fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ロビン・ライト
エベレスト 3D 
2015年11月16日 (月) | EDIT |
 TOHOシネマズ 渋谷にて鑑賞
エベレスト 3Dエベレスト 3D/EVEREST
2015年/アメリカ/121分
監督: バルタザール・コルマウクル
出演: ジェイソン・クラーク/ジョシュ・ブローリン/ジョン・ホークス/ロビン・ライト/マイケル・ケリー
公式サイト
公開: 2015年11月06日

1996年03月、ニュージーランドのアドベンチャー・コンサルタンツ社のロブ・ホール隊長は、エベレスト登頂ツアーのため、病理学医ベック・ウェザーズ、前年登頂に失敗し、再度の挑戦である郵便局員ダグ・ハンセン、山岳ジャーナリストのジョン・クラカワー、日本人登山家の難波康子ら8人の顧客を連れて、ベースキャンプに向かっていた。彼らはこれから1か月かけて身体を順応させ、05月10日にエベレストに登頂する計画を立てていた。この時期、かなりの数の登山隊がエベレストを訪れており、渋滞状態となっていたため、ロブは、旧知の仲であるアメリカのマウンテン・マッドネス社のスコット・フィッシャー隊長に、協力して登頂を目指すことを持ちかける。悪天候が続いていたものの、05月10日、嵐が去ったのを見計らって、遂に一行はエベレストの頂上を目指して出発する。しかし、“ヒラリー・ステップ”にあるはずだったルート工作が完成しておらず、そのせいで“ヒラリー・ステップ”の手前で渋滞状態となるなどのアクシデントに見舞われ、予定よりも大幅に遅れが出ていた。登頂のタイムリミットである14:00になってもダグは頂上に着けず、ロブは下山を促すが、「今年が最後のチャンスだ」というダグの言葉に押され、ロブはこれまで厳格に守ってきたタイムリミットを破り、ダグの登頂をサポートする。しかし、体力が低下したダグは動けなくなってしまう。ロブはダグを支えて何とか下山しようと試みるが―――――


高所恐怖症気味のわたしにはかーなーりーのー冒険でしたがー、行ってきました3D。さすがにIMAXにする勇気はなかった。。。(笑)
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:バルタザール・コルマウクル ジェイソン・クラーク ジョシュ・ブローリン ジョン・ホークス ロビン・ライト マイケル・ケリー サム・ワーシントン ジェイク・ギレンホール 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
美しい絵の崩壊 
2014年06月02日 (月) | EDIT |
 ヒューマントラストシネマ有楽町にて鑑賞
美しい絵の崩壊美しい絵の崩壊/TWO MOTHERS
2013年/オーストラリア、フランス/111分
監督: アンヌ・フォンテーヌ
出演: ナオミ・ワッツ/ロビン・ライト/ゼイヴィア・サミュエル/ジェームズ・フレッシュヴィル
公式サイト
公開: 2014年05月31日

幼馴染のリルとロズは、お互いに結婚し、子供が出来てからもずっと家族ぐるみの付き合いを続けており、リルが夫を事故で亡くし息子イアンと2人暮らしとなっても、それは変わらずにいた。お互いの息子たちは美しく逞しい若者へと成長し、リルとロズはそれを見守っていたが、ロズの夫ハロルドがシドニー大学で勤務することになり、ロズたちは転居を余儀なくされる。ロズは生まれ育った町を離れる決心がつかず、息子のトムもまたシドニーへ行くのを渋っており、2週間だけ、ハロルドが1人でシドニーへと向かうことになる。イアンは以前からずっとロズに恋心を抱いており、ある夜、イアンから思いを打ち明けられたロズは、拒み切れず体の関係をもってしまう。偶然、イアンの部屋から出てきた母親を観てしまったトムは、リルにそれを告げに行き、トムとリルもまた男女の関係となる。いつかは終わりがくると思いながらも関係を続けていたが、2年経ち、トムが女優のメアリーと知り合ってから、状況が変化していく―――――


予告を観てちょっと気になっていましたので、行ってきましたー
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:アンヌ・フォンテーヌ ナオミ・ワッツ ロビン・ライト ゼイヴィア・サミュエル ジェームズ・フレッシュヴィル 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
声をかくす人 
2012年12月26日 (水) | EDIT |
 銀座テアトルシネマにて鑑賞
声をかくす人声をかくす人/THE CONSPIRATOR
2011年/アメリカ/122分
監督: ロバート・レッドフォード
出演: ジェームズ・マカヴォイ/ロビン・ライト/ケヴィン・クライン/エヴァン・レイチェル・ウッド/ダニー・ヒューストン
公式サイト
公開: 2012年10月27日


