fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 伊武雅刀
2007年02月21日 (水) | EDIT |
 池袋HUMAXシネマズ4にて鑑賞
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式バブルへGO!! タイムマシンはドラム式
2006年/日本/116分
監督: 馬場康夫
出演: 阿部寛/広末涼子/吹石一恵/伊武雅刀/薬師丸ひろ子
公式サイト
公開: 2007年02月10日

2007年、日本。バブル崩壊からすでに17年、しかし相変わらず日本の経済は破綻の危機に瀕していた。キャバクラで働く田中真弓の元に、母親、真理子が事故で亡くなったと連絡が届く。おまけに付き合っていた男が借金200万を残して消えてしまったため、借金取りは真弓のところへ取り立てにやってきていた。そんな真弓の前に、真理子の大学時代の同期で財務省大臣官房経済政策課に勤める下川路という男が現れる。下川路は真弓に、実は真理子は死んでいないと言う。真理子は家電製品の開発をしていたが、その過程で偶然タイムマシンを作り出してしまい、下川路はタイムマシンを利用して、1990年に出された通達「不動産取引融資規制」を廃案にし、バブル崩壊をくい止めようとする計画を立てていた。真理子はバブル景気のまっただ中、1990年へタイムスリップしたが、何かのトラブルが起き行方不明になってしまったのだった。真弓は借金取りから逃れるために、下川路の依頼を受けて真理子を探しにタイムマシンに乗り込み、1990年へタイムスリップする。果たして真弓は真理子を無事見付け、バブル崩壊をくい止めることが出来るのか!?


migさんのオススメに従い、バブルへGO!!してきました
バブル絶頂期は学生だったので恩恵はほとんど受けてないけど、すごい時代だったねえ…。あの頃の写真なんて見られませんよホント。ボディコンは着てませんが、髪の毛はしっかりソバージュかけてトサカ作ってますから(苦笑)
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:馬場康夫 阿部寛 広末涼子 吹石一恵 伊武雅刀 薬師丸ひろ子 ラモス瑠偉 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ゆれる 
2006年07月31日 (月) | EDIT |
 新宿武蔵野館にて鑑賞
ゆれるゆれる
2006年/日本/119分
監督: 西川美和
出演: オダギリジョー/香川照之/伊武雅刀/新井浩文/真木よう子
公式サイト
公開: 2006年07月08日


東京でカメラマンとして自由奔放に生きる弟、猛。地元で父親とガソリンスタンドを経営する温厚な兄、稔。まるで正反対の2人だが、兄弟の母親の一周忌で久々に顔を合わせ、2人は昔のように仲良く語らう。猛は幼なじみの川端智恵子が、稔の経営するガソリンスタンドでアルバイトをしていることを知る。そして兄がひそかに彼女に思いを寄せていることも。智恵子を家に送る途中で、猛は彼女と関係を結ぶ。翌日、3人は、兄弟の思い出の地である蓮美渓谷に向かう。子供のようにはしゃぐ稔。それを見ながら、智恵子は猛に付いて東京へ行きたいということを匂わせるが、猛はそれをはぐらかし、2人から離れて吊り橋を渡り、向こう岸へ行ってしまう。猛を追って智恵子と稔は吊り橋を渡るが、高いところが苦手な稔は智恵子にしがみつく。智恵子は思わず稔を振り払い、もみ合っているうちに智恵子は吊り橋から落ちて死んでしまう。いったんは事故として片付けられたものの、稔は「自分が智恵子を殺した」と言い、逮捕される。稔は智恵子を殺したのか? それとも不幸な事故か? 猛は稔を助けようと奔走するが、お互いに今まで目を背けてきた内面が顕わになり―――――


隣に座ったおばさんが何か食べながら観ていて、何かとビニールの音をがさがさがさがささせるので参った。。。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:西川美和 オダギリジョー 香川照之 伊武雅刀 新井浩文 真木よう子 木村祐一 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。