fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 中村義洋
2015年11月01日 (日) | EDIT |
 第28回東京国際映画祭にて鑑賞
残穢【ざんえ】 ―住んではいけない部屋―残穢【ざんえ】 ―住んではいけない部屋―
2015年/日本/107分
監督: 中村義洋
出演: 竹内結子/橋本愛/佐々木蔵之介/坂口健太郎/滝藤賢一
公式サイト
公開: 2016年01月30日

小説家の私は、読者投稿を元にしたホラー短編を連載しているが、2012年05月、久保さんという都内の女子大生から、1人暮らしを始めたマンションの1室に何かいる気配があり、畳をひっかくような奇妙な音がするという手紙が届く。その後、彼女から着物の帯のようなものを見たという続報を受けてやり取りをするうちに、私は何か引っかかるものを感じ、過去に届いた体験談の手紙を探すと、久保さんと同じマンションの別の階の住民から、似たような内容の手紙が見つかる。私は久保さんと連絡を取り合い、マンションが建っている土地の過去を探っていくが…


TIFFコンペティション2作目でーす。Jホラー久しぶり。原作未読です。
こちらは上映終了後に、プロデューサーのお2人によるQ&Aがありました。
2015TIFF-02

左から、プロデューサーの池田史嗣氏と永田芳弘氏。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:東京国際映画祭
GENRE:映画
TAG:中村義洋 竹内結子 橋本愛 佐々木蔵之介 坂口健太郎 滝藤賢一 第28回東京国際映画祭 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
白ゆき姫殺人事件 
2014年04月28日 (月) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
白ゆき姫殺人事件白ゆき姫殺人事件
2014年/日本/126分
監督: 中村義洋
出演: 井上真央/綾野剛/菜々緒/金子ノブアキ/小野恵令奈
公式サイト
公開: 2014年03月29日

長野県にある国定公園“しぐれ谷”で、日の出化粧品の社員、三木典子が全身をめった刺しにされた後に火をつけられた焼死体として発見された。テレビ局の下請製作会社の契約社員、赤星雄治の元に、元恋人の狩野里沙子から、殺された典子は同じ会社の先輩だという連絡が入り、犯人は、典子の同期である城野美姫だと主張する。地味で目立たない存在の美姫は、美しく人気のある典子を妬んでいた様子で、しかも美姫は事件の翌日から会社を休んでおり、行方知れずとなっていると言う。赤星は、里沙子や里沙子の同期である満島栄美にインタビューをし、会社でケーキや典子の文房具が盗まれるなどの盗難事件が起こっており、その犯人も美姫と目されることや、美姫は上司の篠山聡史と付き合っていたようだということを聞きこむ。そして篠山にもインタビューをしたところ、篠山は美姫とは付き合っておらず、実際に付き合っていたのは典子だったと証言する。日の出化粧品のヒット商品が“白ゆき石鹸”であり、典子が派手な美人だったことから、ネット上では“白ゆき姫殺人事件”として騒がれ始めていた。これを自身がのし上がるチャンスととらえた赤星は、仮名ではあるが美姫を最有力容疑者とするVTRを作り上げる。インタビュー画像を許可なく使われたことに怒った里沙子が赤星に抗議し、ネット上で美姫の苗字を出したことから、美姫を犯人と断定するような動きが起こり、ネット上で炎上し始めるが―――――


イヤミスの女王こと湊かなえの原作ということで、絶対観に行こうと思っていました。原作は未読です。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:中村義洋 井上真央 綾野剛 菜々緒 金子ノブアキ 小野恵令奈 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
チーム・バチスタの栄光 
2011年03月19日 (土) | EDIT |
 TBSにて鑑賞
チーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光
2008年/日本/120分
監督: 中村義洋
出演: 竹内結子/阿部寛/吉川晃司/池内博之/玉山鉄二

東城大学医学部付属病院心療内科の医師、田口公子はある日、高階院長から呼び出され、バチスタ手術の第一人者である臓器統御外科の桐生恭一が3回連続失敗しており、単なる事故か、医療ミスか、あるいは故意に事故が起こされているのか、その原因を探るよう依頼される。田口は、桐生とチームを組む第一助手の垣谷雄次、第二助手の酒井利樹、麻酔医の氷室貢一郎、臨床工学士の羽場貴之、看護師の大友直美の事情聴取を行うが、桐生の義理の弟でもある病理医の鳴海涼は、これは殺人だと推測していた。そして次のバチスタ手術は成功するが、院長の知り合いだという厚労省の役人、白鳥圭輔が調査のために乗り込んでくる。一連の事故を殺人だと断定する白鳥は強引な調査を始め、田口はそれに振り回されるが―――――


そもそも田口が女になっている時点で既に観る気がしなくって  たまたまテレビでやっていたのでね。去年ですけど。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:TVで見た映画
GENRE:映画
TAG:中村義洋 竹内結子 阿部寛 吉川晃司 池内博之 玉山鉄二 原作:海堂尊 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ちょんまげぷりん 
2010年09月12日 (日) | EDIT |
 シネ・リーブル池袋にて鑑賞
ちょんまげぷりんちょんまげぷりん
2010年/日本/108分
監督: 中村義洋
出演: 錦戸亮/ともさかりえ/今野浩喜/佐藤仁美/鈴木福
公開: 2010年07月31日
公式サイト

シングルマザーの遊佐ひろ子は、5歳の息子友也と慌しい毎日を過ごしていたが、ある日、侍の格好をした男と出会う。真剣で脅されたひろ子は、やむを得ず男を家に招きいれるが、男は木島安兵衛と名乗り、言動が江戸時代の侍そのもの、話を聞くと、江戸時代からタイムスリップしてきたようにしか思えなかった。そう思い込んでいるだけだと思ったひろ子は、安兵衛に警察に行くように諭すものの、事故に遭いそうになった友也を助けてもらったこともあり、行くところがない安兵衛を家に置くことに。居候の恩義にと家事一切を引き受ける安兵衛は、次第に家事に才能を発揮していき、ひろ子は家のことを気にせずに仕事に打ち込めるようになり、奇妙な同居生活は順調に過ぎていった。しかし、安兵衛が菓子づくりに才能があるとわかり、有名店でパティシエとして働くようになると、次第に歯車は狂っていく―――――


ちょんまげぷりん、ってタイトルがふざけているじゃないですか。別に錦戸亮のファンでもないし、観る気もなかったんだけど、Movie Walkerで結構評価がいいようだったので、観に行ってみました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:中村義洋 錦戸亮 ともさかりえ 今野浩喜 佐藤仁美 鈴木福 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。