fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 京極夏彦
覘き小平次 
2006年10月30日 (月) | EDIT |
覘き小平次覘き小平次
著  者: 京極夏彦
出版年: 2005年
出版社: C★NOVELS/中央公論新社

幽霊役を演らせたら天下一品と言われる役者、木幡小平次。女房のお塚は、いつも押入の隙間から外を覗いている小平次を気味悪く思い、嫌っていた。ある日、小平次の昔からの知り合い、渡りの鼓打ちである多九郎がやってきて、玉川座の立女形、玉川歌仙が小平次の幽霊役に惚れ込み、玉川座が奥州で行う興行にお呼びがかかったと言う。小平次は玉川座の興行に同行することになり、多九郎も共に奥州へ興行に向かう。
小平次、多九郎、家族を殺された過去を持つ歌仙、歌仙が命の恩人と崇めているが実はお尋ね者の動木運平(とどろきうんぺい)、運平の周りをうろつく大百姓の息子藤六(とうろく)、人殺しの(やまい)を持つと公言する坊主現西(げんさい)、そうとは知らずに一同が奥州に集まった時、事件は起きる―――――


京極堂シリーズは購入しているのですが、それ以外は専ら図書館。以前は、京極の本って棚に並んでいることはなかったんだけど(予約でいっぱいってことね)、今はふつーに並んでますね。ブームは去ったのか。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:京極夏彦
GENRE:小説・文学
TAG:京極夏彦 「巷説百物語」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。