fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 大沢在昌
毒猿 新宿鮫II 
2008年11月17日 (月) | EDIT |
毒猿 新宿鮫II毒猿 新宿鮫II
著  者: 大沢在昌
出版年: 1991年
出版社: 光文社文庫/光文社


新宿署の刑事・鮫島、通称“新宿鮫”は、台湾人相手の常設賭場の張り込みをしている時に、賭場に出入りする鋭い目つきの男を目に止める。その後、偶然男が花園神社でチンピラに刺される現場に居合わせた鮫島は、男が台湾の刑事、郭栄民であることを知り、郭が“毒猿”と呼ばれる殺し屋を追って日本に来たことを聞く。2人はお互いの刑事としての信念を知って通じ合い、鮫島は郭に協力することを約束する。
一方、歌舞伎町のキャバレー“ローズの泉”で働く奈美は、ウェイターの楊が、自分のせいで店長・亜木に因縁をつけられているのを助けようと、閉店後の店に戻ると、店には楊と亜木の死体があった。殺人を犯したのに冷静な楊を見て只者ではないと悟った奈美だったが、楊を自分のアパートにかくまうことにする―――――


本は読んではいるんだけど、なかなか更新できません…
「新宿鮫」シリーズは全部そうなんだけど、図書館から借りているから、実際に読んでいるのはこの画像の文庫じゃないんだよね~。新しいバージョンの文庫が出ちゃうと、古いのはなくなっちゃうんだよなぁ。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:ハードボイルド
GENRE:小説・文学
TAG:大沢在昌 「新宿鮫」シリーズ 「このミステリーがすごい!」1992年版 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
新宿鮫 
2008年08月12日 (火) | EDIT |
新宿鮫新宿鮫
著  者: 大沢在昌
出版年: 1997年
出版社: 光文社文庫/光文社

新宿署の防犯課に所属する鮫島警部は、若い頃に配属されたある県で、公安がらみの事件で部下の不祥事を暴いたことや、警視庁内部での公安がらみの事件に巻き込まれた経緯から、キャリアでありながら一捜査員として所轄に配置されている変わり者。周りの人間は腫れ物に触るように鮫島と接しており、相棒もなく、そのくせ署内では一番の検挙率を誇り、ヤクザと見れば相手が幹部クラスだろうが構わず噛み付くため、管轄内のヤクザたちからは“新宿鮫”と呼ばれ恐れられていた。
ある日、歌舞伎町で警官を狙った連続殺人事件が起きる。使われた凶器が密造銃だったことから、鮫島は銃の密造を生業としている木津の作った銃によるものと考え、木津の行方を追っていた。鮫島は木津の同級生と接触し、ついに木津の密造“工房”を突き止めることに成功する。しかしそこには、自分を一度逮捕した鮫島を恨む木津の罠が仕掛けられていた―――――


昔、シリーズは一通り読んだんだけど、やっぱり細かいところは忘れてしまうんだよね。で、最新作(と言っても2年前だけど)「狼花」を読む前に、もう一度最初から読み直してみようと思ったのでした。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:ハードボイルド
GENRE:小説・文学
TAG:大沢在昌 「新宿鮫」シリーズ 「このミステリーがすごい!」1991年版 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
悪夢狩り 
2006年05月28日 (日) | EDIT |
悪夢狩り悪夢狩り
著  者: 大沢在昌
出版年: 1997年
出版社: 角川文庫/角川書店

アメリカで、密かに研究が進められていた生物兵器(バイオ・ウェポン)、「ナイトメア90」。それは大脳を刺激し、人間が普段眠らせている、太古からの記憶が詰まったDNAを甦らせ、人間以外の生物に変態することが出来るという薬だった。試作段階であった「ナイトメア90」が、環境保護団体B・S・L(ブルー・スカイ・ラバーズ)に盗まれ、密かに日本に持ち込まれた。そしてその一部が、新種のドラッグとして若者に売られた可能性が高いという。自衛隊の軍事顧問として雇われている牧原は、事態の収拾を図るよう依頼され、渋谷のある高校に教師として潜入する。「ナイトメア90」を買ったと見られる男の元を訪ねると、見たことのない生物が血の海の中に佇んでいた―――――


これは、たまたま図書館で見付けて借りたものですね。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:読書感想文
GENRE:小説・文学
TAG:大沢在昌 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
天使の爪 
2005年12月23日 (金) | EDIT |
天使の爪(上)天使の爪(下)天使の爪
著  者: 大沢在昌
出版年: 2005年
出版社: カッパノベルス/光文社

類い希なる美貌を持つ麻薬取締官、神崎アスカ。実は脳移植手術により、瀕死の状態となった河野明日香刑事の脳を、麻薬組織「クライン」のボスの愛人だった神崎はつみの身体へ移し、新しく生まれ変わった姿だったのだ。このことは警視庁でもトップシークレット扱いとなり、アスカが明日香とはつみだったことは、明日香の相棒であり恋人であった“仁王”こと古芳刑事の他、数人しか知らないことだった。しかし、アスカを手術した医者、コワルスキーがロシアに亡命したことから、唯一の脳移植者であるアスカを狙ってロシア対外情報局(SVR)が暗躍し始める。そしてSVRの命により、コワルスキーが新たに生み出した“(ヴォールク)”という殺人鬼が、同じ脳移植者であるアスカに異常な執着心を示していた…


これは「天使の牙」の続編です。続編が出てるなんて、図書館で、偶然この本を見付けるまで知らなかった。
「天使の牙」は、以前映画化されてますね(映画公式サイト)。観てないけど。
ていうか、仁王が大沢たかお??? (;・∀・) 何か間違っとるのでは…
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:ハードボイルド
GENRE:小説・文学
TAG:大沢在昌 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。