fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ヴァージニア・マドセン
ナンバー23 
2007年11月15日 (木) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
ナンバー23ナンバー23/THE NUMBER 23
2007年/アメリカ/99分
監督: ジョエル・シューマカー
出演: ジム・キャリー/ヴァージニア・マドセン/ローガン・ラーマン/ダニー・ヒューストン/リン・コリンズ
公開: 2007年11月23日
公式サイト

動物管理センターに勤めるウォルター・スパロウは、2月3日の自身の誕生日に、妻のアガサから古本をプレゼントされる。「ナンバー23」というその小説は、フィンガリングという男が書いた自伝のような形を取っていた。フィンガリングは探偵で、職業こそ違えどその生い立ちに自分との共通点を見出したウォルターは次第に小説にのめりこんでいく。
自殺しようとしている女がいると通報を受けたフィンガリングは、自殺を止めるために、彼女の話を聞くことにする。そのブロンドの女は23という数字に異常なほどに捕らわれており、「23に呪われていた父が自殺し、その呪いが自分に取り憑いたのだ」と言う。フィンガリングが部屋を出た途端彼女は自殺してしまい、フィンガリング自身も23という数字に捕らわれていく。フィンガリングの精神状態は徐々に壊れていき、恋人ファブリツィアの浮気現場を目撃した彼は、ファブリツィアを殺してしまう。
そしてウォルターも小説にのめりこむあまりに、いつしか23という数字に取り憑かれていく―――――


何度も書いてますが、ジム・キャリーが苦手なのでびみょーだなーと思ってはいたんですが、話はまぁ面白そうなのでどうしようかなと迷っていました。試写会が当たって、ラッキーでした。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:ジョエル・シューマカー ジム・キャリー ヴァージニア・マドセン ローガン・ラーマン ダニー・ヒューストン リン・コリンズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ファイヤーウォール 
2007年05月04日 (金) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
ファイヤーウォールファイヤーウォール/FIREWALL
2006年/アメリカ/106分
監督: リチャード・ロンクレイン
出演: ハリソン・フォード/ポール・ベタニー/ヴァージニア・マドセン/メアリー・リン・ライスカブ/ロバート・パトリック
公式サイト

ランドロック・パシフィック銀行のセキュリティを担当しているジャック・スタンフィールドは、建築家の妻ベスと娘サラ、息子アンディーと暮らしていた。ランドロック・パシフィック銀行では、大手のアキュウェスト銀行との合併が迫っており、ジャックとアキュウェスト銀行の幹部ゲイリー・ミッチェルとは行き違いがあった。そのため、ジャックは友人のハリーから起業家のビル・コックスという男を紹介され、独立を勧められるが、ジャックは返事を濁す。その帰り、ジャックの車に突然乗り込んできたビルは、ジャックの家族は手のうちにあると脅しをかける。その頃、ジャックの家にはビルの仲間数人が家に押し入り、家族の身柄を拘束していた。ビルは、ランドロック・パシフィック銀行の高額預金者1万人からそれぞれ1万ドルづつ引き出させ、自分の口座に振り込ませるという銀行強盗を企んでいた。ところが、銀行の合併のせいで、ビルの計画が容易には行かないことが判明し、ビルはジャックにサーバーへの侵入方法を考え出すように命令する。家族を人質に取られ、ジャックは何とか打開策を練るが―――――


これ、劇場で観ようかどうしようか迷って、結局観なかったんだよね。他に観たいものを優先していたら、観逃したというか。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:リチャード・ロンクレイン ハリソン・フォード ポール・ベタニー ヴァージニア・マドセン メアリー・リン・ライスカブ ロバート・パトリック ジミー・ベネット 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
サイドウェイ 
2006年07月07日 (金) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
サイドウェイサイドウェイ/SIDEWAYS
2004年/アメリカ、ハンガリー/130分
監督: アレクサンダー・ペイン
出演: ポール・ジアマッティ/トーマス・ヘイデン・チャーチ/ヴァージニア・マドセン/サンドラ・オー
公式サイト

作家を目指すバツイチの英語教師マイルスは、親友のジャックが1週間後に結婚するため、カリフォルニアのワイナリー巡りの旅に出る。ジャックは、結婚前に最後の女遊びとばかりにナンパのことしか頭にない。マイルスの行きつけのバーのウェイトレス、マヤとその友だちステファニーと飲むことになり、ジャックとステファニーはいい感じに。ジャックからマヤをモノにしろと言われるものの、前妻ヴィクトリアに未練たっぷりのマイルスはどうも気乗りしない。しかし、ヴィクトリアの再婚を知ったマイルスは、やけになってマヤとの関係に一歩踏み出そうとするが、あっさりかわされる。マヤの人柄に触れるうちに、次第に彼女に引かれていくマイルス。そしてマヤと結ばれたマイルスは、つい口が滑ってジャックの結婚のことをばらしてしまう。マヤは怒り、ジャックは怒り狂ったステファニーに殴られて大怪我をする。それでもめげないジャックは相変わらずナンパを繰り返すが、マヤと連絡が取れなくなったマイルスは、マヤの存在の大きさを実感する―――――


第77回米アカデミー賞脚色賞を受賞しています。ノミニーは作品賞、助演男優賞、助演女優賞、監督賞と脚色賞の5つ。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:アレクサンダー・ペイン ポール・ジアマッティ トーマス・ヘイデン・チャーチ ヴァージニア・マドセン サンドラ・オー 第77回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。