fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 堤幸彦
イニシエーション・ラブ 
2015年06月10日 (水) | EDIT |
 シネプレックス新座にて鑑賞
イニシエーション・ラブイニシエーション・ラブ
2015年/日本/110分
監督: 堤幸彦
出演: 松田翔太/前田敦子/木村文乃/三浦貴大/前野朋哉
公式サイト
公開: 2015年05月23日

1987年07月10日、静岡。冴えない大学生の鈴木夕樹は、人数合わせに呼ばれた合コンで、歯科助手の成岡繭子と出会う。繭子に一目惚れした鈴木だったが、女性と付き合ったことがないために積極的になれない。しかし、グループ交際からやがて繭子と2人きりで会うようになった鈴木は、繭子に思いを告白し、彼女と結ばれるが…


原作未読でーす。どうしようかなーと思ったのですが、ついでに観てきました~
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:堤幸彦 松田翔太 前田敦子 木村文乃 三浦貴大 前野朋哉 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2013年12月07日 (土) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
劇場版 SPEC~天~ 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿劇場版 SPEC~天~ 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿
2012年/日本/119分
監督: 堤幸彦
出演: 戸田恵梨香/加瀬亮/福田沙紀/でんでん/岡田浩暉
公式サイト

不可解な事件を扱う、警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係、通称“未詳”の元に、海上を漂うクルーザーからミイラ化した遺体が見つかったとの連絡が入る。当麻紗綾と瀬文焚流は早速事件の捜査を始めるが、捜査中、瀬文のSIT時代の部下であった志村の妹、美鈴から助けを求める電話が入り、美鈴の元に駆けつけた2人の前にいたのは、瀬文の元恋人、青池里子と宮野珠紀だった。CIRO特務班の青池たちは、美鈴が以前手放したDVDの元の持ち主が、クルーザーで見つかった1人だったことから、美鈴がスペックで何かをサイコメトリしたのではないかと推測し、彼女を追っていたのだった。美鈴は何も見ていないと繰り返すが、そんな中、死んだはずの当麻の弟、(ニノマエ)十一こと陽太が当麻の前に現れる。当惑する当麻に(ニノマエ)は、当麻との戦いの後、生き残ってスペックホルダーを次々に殺す“シンプルプラン”を阻止するための組織を形成したこと、そして共に戦うため当麻をスカウトしにきたと言う。当麻はそれを断るが、(ニノマエ)は日本を裏で支配してきたという組織“御前会議”へと乗り込み、そしてやがて人類とスペックホルダーの戦いへと発展していく―――――


結を観ようかどうしようかと思っているけど、その前にまず「天」(と「零」)観とかないとなってことで。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:堤幸彦 戸田恵梨香 加瀬亮 福田沙紀 でんでん 岡田浩暉 伊藤淳史 浅野ゆう子 「SPEC」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2010年10月11日 (月) | EDIT |
 日本テレビにて鑑賞
20世紀少年〈最終章〉 ぼくらの旗20世紀少年〈最終章〉 ぼくらの旗
2009年/日本/155分
監督: 堤幸彦
出演: 唐沢寿明/豊川悦司/常盤貴子/香川照之/平愛梨

死のウィルスが撒かれてから2年経ったともだち暦3年(2017年)、東京の周辺は高い壁を張り巡らされ、容易には侵入できないようになっていた。“ともだち”は世界大統領として君臨し、“しんよげんの書”に基づいて8月20日に人類は滅亡すると予言、ヨシツネは“源氏一派”、カンナはより過激な“氷の女王一派”としてレジスタンス活動を続けており、カンナは8月20日に武装蜂起することを呼びかけていた。マルオは国民的歌手、春波男のマネージャーとなっていたが、情報を元に、ケンヂの姉キリコが身を潜めているというコミュニティを訪ね、ケロヨンとキリコに再会する。壁を乗り越え東京に侵入することに成功したオッチョは、ラジオから流れてくるケンヂの音楽を聴いて、“血のおおみそか”以来行方不明となっているケンヂが生きているのではないかと思い始める。オッチョはユキジたちと死のウィルスを撒き散らすことを阻止するために行動し、カンナは少しでもウィルスから人々を守ろうと、万博公園でコンサートを開くことを思いつく。その頃、やはり生きていたケンヂは矢吹丈と名乗り、東京に入り込むことに成功していた―――――


はい、3部作の最後です。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:TVで見た映画
GENRE:映画
TAG:堤幸彦 唐沢寿明 豊川悦司 常盤貴子 香川照之 平愛梨 「20世紀少年3部作」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2010年09月27日 (月) | EDIT |
 日本テレビにて鑑賞
20世紀少年〈第2章〉 最後の希望20世紀少年〈第2章〉 最後の希望
2008年/日本/139分
監督: 堤幸彦
出演: 豊川悦司/常盤貴子/平愛梨/香川照之/藤木直人