1865年04月14日、時のアメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンが暗殺される。主犯のジョン・ウィルクス・ブースは逃げ込んだ隠れ家で射殺され、共犯者たちもすぐに捕らえられる。北軍の英雄と言われたフレデリック・エイキンは、除隊してから本来の職業である弁護士として活動していたが、元司法長官のリヴァディ・ジョンソン上院議員に呼び出され、暗殺の共犯の1人であるメアリー・サラットの弁護をするよう頼まれる。メアリーは2年前に夫を亡くしてから下宿屋を営んでいたが、下宿人の中に、ブースを始めとする暗殺犯たちがおり、彼らにアジトを提供していたとみなされ逮捕されていた。エイキンはリンカーン暗殺犯の弁護は出来ないと拒むものの、民間人であるメアリーが軍法会議で裁かれること、そして彼女にも弁護を受ける権利があることを説かれ、やむなく引き受ける。裁判は、暗殺犯憎しという軍の人間で固められており、メアリーに不利に進められようとしているのが明らかだった。自分は無実であると主張し、毅然とした態度を取るメアリーと接しながら、平気で証人を買収する検察のやり方に腹立ちを覚えたエイキンは、彼女が正当な裁判を受けられるように助力するが―――――


レッドフォード監督作はあんまり観ていないのですが、前作「大いなる陰謀」が正直 な感じだったので、どうかとは思ったのですが、気になったので観てきました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ロバート・レッドフォード ジェームズ・マカヴォイ ロビン・ライト ケヴィン・クライン エヴァン・レイチェル・ウッド ダニー・ヒューストン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
マネーボール 
2011年11月10日 (木) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
マネーボールマネーボール/MONEYBALL
2011年/アメリカ/133分
監督: ベネット・ミラー
出演: ブラッド・ピット/ジョナ・ヒル/フィリップ・シーモア・ホフマン/ロビン・ライト/クリス・プラット
公式サイト
公開: 2011年11月11日

2001年のア・リーグ地区優勝決定戦。オークランド・アスレチックスはあと一歩というところで優勝を逃してしまう。主力選手は他球団の引き抜きにあい、貧乏球団であるアスレチックスは選手を引き留められず、替わりの選手を探さねばならないという事態に陥っていた。選手獲得に頭を悩ませていたアスレチックスのGMビリー・ビーンは、選手のトレードの交渉に訪れたクリーブランド・インディアンスの事務所で、GMマーク・シャパイロがある青年のアドバイスに耳を傾けるのを見る。その青年ピーター・ブランドはイェール大で経済学を学んだ秀才で、ビル・ジェイムズが打ち立てた、野球を統計学的に分析するという独自の理論に従い、アドバイスをしていたのだった。ピーターの理論に興味を持ったビリーは彼を引き抜き、他球団の使い物にならないと思われているが統計上で良い数値を出している選手たちを安く獲得し、チームを強くしようと試みる。これまで、統計ではなくスカウトの腕によって選手を獲得してきた球界は、ビリーとピーターのやりかたを良しとせず、2人は周りから叩かれながらも信念を貫き通そうとするが―――――


ジャパンプレミアに行ってきました  東京独女スタイルのご招待です。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:ベネット・ミラー ブラッド・ピット ジョナ・ヒル フィリップ・シーモア・ホフマン ロビン・ライト クリス・プラット 第84回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2009年01月21日 (水) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
ベオウルフ 呪われし勇者ベオウルフ 呪われし勇者/BEOWULF
2007年/アメリカ/114分
監督: ロバート・ゼメキス
出演: レイ・ウィンストン/アンソニー・ホプキンス/ジョン・マルコヴィッチ/ロビン・ライト・ペン/ブレンダン・グリーソン
公式サイト

507年、フロースガール王が治める古代デンマークは、王国を襲う怪物グレンデルに悩まされていた。噂を聞きつけて王国にやってきた勇者ベオウルフは、王にグレンデル退治を申し出る。ベオウルフは見事グレンデルを退治するが、しかし、真の敵はグレンデルを生み出した母親だった。ベオウルフはグレンデルの母と対峙し「自分に息子を授けてくれれば、お前に富と栄光と王の座を約束する」という誘惑に負け、彼女と取引する。王の前でグレンデルの母を倒したと偽りの申し出をしたベオウルフだが、王はベオウルフが交わした取引を悟り、自分の持てるものすべてをベオウルフに遺すと言い、突然命を落とす。そしてベオウルフはフロースガールの王国を継ぎ、王となるが―――――


これってロバート・ゼメキスだったのか。監督まではチェックしていなかったわ。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:ロバート・ゼメキス レイ・ウィンストン アンソニー・ホプキンス ジョン・マルコヴィッチ ロビン・ライト ブレンダン・グリーソン アンジェリーナ・ジョリー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2007年09月24日 (月) | EDIT |
 NHK-BS2にて鑑賞
フォレスト・ガンプ 一期一会フォレスト・ガンプ 一期一会/FORREST GUMP
1994年/アメリカ/142分
監督: ロバート・ゼメキス
出演: トム・ハンクス/サリー・フィールド/ロビン・ライト/ゲイリー・シニーズ/ミケルティ・ウィリアムソン

