fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ロベルト・ベニーニ
ローマでアモーレ 
2013年06月28日 (金) | EDIT |
 シネ・リーブル池袋にて鑑賞
ローマでアモーレローマでアモーレ/TO ROME WITH LOVE
2012年/アメリカ、イタリア、スペイン/111分
監督: ウディ・アレン
出演: ウディ・アレン/アレック・ボールドウィン/ロベルト・ベニーニ/ペネロペ・クルス/ジュディ・デイヴィス
公式サイト
公開: 2013年06月08日

バカンス先のローマで、地元の青年ミケランジェロと恋に落ちたアメリカ娘のヘイリー。結婚することになった2人に会いに、ヘイリーの両親がローマにやってくる。ヘイリーの父親ジェリーは引退したオペラの演出家で、ミケランジェロで、シャワー中に歌うミケランジェロの父親ジャンカルロの美声を耳にしてほれ込み、彼を売り出そうと躍起になり始める。
アメリカ人建築家ジョン・フォイは、若い頃に住んでいた家を探してローマの町をそぞろ歩き中、今その家に住んでいるという建築家の卵ジャックと知り合う。ジャックは恋人サリーと同棲中だが、失恋を癒すためにローマへやって来たサリーの親友モニカの小悪魔的な魅力にメロメロになってしまう。
ハネムーンでローマへやって来たアントニオとミリー。アントニオの伯父たちと会食する前にと美容院に向かったミリーは迷子になってしまう。ホテルの部屋で1人になったアントニオの元に、手違いで娼婦のアンナがやってくる。伯父たちにアンナを見られてしまったアントニオは、誤魔化すためにアンナをミリーと偽る。
平凡なサラリーマン、レオポルド・ピザネッリは、ある日突然パパラッチに囲まれるようになり、理由もわからずセレブ扱いされるようになるが…


ウディ・アレンは合わないのもあるんで、どうかなと思いつつ、行ってきました~
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ウディ・アレン アレック・ボールドウィン ロベルト・ベニーニ ペネロペ・クルス ジュディ・デイヴィス エレン・ペイジ ファビオ・アルミリアート 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
人生は、奇跡の詩 
2006年12月25日 (月) | EDIT |
 シャンテシネにて鑑賞
人生は、奇跡の詩人生は、奇跡の詩/LA TIGRE E LA NEVE
2005年/イタリア/114分
監督: ロベルト・ベニーニ
出演: ロベルト・ベニーニ/ニコレッタ・ブラスキ/ジャン・レノ
公開: 2006年12月09日
公式サイト

2003年、イタリア。詩人のアッティリオ・デ・ジョバンニは、いつも同じ女性と結婚する夢を見ていた。その女性、ヴィットリアは伝記作家で、アッティリオの友人であるイラン人の詩人フアドの伝記に取り組んでいた。アッティリオは何とかヴィットリアと接点を持とうと、彼女に愛を語り続けるが、一向に相手にされない。ヴィットリアが故郷に戻るフアドと共にバグダッドへ向かったが、イラク戦争が始まり、爆撃に巻き込まれたヴィットリアは頭を強く打ち、意識不明となる。フアドから連絡を受けたアッティリオは慌てて空港へ向かうが、バグダッド空港は封鎖されており、入国できない状態だった。アッティリオは何とか伝を使いバグダッド入りを果たすが、ヴィットリアは頭に水腫が出来ており生命の危機に瀕していた。アッティリオはヴィットリアの命を救うために、フアドの力を借りてバグダッドの町を奔走するが…


先週は仕事で映画館に行けなかったので、今日は頑張って行ってきました。
銀座シネマカードって、株主優待券じゃポイント付けてくれないのね。知らなかった…(まぁ、厳密にはチケットを購入した訳じゃないしな)
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ロベルト・ベニーニ ニコレッタ・ブラスキ ジャン・レノ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
コーヒー&シガレッツ 
2006年05月02日 (火) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
コーヒー&シガレッツコーヒー&シガレッツ/COFFEE AND CIGARETTES
2003年/アメリカ/97分
監督: ジム・ジャームッシュ
出演: ロベルト・ベニーニ/スティーヴン・ライト/ジョイ・リー/サンキ・リー/スティーヴ・ブシェミ
公式サイト

ロベルトがカフェでコーヒーを飲んでいると、自分とよく似た風貌のスティーヴンという男がやってくる。2人はコーヒーを飲み、煙草を吸い、とりとめもない会話を交わす―――――(「変な出会い」)
他「双子」「カリフォルニアのどこかで」「それは命取り」「ルネ」「問題なし」「いとこ同士」「ジャック、メグにテスラコイルを見せる」「いとこ同士?」「幻覚」「シャンパン」


この監督の「ブロークン・フラワーズ」が公開されますので、先に観ておいた方がいいのかな?と思って観たものです。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:ジム・ジャームッシュ ロベルト・ベニーニ スティーヴン・ライト ジョイ・リー サンキ・リー スティーヴ・ブシェミ ケイト・ブランシェット 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。