fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ロン・リヴィングストン
きみがぼくを見つけた日 
2009年10月31日 (土) | EDIT |
 池袋東急にて鑑賞
きみがぼくを見つけた日きみがぼくを見つけた日/THE TIME TRAVELER'S WIFE
2009年/アメリカ/110分
監督: ロベルト・シュヴェンケ
出演: エリック・バナ/レイチェル・マクアダムス/アーリス・ハワード/ロン・リヴィングストン/スティーヴン・トボロウスキー
公式サイト
公開: 2009年10月24日


ヘンリー・デタンブルは、6歳のクリスマスに母親アネットと交通事故に遭い、その時の衝撃でタイム・トラベルしてしまう。それ以降、ヘンリーはタイム・トラベルを繰り返しながら成長していくが、ある日、クレア・アブシャーと言う女性と出会う。クレアとは初対面であるはずだったが、クレアはヘンリーのことをタイム・トラベルのことも含めて知っていた。クレアが6歳の時、ヘンリーがタイム・トラベルでクレアの家の裏庭にやって来たことで出会い、以来クレアはたまに訪れるヘンリーに恋してきたと言う。ヘンリーはクレアと恋に落ち、2人は結婚する。しかし、ヘンリーの時と場所と期間を選ばないタイム・トラベルにより、クレアはヘンリーを待つだけの人生に耐えられなくなってくる…


これ、まったく観る気はなかったんですが、「エスター」と同じく券をもらったので行って来ました。というか、これぐらいしか観るものがなかったの。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ロベルト・シュヴェンケ エリック・バナ レイチェル・マクアダムス アーリス・ハワード ロン・リヴィングストン スティーヴン・トボロウスキー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。