週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ヴラド・イヴァノフ
エリザのために 
2017年02月27日 (月) | EDIT |
 新宿シネマカリテにて鑑賞
エリザのためにエリザのために/BACALAUREAT
2016年/ルーマニア、フランス、ベルギー/128分
監督: クリスティアン・ムンジウ
出演: アドリアン・ティティエニ/マリア・ドラグシ/ヴラド・イヴァノフ
公式サイト
公開: 2017年01月28日

警察病院の医師ロメオ・アルデアは、ある朝、いつものように娘のエリザを学校へ送っていくが、ロメオは学校の向いの交差点でエリザを降ろして愛人サンドラの元へと急ぐ。2人が逢瀬を楽しんでいる時、エリザが車を降りて学校へ向かうまでのほんのわずかな距離で暴漢に襲われたという連絡が入る。レイプには至らなかったものの、エリザのショックは大きく、翌日に行われる、イギリスへ奨学生としての留学がかかった最終試験で実力を発揮できなさそうな状態になっていた。ルーマニアという国に希望を持てないロメオは、何としてもエリザを試験に受からせてイギリスへと留学させ、娘の未来を拓きたいと強く願っていた。ロメオは、何としても娘を留学させるべく、学校や友人の警察署長イヴァノフなどを通じて働きかけを行うが―――――


予告で面白そうと思って観たいなと思っていたのですが、これ、カンヌで監督賞を獲っていたんですねえ。カンヌは個人的に結構地雷なので(笑)、どうかとは思ったのですが、終わり際にやっと行けました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:クリスティアン・ムンジウ アドリアン・ティティエニ マリア・ドラグシ ヴラド・イヴァノフ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
4ヶ月、3週と2日 
2008年03月18日 (火) | EDIT |
 銀座テアトルシネマにて鑑賞
4ヶ月、3週と2日4ヶ月、3週と2日/4 LUNI, 3 SAPTAMANI SI 2 ZILE
2007年/ルーマニア/113分
監督: クリスティアン・ムンジウ
出演: アナマリア・マリンカ/ローラ・ヴァシリウ/ヴラド・イヴァノフ/アレクサンドル・ポトチェアン
公式サイト
公開: 2008年03月01日

1987年のある冬の日。ルーマニアの大学生オティリアは、恋人のアディから金を借り、ルームメイトのガビツァがその夜に予約してあるホテルに向かう。ところが手違いで予約が成立しておらず、オティリアはやむなく高めのホテルを予約し、ガビツァに連絡を入れると、ガビツァは自分の代わりに、ベベという男と会って欲しいという。オティリアは文句を言いながらもベベと会い、予約してあるホテルへ向かう。その部屋ではガビツァが待っていた。ガビツァは望まない妊娠をしてしまい、中絶手術が違法となっているルーマニアでは闇の中絶医を探すしかなく、オティリアは体調の良くないガビツァの代わりにホテルを押さえ、闇で中絶をしてくれるというベベを迎えにいったのだった。最初に言っていたホテルと違うことや本人ではなく別人が自分を迎えに来たことなどで、怒って帰ろうとしたベベに、ガビツァが申し出たことは―――――


ルーマニアの映画なんてあまり観たことなかったんだけど、カンヌでパルムドールを獲得したということで、気になっていたこの作品。やっと観にいけましたー
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:クリスティアン・ムンジウ アナマリア・マリンカ ローラ・ヴァシリウ ヴラド・イヴァノフ アレクサンドル・ポトチェアン 第60回カンヌ国際映画祭 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。