fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ロマン・デュリス
彼は秘密の女ともだち 
2015年08月24日 (月) | EDIT |
 新宿武蔵野館にて鑑賞
彼は秘密の女ともだち彼は秘密の女ともだち/UNE NOUVELLE AMIE
2014年/フランス/107分
監督: フランソワ・オゾン
出演: ロマン・デュリス/アナイス・ドゥムースティエ/ラファエル・ペルソナーズ/イジルド・ル・ベスコ/オーロール・クレマン
公式サイト
公開: 2015年08月08日

クレールとローラは幼い頃からの親友同士。成長し、お互いに結婚しても2人の絆は変わらなかった。ところが、ローラは夫ダヴィッドと幼い娘リュシーを残し、病で亡くなってしまう。クレールはローラの死を受け入れられず哀しみに暮れるが、彼女にダヴィッドとリュシーを見守ると誓ったことを思い出し、ダヴィッドを訪ねていく。しかしそこにいたのは、ローラの服を着て化粧を施したダヴィッドだった。ショックを受けるクレールに、ダヴィッドは元々女装癖があり、それはローラも理解していたが、結婚している間は女装願望が治まっていた。しかしローラを亡くしてから、母親を求めてぐずるリュシーをなだめるため、再び女装するようになったと説明する。一度はダヴィッドを拒否したクレールだったが、やがて戸惑いながらもダヴィッドの趣味を容認するようになり、しかしこのことは夫のジルには言えないため、女友達“ヴィルジニア”と嘘をつき、2人はショッピングや食事など、普通の女友達となんら変わらない付き合いを続けていくが―――――


オゾンの最新作ですので、とりあえず観とかないとねーってことで行ってきました。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:フランソワ・オゾン ロマン・デュリス アナイス・ドゥムースティエ ラファエル・ペルソナーズ イジルド・ル・ベスコ オーロール・クレマン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
タイピスト! 
2014年12月28日 (日) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
タイピスト!タイピスト!/POPULAIRE
2012年/フランス/111分
監督:レジス・ロワンサル
出演:ロマン・デュリス/デボラ・フランソワ/ベレニス・ベジョ/ショーン・ベンソン/ミュウ=ミュウ

1959年、フランスの片田舎で、雑貨店を営む父親と暮らすローズ・パンフィルは、家を出てエシャール保険会社の秘書募集に応募する。ローズの唯一の特技は、タイプの早打ち。それを見た社長のルイ・エシャールから、何とか1週間の試用期間を勝ち取るものの、不器用なローズは秘書の仕事をこなせない。そこでルイは、タイプの早打ち大会に出て優勝することを条件にローズを雇い続けることを決める。地方大会に出たローズは予選敗退してしまうが、ルイの家に住み込んで、二人三脚で特訓を重ねるうちに、めきめきと腕を上げていく。そして次第に、2人の距離は縮まっていくが…


結構なロングラン上映だったけど、迷っているうちにそれすら終わってしまったという(笑)
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:レジス・ロワンサル ロマン・デュリス デボラ・フランソワ ベレニス・ベジョ ショーン・ベンソン ミュウ=ミュウ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2010年10月09日 (土) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテシネにて鑑賞
メッセージ そして、愛が残るメッセージ そして、愛が残る/ET APRES
2008年/ドイツ、フランス、カナダ/107分
監督: ジル・ブルドス
出演: ロマン・デュリス/ジョン・マルコヴィッチ/エヴァンジェリン・リリー
公開: 2010年09月25日
公式サイト

幼い頃、車に轢かれて生死の境を彷徨い、魂が体を抜け出たという不思議な経験を持つネイサンは、NYで腕利きの弁護士として活躍していたが、私生活では、産まれたばかりの息子ポールを乳幼児突然死症候群で亡くし、それがきっかけで妻クレアと上手くいかなくなり、クレアと娘のトレーシーとは離れて暮らしていた。ある日、セントルイス病院の医局長のジョセフ・ケイと名乗る男がネイサンの元を訪ねてくる。ケイは思わせぶりな言葉を吐き、胡散臭く思ったネイサンはケイを追い返すが、ケイは再びネイサンの前に現れる。そして、自分はもうすぐ死ぬ運命にある人間がわかる能力があり、死と向き合う時間を与えるメッセンジャーだと言う。ケイはネイサンに、大学時代の知り合いアンナに会いに行くようにと助言、アンナに会ってその死を目の当たりにしたネイサンは、ケイの話を信じるようになる。自分の命が短いと悟ったネイサンは、クレアとトレーシーの元へ向かい、2人を愛する自分の気持ちを素直に伝え、家族の絆を取り戻そうとする―――――


あんまり興味はなかったのですが、予告を観たら結構良さそうな感じだったので、行って来ました
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ジル・ブルドス ロマン・デュリス ジョン・マルコヴィッチ エヴァンジェリン・リリー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2006年08月27日 (日) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
スパニッシュ・アパートメントスパニッシュ・アパートメント/L' AUBERGE ESPAGNOLE
2002年/フランス、スペイン/122分
監督: セドリック・クラピッシュ
出演: ロマン・デュリス/ジュディット・ゴドレーシュ/オドレイ・トトゥ/セシル・ドゥ・フランス/ケリー・ライリー

フランスの大学院生グザヴィエは、就職のために、親の紹介でエリート官僚のペランと会う。ペランはグザヴィエにスペイン留学を勧め、戻ってきたら仕事を世話すると言われたため、グザヴィエは恋人マルティーヌと離れ、1年間のスペイン留学をすることになる。バルセロナに降り立ったグザヴィエ。母親の紹介で住むはずだったアパートは長居出来ない事情があり、仕方なく飛行機で一緒だったジャン=ミッシェルとアンヌ=ソフィ夫婦を頼り、夫婦の住まいにしばらく居候するはめに。そしてグザヴィエは、忙しいジャン=ミッシェルに頼まれ、まだあまりスペイン語の出来ないアンヌ=ソフィを町に連れ出すようになる。アパート探しは難航したが、やがて5人の学生が共同生活をするアパートを見つけだす。イタリア人のアレッサンドロ、ドイツ人のトビアス、デンマーク人のラース、そして女性2人、イギリス人のウェンディとスペイン人のソレダ。“面接”を経て、グザヴィエは5人と共同生活を始める―――――


本当は「ロシアン・ドールズ(映画公式サイト)」公開前に録画はしたんだけど、どうも気乗りしなくて、観るのを後回しにしてしまった。ので今頃。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:セドリック・クラピッシュ ロマン・デュリス ジュディット・ゴドレーシュ オドレイ・トトゥ セシル・ドゥ・フランス ケリー・ライリー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。