バス停のベンチでバスを待つ1人の男がいた。彼は自分の乗るバスが来るまで間、同じベンチに座る人々を相手に、これまでの自分の人生を語り始める。
彼の名前はフォレスト・ガンプ。幼い頃、背骨が曲がっていたために足に装具を付けていたこと、IQが75しかないと判定されたことから、町の人間から奇異の目で見られていたが、彼の母親は彼に「お前は他の子と同じ。少しも違わない」と言い聞かせ、フォレストもそれを信じて育っていた。フォレストはそんな自分に初めて親切な言葉をかけてくれたジェニー・カランと親友になり、フォレストはジェニーに恋心を抱いていた。フォレストはいじめの的になっていたが、ジェニーに「走って逃げて!」と言われたことをきっかけに走り続け、その俊足がアメフト・チームの監督の目にとまり、フォレストはアメフト・チームの一員に抜擢される。フォレストはその足が元で大学へも進学し、アメフトの全米チームにも選ばれる。しかし、ジェニーは彼女を一途に慕うフォレストを疎ましく感じるようになっていた…


いつ録画したんだ?ってくらい、ウチのHDDで長い間腐っていました(笑)
これって142分もあるのね…
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:TVで見た映画
GENRE:映画
TAG:ロバート・ゼメキス トム・ハンクス サリー・フィールド ロビン・ライト ゲイリー・シニーズ ミケルティ・ウィリアムソン ハーレイ・ジョエル・オスメント 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ホワイト・オランダー 
2006年07月15日 (土) | EDIT |
 NHK-BS2にて鑑賞
ホワイト・オランダー/WHITE OLEANDER
2002年/アメリカ/109分
監督: ピーター・コズミンスキー
出演: アリソン・ローマン/ミシェル・ファイファー/レニー・ゼルウィガー/ロビン・ライト・ペン
公式サイト(英語)

アストリッド・マグヌセンは、芸術家の母イングリッドと2人暮らし。熱風が吹き荒れるある秋に、イングリッドは恋人バリーを殺したとして逮捕されてしまう。1人きりになったアストリッドは児童センターに引き取られる。イングリッドは35年以上の終身刑となり、アストリッドは里親のスターの元へ送られる。元ストリッパーのスターは、娘と息子2人、そしてレイの5人暮らし。しかし、レイとスターは正式な結婚をしていなかった。父親を知らないアストリッドはレイに懐くが、レイとの仲を邪推したスターに施設に追い返されそうになる。しばらくは平穏に暮らしていたものの、嫉妬に狂ったスターに胸を撃たれてしまう。しばらく施設で暮らすことになったアストリッドは、まったく周りを寄せ付けず孤立していたが、ポールと心を通わせるようになる。2組目の里親は、女優のクレアとマークの夫婦。多忙なマークはあまり家におらず、アストリッドは自然とクレアと馴染んでゆく。里親やポールの影響を受けるアストリッドを良しとしないイングリッド。アストリッドは、そんな母から逃れられずに、精神的な自立を求めてあがいていた―――――


オランダーとは、夾竹桃のことです。綺麗だけど、毒があるんだよね。「陵子の心霊事件簿」という漫画で、夾竹桃の下に死体が埋められているという話があったので、夾竹桃というと、どうもそっちのイメージが強いんだな。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:TVで見た映画
GENRE:映画
TAG:ピーター・コズミンスキー アリソン・ローマン ミシェル・ファイファー レニー・ゼルウィガー ロビン・ライト 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
美しい人 
2006年07月10日 (月) | EDIT |
 Bunkamuraル・シネマにて鑑賞
美しい人美しい人/NINE LIVES
2005年/アメリカ/114分
監督: ロドリゴ・ガルシア
出演: キャシー・ベイカー/エイミー・ブレネマン/エルピディア・カリーロ/グレン・クローズ/ダコタ・ファニング
公式サイト
公開: 2006年07月01日


刑務所で服役中のサンドラ。昔の恋人とスーパーでばったり出会ってしまい、心揺れるダイアナ。父親との関係を上手く消化できないホリー。夫と意思疎通が上手く行かないソニア。お互いに直接話をしようとしない父親と母親の間で板ばさみになっているサマンサ。元夫の再婚相手の葬式に参列するローナ。娘の学校の教師とモーテルへやってきたルース。乳房除去手術を前にして情緒不安定となっているカミール。娘と一緒に墓参りにやってきたマギー。
それぞれの絆を様々な方法で確かめようともがく女性たちの物語。


迷いました。Bunkamuraの中で。

だって、出口がすごくわかりづらいんだもん。でもさすがに、自分でもやばいと思ったよ…
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ロドリゴ・ガルシア キャシー・ベイカー エイミー・ブレネマン エルピディア・カリーロ グレン・クローズ ダコタ・ファニング ロビン・ライト 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。