fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 吉岡秀隆
博士の愛した数式 
2008年09月02日 (火) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
博士の愛した数式博士の愛した数式
2005年/日本/117分
監督: 小泉堯史
出演: 寺尾聰/深津絵里/齋藤隆成/吉岡秀隆/浅丘ルリ子
公式サイト

ルートというあだ名を持つ数学の教師は、新学期、自分のあだなの由来を生徒たちに話し始める。
シングルマザーだったルートの母・杏子は、家政婦をしながらルートを育てていた。ある日、杏子が家政婦紹介所から斡旋されていった先は、未亡人の住む大きな屋敷だった。未亡人から、杏子が面倒をみるのは屋敷の離れに住む未亡人の義弟であること、義弟は将来を嘱望されていた数学者だったが、10年前に遭った交通事故により現在は80分しか記憶が持たないこと、義弟が起こした問題は離れで解決し、母屋に持ち込まないことを言い渡す。記憶が80分しか持たず、語ることはすべて数学に結びつける彼に戸惑いながらも、杏子は徐々に馴染んで行き、やがて彼のことを“博士”と呼ぶようになる。杏子に10歳の息子がおり、1人で母親の帰りを待っていることを知った博士は、息子も連れてくるように言う。息子に会った博士はその頭の形から“ルート”というあだ名をつけ、3人は優しく暖かな時間を過ごすが…


あんまりキャスティングに魅力を感じなかったので、劇場では観なかった作品。結構評価はいいみたいなので、観てみました。
しかし、ホント溜まりすぎ。これだって、いつ録画したんだって感じだよ。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:小泉堯史 寺尾聰 深津絵里 齋藤隆成 吉岡秀隆 浅丘ルリ子 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ALWAYS 三丁目の夕日 
2005年11月16日 (水) | EDIT |
ALWAYS 三丁目の夕日ALWAYS 三丁目の夕日
2005年/日本/133分
監督: 山崎貴
出演: 吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希
公式サイト
公開: 2005年11月05日

昭和33年、春。集団就職で青森から東京へ出てきた星野六子は、就職先である鈴木オートに対して過大な期待を抱いていたため、そのギャップにがっかり。しかも社長・則文の勘違いから自分が雇われたとわかり、大げんかをするが、和解し、則文の妻・トモエややんちゃな息子・一平と共に暮らすうちに、次第になじんでいく。
一方、鈴木オートの向かいで駄菓子屋を営む小説家の茶川竜之介は、純文学で身を立てるために文学賞に応募しては、落選の日々を送っていた。そんなある日、竜之介は酔った勢いで一杯飲み屋のおかみ・ヒロミの知り合いの息子・淳之介を預かることになってしまう…


この映画、全然観る気なかったんだよね。そもそも邦画をあんまり観ないし…。でもあちこちでかなり評判がいいようなので、観てみました。原作の漫画は未見です(ああいう画は受け付けない)。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:山崎貴 吉岡秀隆 堤真一 小雪 堀北真希 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。