fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ヴァレリア・ゴリノ
湖のほとりで 
2009年09月05日 (土) | EDIT |
 銀座テアトルシネマにて鑑賞
湖のほとりで湖のほとりで/LA RAGAZZA DEL LAGO
2007年/イタリア/95分
監督: アンドレア・モライヨーリ
出演: トニ・セルヴィッロ/ヴァレリア・ゴリノ/オメロ・アントヌッティ/ファブリツィオ・ジフーニ/ネッロ・マーシャ
公開: 2009年07月18日
公式サイト


北イタリアの湖のほとりにある小さな田舎の村で、6歳の少女マルタが行方不明となる。通報を受け、サンツィオ刑事は村に駆けつけるが、マルタは無事に保護されていた。マルタは村に住む知的障害者、マリオに誘われ、彼の家に行っていたのだった。マリオの家からの帰り道、マリオとマルタは湖のほとりであるものを見かけており、サンツィオと相棒のアルフレードが向かうと、そこには村の娘、アンナ・ナダルの遺体が横たえられていた。状況からアンナは他殺と判断されるが、苦悶の表情がなかったことから顔見知りの犯行だと推理したサンツィオは、アンナの周辺の聞き込みにあたる。アンナの恋人、父親、義姉、ベビーシッター先の家族からの聴取を通して、アンナが隠していた意外な秘密を突き止める―――――


イタリアのアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で、史上最多の10部門を受賞したとか。そのせいなのか、サイトを見てもいつも混雑しているようだったので、こりゃあいつ行けるかなあと思っていたんだけど、ちょうど平日休みが取れたのでチャレンジ。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:アンドレア・モライヨーリ トニ・セルヴィッロ ヴァレリア・ゴリノ オメロ・アントヌッティ ファブリツィオ・ジフーニ ネッロ・マーシャ ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
レインマン 
2007年07月03日 (火) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
レインマンレインマン/RAIN MAN
1988年/アメリカ/134分
監督: バリー・レヴィンソン
出演: ダスティン・ホフマン/トム・クルーズ/ヴァレリア・ゴリノ

ロスに済む中古車ディーラー、チャーリー・バビットは、従業員で恋人のスザンナとの旅行の途中で、長い間音信不通であった父親が亡くなったことを知らされる。チャーリーの会社は自転車操業であるため、チャーリーは父親の財産目当てで父親の住んでいたシンシナティへ向かう。そこで父親の遺言が明かされるが、チャーリーには車1台と庭の薔薇の木のみが遺され、300万ドルはある受取人に譲られるというものだった。チャーリーはショックを受け、父親の管財人であるブルナー医師を訪ね、受益者の正体を聞き出そうとするが断られる。ところがブルナー医師の勤務する病院で出会った男が、実は今まで隠されていた自分の兄レイモンドだと知る。レイモンドは重度の自閉症であったため、病院に入れられており、チャーリーはその存在を知ることもなかったのだった。300万ドルがレイモンドのものになると知ったチャーリーは、遺産を自分のものにするためにレイモンドを誘拐同然に病院から連れ出してしまう―――――


実はこれも初見です。
しかし20年前かー。ダスティン・ホフマンも若いけど、トムも若い!! ぴちぴちしてるぅ
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:バリー・レヴィンソン ダスティン・ホフマン トム・クルーズ ヴァレリア・ゴリノ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2006年12月28日 (木) | EDIT |
 銀座テアトルシネマにて鑑賞
あるいは裏切りという名の犬あるいは裏切りという名の犬/36 QUAI DES ORFEVRES
2004年/フランス/110分
監督: オリヴィエ・マルシャル
出演: ダニエル・オートゥイユ/ジェラール・ドパルデュー/アンドレ・デュソリエ/ヴァレリア・ゴリノ/ロシュディ・ゼム
公式サイト
公開: 2006年12月16日


パリ警視庁のレオ・ヴリンクスとドニ・クラン。かつて2人は親友同士だったが、同じ1人の女性カミーユを愛し、彼女がレオを選んだことから友情は決裂。レオが束ねる探索出動班(BRI)とドニが束ねる強盗鎮圧班(BRB)も対立を深めており、また近々異動する予定の警視庁長官の後釜をめぐってライバル同士となっていた。そんな中、パリでは現金輸送車が強盗団に襲われる事件が頻発していた。レオは服役中の情報屋ユゴー・シリアンが特別外泊となった夜、呼び出されて「30分だけ自分と一緒にいて欲しい」と頼まれる。しかしシリアンは自分を密告し刑務所に送り込んだ相手マルキュス・ゼルビブを撃ち殺し、レオは強盗団の情報を教えるかわりにアリバイを証言して欲しいとシリアンに脅される。自分がアリバイ作りに利用されたと激怒するレオだったが、脅しに屈し、アリバイを証言するはめになる。そしてシリアンの情報を元に強盗団を追いつめ捕らえようとするが、レオの指示を無視したドニが単独で強盗団に近付き、それと気付いた強盗団と銃撃戦が始まり、その結果レオの相棒エディが撃ち殺され、強盗団も取り逃がしてしまう。BRIの仲間たちはドニに対して反発運動を起こし、ドニは調査委員会にかけられる。そんな時、ドニの元に、ゼルビブ殺人事件の現場に居合わせた女から、現場にレオが居合わせたという情報が寄せられる。追いつめられていたドニはそのことを調査部に密告、レオは捕らえられ、投獄されてしまう―――――


前々から気になっていたこの映画。タイトルも素敵と思っていたのですが、主役2人がオヤジってのがたまらんでしょー(笑)
水曜日だったせいもあるだろうけど、激混みでした。これから観に行く方は要注意。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:オリヴィエ・マルシャル ダニエル・オートゥイユ ジェラール・ドパルデュー アンドレ・デュソリエ ヴァレリア・ゴリノ ロシュディ・ゼム 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。