FC2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 内野聖陽
海難1890 
2015年12月28日 (月) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
海難1890海難1890
2015年/日本、トルコ/132分
監督: 田中光敏
出演: 内野聖陽/ケナン・エジェ/忽那汐里/アリジャン・ユジェソイ/小澤征悦
公式サイト
公開: 2015年12月05日

1899年07月14日、オスマン帝国のフリゲート艦エトゥールル号は、皇帝アブデュルハミト2世の親書を持ち、オスマン・パシャ提督以下618名の乗組員を乗せ、大日本帝国に向けてイスタンブールを出港する。11か月の航海を経て、エルトゥールル号は横浜へと到着する。そして1890年09月15日、横浜港を経ちオスマン帝国への帰路で台風に遭ったエルトゥールル号は、和歌山県沖で遭難する。沈没を回避しようとしたものの力及ばず、機関室担当のムスタファ大尉は、べキール兵曹から、爆発する恐れが高いため艦内に避難を促すことを託される。ムスタファは艦内を走るが、その時爆発が起きる。和歌山県の紀伊大島にある樫野村でその爆発音を耳にした村民たちは、慌てて海岸へとやってくる。そこには次々と打ち上げられる人の姿があった。田村元貞医師を始めとする村民たちは、必死で彼らを助けようと奔走するが、618名のうち生き残ったのはわずか69名だった。ムスタファは生き残った自分を責め続けていたが、田村の診療所を手伝うハルの献身的な介護や船員たちを必死で救ってくれた村の人たちの真心を感じ、次第に心を開いていく。
そして95年の時が経ち、1985年、イラン・イラク戦争の停戦条約が破られ、テヘランはミサイル攻撃を受けていた。フセイン大統領は、48時間後にテヘラン上空を飛ぶ飛行機への無差別攻撃を宣言し、テヘラン在留日本人たちはイランを出国しようとするが、どこの航空会社も自国民を出国させることで精一杯で、日本人にはチケットを売ってくれずにいた―――――


積極的に観る気はなかったのですが、yahoo!映画でも評価がいいし、ちょっと時間があったので、急遽鑑賞決定。観客はおっさん4人とわたしだけでした(笑)
映画の冒頭で、トルコ大統領のメッセージが流れました。日本・トルコ友好125周年なんですって。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:田中光敏 内野聖陽 ケナン・エジェ 忽那汐里 アリジャン・ユジェソイ 小澤征悦 竹中直人 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
罪の余白 
2015年08月21日 (金) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
罪の余白罪の余白
2015年/日本/120分
監督: 大塚祐吉
出演: 内野聖陽/吉本実憂/谷村美月/堀部圭亮/利重剛
公式サイト
公開: 2015年10月03日

大学で行動心理学の教鞭を執る安藤聡は、妻を病で亡くして以来、ミッション系の女子高に通う娘の加奈と2人で暮らしていた。ある日、加奈が学校で事故に遭ったという知らせを受け、安藤は病院へ駆けつけるが、加奈はそのまま亡くなってしまう。加奈は教室のベランダの手すりに上り、クラスメイトたちが見ている前で突然落ちたという。事故とも自殺とも取れ、心理学を教える身でありながら、一番身近な娘の気持ちがわからなかったと安藤は自分を責め続け、酒に溺れるようになる。ある日、加奈のクラスメイトだという笹川七緒という少女が、加奈に手を合わせたいと自宅を訪ねてくる。安藤は七緒と話すうちに、パソコンに保存されていた加奈の日記を見つけ出し、その中に木場咲、新海真帆という2人のクラスメイトの名前を見出す。加奈は2人と親しくしていたが、ある日突然陰湿ないじめを受けるようになり、徐々に追いつめられていく様が記されていた。安藤は、咲と真帆に加奈の死の真相を問いただそうと、学校の文化祭へ出向いて七緒を呼び出すが、現れたのは別人だった。困惑した安藤は、訝しげな七緒に、咲と真帆の居場所を教えて欲しいと頼む。七緒が指さした先にいたのは、七緒を名乗って安藤の自宅にやってきた少女だった―――――


煽りを読む限り「渇き。」と似たようなカンジ?と思いながら何となく応募した試写会が当たりまして、行ってきました~  原作は未読です。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:大塚祐吉 内野聖陽 吉本実憂 谷村美月 堀部圭亮 利重剛 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
悪夢のエレベーター 
2009年10月22日 (木) | EDIT |
 シネ・リーブル池袋にて鑑賞
悪夢のエレベーター悪夢のエレベーター
2009年/日本/105分
監督: 堀部圭亮
出演: 内野聖陽/佐津川愛美/モト冬樹/斎藤工
公式サイト
公開: 2009年10月10日


サラリーマンの小川順は、あるマンションのエレベーター中で目を覚ます。同じエレベーターに乗り合わせていたヤクザと思しき風貌の富永悦太郎と、ジョギングに向かう途中だと言う牧原静夫によると、順が乗り込んできてから突然エレベーターが急降下し、順はひっくり返って卒倒していたと言う。エレベーターは止まったままで非常ボタンも通じず、唯一順が持っていた携帯電話も電池切れ、外と連絡を取る術はなく、完全に閉じ込められてしまっていた。妊娠中の妻、麻由美から陣痛を起こしていると連絡があり、彼女のもとへ急ぐ途中だった順は、何とか外へ出ようと、エレベーターに乗り合わせていたもう1人、何を聞いても黙ったままのゴスロリファッションの女性、カオルに事情を訴えて携帯電話を借りようとするが、カオルは携帯電話を捨てたとつぶやく。彼女は自殺するために、この辺りで一番高いマンションにやってきたと言うのだ。順と富永、牧原、カオルは、それぞれ人に話せない事情があってこのエレベーターに乗っていることがわかり―――――


堀部圭亮と言えば、わたしのイメージとしてはK2なんだけど(古っ)、その彼が初めてメガホンを取ったというこの作品。チラシを見て面白そうだなーと思っていたので、行って来ましたー
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:堀部圭亮 内野聖陽 佐津川愛美 モト冬樹 斎藤工 大堀こういち 木下半太 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
黒い家 
2009年05月25日 (月) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
黒い家黒い家
1999年/日本/118分
監督: 森田芳光
出演: 内野聖陽/大竹しのぶ/西村雅彦/小林薫/桂憲一

昭和生命北陸支社のサラリーマン、若槻慎二は、「自殺すると保険金は下りるの?」という問い合わせの電話を受ける。自殺して家族に保険金を遺そうとしていると思った若槻は、自殺を思いとどまるように説得する。そして数日後、自分を名指ししてきた菰田という客の家を訪ねる。その家の主、重徳に招き入れられた若槻は、期せずして、菰田家の息子、和也の首吊り自殺死体の第一発見者となってしまう。本社の査定が入っている間、重徳は連日若槻のところを訪れ、保険金の支払を要求する。重徳は実は自分の指を切り落とし保険金を取る“指狩族”と言われる常習者であることがわかり、重徳の様子に不審な点を感じた若槻は、独自に調査を始めるが―――――


原作を読んだのはかなり前なんだけど(貴志祐介大好き ハート なのです)、映画化が決まってキャスティングを聞いた時、幸子が大竹しのぶ? 違うだろ~~ (;・∀・) と思ったのを覚えている。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:森田芳光 内野聖陽 大竹しのぶ 西村雅彦 小林薫 桂憲一 原作:貴志祐介 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。