fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ロラ・ドゥエニャス
ボルベール〈帰郷〉 
2007年07月04日 (水) | EDIT |
 シネフロントにて鑑賞
ボルベールボルベール〈帰郷〉/VOLVER
2006年/スペイン/120分
監督: ペドロ・アルモドバル
出演: ペネロペ・クルス/カルメン・マウラ/ロラ・ドゥエニャス/ブランカ・ポルティージョ/ヨアンナ・コボ
公式サイト
公開: 2007年06月30日

マドリードに住むライムンダは、姉のソーレと娘のパウラと共に、墓の掃除をしに故郷ラ・マンチャを訪れる。ライムンダとソーレの両親は3年前に火事で亡くなっており、村に住んでいる伯母パウラは高齢のため、姉妹は隣に住むアグスティナに伯母の様子を見てもらうように頼んでいた。ライムンダが家に戻ると、夫パコが仕事を解雇され飲んだくれていた。ライムンダは生活を支えるために必死になって働くが、ある日ライムンダが仕事を終えると、パウラの様子がおかしく、問いつめても口を濁すばかり。そして家に着くと、そこには物言わぬ姿となったパコがいた。ライムンダの仕事中、酔ったパコがパウラを襲おうとし、パウラは抵抗して包丁で刺し殺してしまったのだった。ライムンダは娘を守るため、パコの死体を始末する決意をするが、そこへソーレから電話があり、伯母パウラが亡くなったと言う。ライムンダは家を離れられず、ソーレ1人でラ・マンチャへ向かうが、ソーレは、3年前に亡くなったはずの母イレネの姿を見たという村人の話を耳にする―――――


ペドロ・アルモドバルの新作 ドキドキハート
トーク・トゥ・ハー」でハマりまして、「バッド・エデュケーション」はイマイチ合わなかったものの。。。今回はカンヌで出演女優6人全員が主演女優賞を獲ったということもあって、期待してました
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ペドロ・アルモドバル ペネロペ・クルス カルメン・マウラ ロラ・ドゥエニャス ブランカ・ポルティージョ ヨアンナ・コボ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
海を飛ぶ夢 
2005年09月18日 (日) | EDIT |
海を飛ぶ夢海を飛ぶ夢/MAR ADENTRO
2004年/スペイン/125分
監督: アレハンドロ・アメナーバル
出演: ハビエル・バルデム/ベレン・ルエダ/ロラ・ドゥエニャス
公開: 2005年04月16日

ラモン・サンペドロは25歳の夏、岩場から引き潮の海へダイブし、首の骨を骨折し、以来寝たきりの生活となる。26年目の冬、彼は自由を掴むために尊厳死を望んだ。しかし四肢麻痺であるラモンが尊厳死を望むということは、他人の手を借りるということ、つまり手を貸した人は自殺幇助罪に問われてしまう。ラモンは尊厳死を法的に支援する団体に助けを求め、尊厳死を認めさせる裁判を起こす。弁護士として紹介された女性、フリアもまた進行性の不治の病に冒されており、2人は死を通して強く引かれあう。工場勤務のロサは、ラモンのインタビューをテレビで見て、ラモンの意思を翻させるために彼の元を訪れる。ラモンを愛し、共に死のうとするフリア。ラモンを愛し、生きて欲しいと願うロサ。ラモンを愛し、彼の意思を尊重して見守る義姉マヌエラと父ホアキン。ラモンを愛し、死ぬことは絶対にまかりならんと怒る兄ホセ。死の意味もわからず、ただラモンを慕う甥ハビ。法律はラモンの訴えを退ける。共に旅立とうと約束したフリアもその意思を翻した。絶望するラモンにロサは言う。「手を貸して欲しい?私は理解したわ。あなたの言った“僕を本当に愛する人は、僕を死なせてくれる人”という意味を」ラモンが「旅立ち」を決め、ロサの元へ行く日がやってきた。黙って息子を失う悲しみに耐えている父。最後まで尊厳死に反対するホセ。涙を堪えて笑いかけようとするマヌエラ。ラモンは家族に別れを告げ、車に乗り込む。ハビは、ラモンの乗った車をいつまでも追いかけた…


非常に重い話でした。尊厳死って難しい問題だよね…わたしがラモンと同じ状態になったら、同じように死を望むだろうと思う。ラモンに対して「生きろ」とは言えない。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:アレハンドロ・アメナーバル ハビエル・バルデム ベレン・ルエダ ロラ・ドゥエニャス 第77回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。