |
 新宿ピカデリーにて鑑賞
ジャッジ 裁かれる判事ジャッジ 裁かれる判事/THE JUDGE
2014年/アメリカ/142分
監督: デヴィッド・ドブキン
出演: ロバート・ダウニー・Jr/ロバート・デュヴァル/ヴェラ・ファーミガ/ヴィンセント・ドノフリオ/ジェレミー・ストロング
公式サイト
公開: 2015年01月17日

シカゴでやり手の弁護士として評判のハンク・パーマー。美しい妻リサと娘ローレンと、何不自由ない生活を送っていると思われていたが、実はリサは離婚を求めており、ローレンの親権を巡り2人は揉めていた。そんな中、兄のグレンから母メアリーが亡くなったと連絡が入り、ハンクは久しぶりに実家のあるインディアナに向かう。インディアナには、グレンと弟デール、そして長年判事として厳格に生き、人々の尊敬を集めている父ジョセフがハンクを待っていた。そんな父と折り合いが悪く、絶縁状態だったハンクは、母の葬儀を済ませると早々にシカゴへ戻ろうとするが、その道中、ジョセフが警察に連行されたという連絡が入る。慌ててインディアナへ引き返したハンクは、ジョセフの車にひき逃げの跡があるが、ジョセフはそのことについて記憶がないということを聞く。やがてジョセフの車から、ジョセフと因縁がある男マーク・ブラックウェルの血痕が検出されたため、ジョセフはマークを故意にひき殺したのではないかと疑われる。ジョセフが人殺しをする訳がないと信じるハンクは、裁判に巻き込まれていくが…


うわーんもうずいぶん前に観ていたのにー。記事が追い付かないどころじゃなくなってきた…
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:デヴィッド・ドブキン ロバート・ダウニー・Jr ロバート・デュヴァル ヴェラ・ファーミガ ヴィンセント・ドノフリオ ジェレミー・ストロング ビリー・ボブ・ソーントン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
アウトロー 
2013年03月10日 (日) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
アウトローアウトロー/JACK REACHER
2012年/アメリカ/130分
監督: クリストファー・マッカリー
出演: トム・クルーズ/ロザムンド・パイク/リチャード・ジェンキンス/デヴィッド・オイェロウォ/ヴェルナー・ヘルツォーク
公開: 2013年02月01日
公式サイト

アメリカ、ピッツバーグ近郊にある川沿いの公園の対岸から狙撃され、公園にいた5人の男女が亡くなるという無差別殺人事件が起きる。狙撃現場に残された薬莢や駐車場のコインパーキングに収納されたコインの指紋から、元陸軍の狙撃手で前科のあるジェームズ・バーが容疑者として浮かび上がる。程なくしてバーは逮捕されるが、司法取引に持ち込もうとしたエマーソン警部とロディン検事に対し、バーは「ジャック・リーチャーを呼べ」というメモを残し、事件については語ろうとしなかった。バーは護送中に他の囚人たちから暴力を受け、意識不明となってしまう。エマーソンがジャック・リーチャーとは何者なのかを調べたところ、バーと同じく退役軍人ということはわかったが、退役後の行方がわからず、実態がまるでつかめない幽霊のような人物だった。エマーソンが途方に暮れていたところ、突然ジャックが警察に現れる。バーは以前、似たような無差別事件を起こしており、その時に事件を調べてバーを犯人として検挙したのが、憲兵のジャックだった。ロディンの娘であり、バーの弁護士ヘレンとともに事件を調べ始めたジャックは、あまりにもバーが犯人だという証拠が揃い過ぎているため、逆に疑念を抱くが―――――


トムって、どうも「ミッション:インポッシブル」シリーズ以外の作品がぱっとしないんだよなあ…。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:クリストファー・マッカリー トム・クルーズ ロザムンド・パイク リチャード・ジェンキンス デヴィッド・オイェロウォ ヴェルナー・ヘルツォーク ロバート・デュヴァル 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
クレイジー・ハート 
2010年07月17日 (土) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテシネにて鑑賞
クレイジー・ハートクレイジー・ハート/CRAZY HEART
2009年/アメリカ/111分
監督: スコット・クーパー
出演: ジェフ・ブリッジス/マギー・ギレンホール/ロバート・デュヴァル/ライアン・ビンガム/コリン・ファレル
公開: 2010年06月12日
公式サイト

カントリー・シンガーのバッド・ブレイクは、かつて一世を風靡した程の歌手だったが、今は酒に溺れ、地方のバーを巡業する暮らしを続けていた。自分がカントリーを教えたトミー・スウィートはいまや大人気のシンガーとなっており、自分の現状と違う弟子の活躍を苦々しく思う気持ちもあった。トミーから新曲を書くよう頼まれているものの、スランプで曲が賭けないバッドはますます荒んでいった。ある日、いつもと同じように巡業に出かけた巡業先サンタフェのバーで、バックでピアノを弾くウェズリー・クラドックから、地元紙の記者をしている姪ジーンのインタビューを受けて欲しいと頼まれる。インタビューを受けるうちにジーンに心惹かれていくバッド。バツイチのジーンには幼い息子バディがおり、バッドとの関係に踏み出すことに躊躇いを見せる。そんな時、バッドはトミーのコンサートの前座として出演した帰り道、車で横転事故を起こす。大怪我をしたバッドは、計らずもジーンとバディの家で静養することになり、2人の関係はますます深まっていく。全ては順調に行くかに思われたが―――――