世界を恐怖に落とし入れた“血のおおみそか”から15年―――――。“血のおおみそか”を企てたテロリスト、遠藤ケンヂから日本を救ったとして、“ともだち”は崇め奉られ、そんな中、高校生になったケンヂの姪カンナはケンヂを信じ、テロリストではないと発言をするため、問題児として扱われていた。中国人マフィアが殺される事件が起き、カンナは、その犯人を見たというニューハーフのブリトニーを、ひょんなことから知り合った蝶野刑事とかくまうことになる。しかしブリトニーは殺されてしまい、カンナはクラスメイトの小泉響子と共に、ブリトニーが恐ろしいものを見たという“ともだちランド”へ研修として行くことになる。そこで、ケンヂの仲間のテロリストとして指名手配されているヨシツネと会い、“ともだちランド”に隠された謎を探っていくが―――――


はい、頑張って2作目も観てますよ。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:TVで見た映画
GENRE:映画
TAG:堤幸彦 豊川悦司 常盤貴子 平愛梨 香川照之 藤木直人 木南晴夏 「20世紀少年3部作」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
20世紀少年 
2010年09月20日 (月) | EDIT |
 日本テレビにて鑑賞
20世紀少年20世紀少年
2008年/日本/142分
監督: 堤幸彦
出演: 唐沢寿明/豊川悦司/常盤貴子/香川照之/石塚英彦

1997年、東京。ロック歌手を目指していたケンヂは、夢破れ、失踪した姉キリコの娘カンナの面倒を見ながら親の経営するコンビニを手伝っていた。近所に住む大学教授一家が行方不明になったり、全身の血が抜き取られた不気味な死体が各地で見つかるなど、不審な事件が続く中、開催された同窓会で、“ともだち”が教祖となっているカルト教団のことが話題になる。ともだちの教えが“よげんの書”といい、ケンヂが子供の頃にオッチョたち仲間と秘密基地で作ったものと似通っていたからだった。それは、20世紀の終わり、2000年に悪の組織が謎の疫病を流行らせ世界征服を企み、ケンヂたちがそれを阻止するために立ち上がるというものだった。秘密基地の存在を知る同級生の誰かが“ともだち”なのかと疑うが、時を同じくして、同級生のドンキーが飛び降り自殺をする。ドンキーが残した手紙から、ドンキーは自殺ではなく殺されたのであり、“ともだち”が“よげんの書”を実現しようとしていると知ったケンヂたちは、“ともだち”を倒すために立ち上がるが―――――


原作を読んでいないので、映画化の時点では全く興味がなかったのですが、3部作をまとめてテレビでやるというので、録画してみました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:TVで見た映画
GENRE:映画
TAG:堤幸彦 唐沢寿明 豊川悦司 常盤貴子 香川照之 石塚英彦 「20世紀少年3部作」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
明日の記憶 
2006年05月29日 (月) | EDIT |
 池袋シネマサンシャインにて鑑賞
明日の記憶明日の記憶
2005年/日本/122分
監督: 堤幸彦
出演: 渡辺謙/樋口可南子/坂口憲二/吹石一恵
公式サイト
公開: 2006年05月13日

広告代理店に勤める佐伯雅行は、娘の梨恵が結婚前に妊娠するなどの波乱はあったものの、公私ともに充実した毎日を送っていた。しかし日常生活で、不意に人の名前が思い出せなかったり、打合せの時間を忘れたりすることが重なる。同じ物を何度も買ってきたりする雅行に不安を覚えた妻の枝実子は、医師の診断を受けることを勧める。訪れた病院で、雅行は若年性アルツハイマーとの診断を下される。ショックを受ける雅行。枝実子は、雅行を支えていくことを決意する―――――


アルツハイマーじゃなくても渋谷で迷うわたし。Bunkamuraル・シネマまで、地図が無くては行けません。佐伯が病院で受けるテスト、思わず「えーっと… ? (゜_。) 」と考えてしまったのは、わたしだけじゃないはず。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:堤幸彦 渡辺謙 樋口可南子 坂口憲二 吹石一恵 原作:荻原浩 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
サイレン FORBIDDEN SIREN 
2006年03月08日 (水) | EDIT |
 新宿トーアにて鑑賞
サイレン FORBIDDEN SIRENサイレン FORBIDDEN SIREN
2006年/日本/87分
監督: 堤幸彦
出演: 市川由衣/森本レオ/田中直樹/阿部寛
公式サイト
公開: 2006年02月11日


1976年、夜美(やみ)島で島民の集団失踪が起きる。唯一島に残っていた男は、捜索隊に「サイレンが鳴ったら、外に出てはならない」と狂ったように繰り返すばかりだった。そして事件から29年後。天本由貴は、体の弱い弟、英夫の療養のため、フリーライターの父、真一と愛犬オスメントとで夜美(やみ)島へ引っ越してくる。由貴たちを出迎えたのは、英夫の主治医、南田。彼に家まで送ってもらう間、島の人たちが遠巻きに自分たちを眺めているさまに、由貴は不気味さと居心地の悪さを感じる。そして、由貴は隣に住む里美から、島の注意事項を聞かされる。「サイレンが鳴ったら家の外に出ないこと」。不審に思いながらも頷く由貴。しかしそれからが、異様な事件の始まりだった…


本当は観る気まるっきりなかったんです、この映画。今日「クラッシュ」を観ようと出かけて行ったら立ち見だったので、次回まで時間つぶそうと慌てて調べたら、これぐらいしかちょうどいい時間のがなかったのー
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:堤幸彦 市川由衣 森本レオ 田中直樹 阿部寛 松尾スズキ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。