fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 中村蒼
ハラがコレなんで 
2011年12月23日 (金) | EDIT |
 シネクイントにて鑑賞
ハラがコレなんでハラがコレなんで
2011年/日本/109分
監督: 石井裕也
出演: 仲里依紗/中村蒼/石橋凌/稲川実代子/並樹史朗
公開: 2011年11月05日
公式サイト

「粋か粋じゃないか」で物事を判断し、“いい風”が吹いたら流れにのる、空に浮かぶ雲のように生きてきた原光子。流れに乗ってアメリカ人の子供を妊娠したが捨てられてしまい、1人で子供を産もうとしていた光子は、住んでいたアパートを引き払い、子供の頃に暮らしていた長屋へやってくる。開発の波から取り残された長屋では、人々が昔ながらの助け合った生活をしており、光子の考え方のルーツはここにあった。足を痛めて寝たきりとなっている長屋の大家、重田清の家に居候し、ここで子供を産むことを決めた光子は、幼馴染の児玉陽一が伯父の次郎と営む寂れたレストランを見て、レストランのテコ入れを始める。自分の状況を顧みず人のことに一生懸命になる光子を見て、15年間彼女を忘れられずにいた陽一は、ますます思いを募らせていく。陽一と次郎は、寝たきりの清の面倒をずっと見続けてきたが、次郎は15年に渡って、近所の喫茶店“べる”のママに片思いしていた。ママも次郎を憎からず思っていたが、清の面倒を見るために結婚はしないと決めている次郎は、ママに思いを伝えられずにいた。そんな時、ママが店をたたんで故郷へ帰ることになり、その話を聞いた光子はひと肌脱ぐことにするが―――――


あぜ道のダンディ」がどうかって感じだったので、どうしようかと思ったのですが…終映前に滑り込みで観てきました。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:石井裕也 仲里依紗 中村蒼 石橋凌 稲川実代子 並樹史朗 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
大奥 
2010年10月18日 (月) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
大奥大奥
2010年/日本/116分
監督: 金子文紀
出演: 二宮和也/柴咲コウ/堀北真希/大倉忠義/中村蒼
公開: 2010年10月01日
公式サイト

時は江戸、正徳の世。男、とりわけ若い男のみが罹る、治療法のない謎の伝染病“赤面疱瘡”が日本中で流行り、男の数は激減、男女比は1:4にまで均衡が崩れていた。いまや世の中の経済や政さえも女が担っており、女将軍が誕生、男女逆転の世となっていた。正徳5年(1715年)、貧乏旗本・水野家の息子、祐之進は、実家を救うため、そして幼馴染である薬問屋の娘、お信への身分違いの想いを諦めるため、第7代将軍家継の大奥へ奉公にあがることを決心する。そこでは、3000人とも言われる美男たちが女将軍に仕え、寵愛を勝ち取り出世の道を拓こうと鎬を削る凄まじい世界だった。古参の虐めを受けながらも、大奥総取締、藤波に目をかけられ、持ち前の才覚をもって出世していく水野だったが―――――


最近多いなー漫画の映画化。これも原作は読んだことありません。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:金子文紀 二宮和也 柴咲コウ 堀北真希 大倉忠義 中村蒼 阿部サダヲ 佐々木蔵之介 玉木宏 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。