ジェフ・ブリッジスはこれで悲願のオスカーを受賞。ってことで、ストーリー自体にはあまり興味がわかなかったのですが、ジェフ見たさに!行って来ました~
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:スコット・クーパー ジェフ・ブリッジス マギー・ギレンホール ロバート・デュヴァル ライアン・ビンガム コリン・ファレル 第82回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
アンダーカヴァー 
2009年01月24日 (土) | EDIT |
 新宿ミラノにて鑑賞
アンダーカヴァーアンダーカヴァー/WE OWN THE NIGHT
2007年/アメリカ/117分
監督: ジェームズ・グレイ
出演: ホアキン・フェニックス/マーク・ウォールバーグ/エヴァ・メンデス/ロバート・デュヴァル
公開: 2008年12月27日
公式サイト

1988年、NY。ボビー・グリーンは代々警察官を勤めているグルジンスキー家に生まれるが、はみ出し者のボビーは警官にはならず、死別した母親の姓を名乗り、ナイトクラブ“エル・カリブ”のマネジャーとして店の客であるロシアン・マフィアたちとも上手く渡り合いながら暮らしていた。兄ジョセフの昇進パーティーに招かれたボビーは、恋人アマダ・フアレスを伴って現れるが、そこでジョセフに、“エル・カリブ”のオーナーであるマラットの甥ニジンスキーが麻薬取引を行っているとの情報があったため、ニジンスキーの情報を流せと言われる。ボビーは断るが、ある日、ジョセフが指揮官となり“エル・カリブ”が摘発される。ニジンスキーは逮捕されなかったものの、麻薬を所持していたニジンスキーの手下の1人と、ボビーも逮捕されてしまう。連絡もなしに自分の店に踏み込んだジョセフにボビーは怒り、兄弟の溝は深くなるばかり。しかし、ジョセフが何者かに銃撃を受け瀕死の重体となり、捜査に協力しなかった自分を責めるボビー。その後、麻薬供給で一気に町を制圧しようと企むニジンスキーから、店で麻薬をさばいて欲しいと協力を持ちかけられたボビーは、会話のやり取りで、ジョセフを襲った犯人はニジンスキーだと悟る。ジョセフの代わりに指揮官となった父バートも狙われていると知ったボビーは、組織を壊滅させるため、警察に協力し、ニジンスキーの麻薬工場へ潜入するが―――――


最終日に滑り込みました。危ない危ない (;^_^ A フキフキ
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ジェームズ・グレイ ホアキン・フェニックス マーク・ウォールバーグ エヴァ・メンデス ロバート・デュヴァル 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ゴッドファーザー PARTII 
2007年02月04日 (日) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
ゴッドファーザー PART IIゴッドファーザー PARTII/MARIO PUZO'S THE GODFATHER: PART II
1974年/アメリカ/200分
監督: フランシス・フォード・コッポラ
出演: アル・パチーノ/ロバート・デュヴァル/ダイアン・キートン/ロバート・デ・ニーロ

父ヴィト・コルレオーネの跡を継いで、コルレオーネ・ファミリーのドンとなったマイケル。ニューヨークからネバダに住まいを移し、ラスベガスのホテル買収などをめぐり、他のファミリーとの取り引きを重ねて、ファミリーをより大きく育てようとする。そんな中、マイケルは父を思い出す。
ヴィトはイタリアで暮らしていた少年の頃、父親が地元のマフィアに殺され、その復讐を誓った兄も殺されてしまう。母はマフィアにヴィトの命乞いに行くが、それが聞き入れられないと知るやマフィアを襲うが逆に殺されてしまい、天涯孤独となったヴィトはマフィアの手を逃れアメリカへ移民する。そして拳銃を預かった縁で、隣に住むクレメンザたちと親しくなる。やがて、ヴィトたちは土地を牛耳るマフィア、ドン・ファヌッチに目を付けられ、“場所代”を要求されたヴィトは、ファヌッチを抹殺することを決意する―――――


ゴッドファーザー」を観たのは…去年の2月ってことは、ちょうど1年前にこの道を通った夜~(←違う)
何でこんなに間が空いたかって言うと、これ、200分もあるんだよね。「ゴッドファーザー」にそんなにハマらなかったので、200分を観るにはかなり勇気が必要だったのでした。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:フランシス・フォード・コッポラ アル・パチーノ ロバート・デュヴァル ダイアン・キートン ロバート・デ・ニーロ 「ゴッドファーザー」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2005年11月19日 (土) | EDIT |
ウォルター少年と、夏の休日ウォルター少年と、夏の休日/SECONDHAND LIONS
2003年/アメリカ/110分
監督: ティム・マッキャンリーズ
出演: ハーレイ・ジョエル・オスメント/ロバート・デュヴァル/マイケル・ケイン
公式サイト

14歳の少年ウォルターは、母・メイが速記学校に通うと言い出したため、夏の間、メイの伯父・ハブとガースが兄弟2人で暮らしている家に預けられることになった。2人は40年間失踪していた後に、大金を持って戻ってきたという謎めいた噂があった。そして3人での生活が始まった。ハブとガースは頑固で、家には電話もテレビもなく、訪れたセールスマンを銃で脅して追い払う始末。ウォルターはある日、屋根裏部屋で一枚の古い写真を発見する。そこには1人の女性が写っていた。ウォルターは伯父たちが失踪していた間の話をせがみ、ガースは本当か嘘かわからないような壮大な冒険談を話し始める…


ハーレイ・ジョエル・オスメントくんと言えば「シックス・センス」ですが…
しばらく観ないうちに、なんだこの成長っぷり! Σ( ̄□ ̄;) びっくりよ。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:ティム・マッキャンリーズ ハーレイ・ジョエル・オスメント ロバート・デュヴァル マイケル・ケイン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。