週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 宮崎あおい
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ



※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
怒り 
2016年09月13日 (火) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
怒り怒り
2016年/日本/141分
監督: 李相日
出演: 渡辺謙/森山未來/松山ケンイチ/綾野剛/広瀬すず
公式サイト
公開: 2016年09月17日

八王子で、夫婦の惨殺される事件が起きる。八王子署の南條邦久刑事と北見壮介刑事を始めとする捜査班が動き始め、犯人は山神一也という男だと突き止めたものの、山神の身柄は拘束できなかった。
千葉の漁港で働く槙洋平は、3か月前に家出をした一人娘、愛子が見つかったと知らされ、引き取りに行く。愛子が東京で風俗嬢をしていたことは、狭い町に住む住民に知れ渡っていた。洋平の心配をよそに、愛子は洋平の部下であるよそ者の田代哲也と親しくなっていく。順調に交際を重ねた愛子と田代は一緒に暮らすことになるが、洋平は田代の前歴が不明であることを不安に感じていた。
東京、新宿。サラリーマンの藤田優馬は、ゲイが集まるサウナで大西直人という男と出会う。一夜限りの関係のつもりだったが、優馬は行くところがなさげな直人を自宅に誘う。お互いに惹かれあった2人は、以来、一緒に暮らすようになる。ある日、優馬は直人が知らない女と親しげに話しているところを見かける。優馬は、今更ながら直人の素性を何も知らないことに気付く。
母親と内地から沖縄の離島へ越してきた小宮山泉は、同級生の知念辰哉と無人島に遊びに行く。泉はそこに住みついているバックパッカーの男、田中信吾と知り合い、話をするうちに少しずつ心を開いていく。ある事件がきっかけで泉を傷つけてしまい、苦悩する辰哉に、田中は寄り添い支えていく。辰哉の家が経営する民宿で働き始めた田中だったが、田中の素性を知る者はいない。
そして八王子の事件から1年後、情報を募るためにテレビの公開捜査番組で取り上げられる。整形後の山神の写真を見た洋平、優馬は自分の知っている相手が殺人犯ではないかと疑念を抱く―――――


試写会が当たりまして、行ってきました! 原作未読です。
[READ MORE...]
スポンサーサイト

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:李相日 渡辺謙 森山未來 松山ケンイチ 綾野剛 広瀬すず 妻夫木聡 宮崎あおい 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
神様のカルテ 
2011年10月10日 (月) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞
神様のカルテ神様のカルテ
2011年/日本/128分
監督: 深川栄洋
出演: 櫻井翔/宮崎あおい/要潤/吉瀬美智子/岡田義徳
公開: 2011年08月27日
公式サイト

長野県の本庄病院に勤務する栗原一止は、夏目漱石を愛し、看護師たちに変人と言われながらも腕は確かな若手の内科医。忙しく当直や外来をこなし、愛妻の榛名と同居人たちが待つ家へと帰り着く毎日を過ごしていた。ある日、信濃医大病院へ研修へ行くことになった一止は、本庄病院とは設備も規模も桁違いの信濃医大病院に驚くばかり。外来診療を行った時に、胆のうがんに罹った1人の女性患者、安曇雪乃を診察する。研修を終えた一止が本庄病院に戻った後、外来で安曇が現れる。驚く一止に、安曇は、信濃医大で余命半年を宣告され、手術が出来ないため残りの日々を好きなことをして過ごすように言われたと涙ぐむ。安曇に手術をして欲しいと言われた一止は、彼女を引き受けることに決める。そんな折、一止は信濃医大病院の高山教授に見込まれ、内視鏡セミナーへの誘いを受ける。同僚の砂山から医局行きを勧められ、医者としての将来か、患者のそばに沿った医療か、揺れる一止だが―――――


そんなに興味はなかったのですが、職場の人が褒めていたので、観てみることにしました。
原作は2010年の本屋大賞で2位になったんだとか。未読です。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:深川栄洋 櫻井翔 宮崎あおい 要潤 吉瀬美智子 岡田義徳 加賀まりこ 池脇千鶴 柄本明 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
闇の子供たち 
2008年08月07日 (木) | EDIT |
 シネマライズにて鑑賞
闇の子供たち闇の子供たち
2008年/日本/138分
監督: 阪本順治
出演: 江口洋介/宮崎あおい/妻夫木聡/プラパドン・スワンバーン/プライマー・ラッチャタ
公開 :2008年08月02日
公式サイト


日本新聞社のバンコク駐在記者、南部浩行は、タイで行われている臓器売買の闇ルートを追っていた。情報を得るため、福祉センター“バーンウンアイラック”を訪れると、そこには、“自分探し”のためにタイを訪れ、この福祉センターで子供たちのためのボランティア活動をしている日本人女性、音羽恵子がいた。南部は、臓器提供者の子供は生きたまま臓器を摘出されるという事実をセンターの職員たちに話し、情報提供を依頼する。センターでは、職員たちが読み書きを教えていた少女アランヤーが最近センターに来ないため、心配してアランヤーの自宅を訪ねるが、追い返されてしまう。アランヤーは、幼児売春を行っている売春宿に売られていたのだった。売春宿では、劣悪な環境で子供たちを監禁し客を取らせ、臓器売買の依頼があると健康な子供を提供し、エイズを発症した子は黒いゴミ袋に入れられて捨ててしまうということを行っていた。そんな時、日本人のある家族が、子供の心臓移植をタイで行おうとしているという話を聞いた南部は、恵子と共に帰国し、その家族の元を訪ねて取材を申し込むが…


シネマライズ、結構混んでいました。そんなに話題になってたっけこの映画?と思ってしまったよ。まぁ、都内は上映ここだけだからなあ。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:阪本順治 江口洋介 宮崎あおい 妻夫木聡 プラパドン・スワンバーン プライマー・ラッチャタ 豊原功補 佐藤浩市 鈴木砂羽 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ギミー・ヘブン 
2006年01月25日 (水) | EDIT |
 池袋シネマ・サンシャインにて鑑賞
ギミー・ヘブンギミー・ヘブン
2004年/日本/121分
監督: 松浦徹
出演: 江口洋介/安藤政信/宮崎あおい
公開: 2006年01月14日

インターネット上で盗撮サイトを運営している葉山新介は、1つの刺激を受けると、2つの感覚でそれを受け止める“共感覚”の持ち主。恋人、不由子や仲の良い弟分、貴史と居ても、理解されることのない孤独な思いを抱えていた。ある日、新介のサイトを通じて自室をネット上に公開している女性、下川美紀が失踪し、新介たちが部屋に駆けつけると、ベッドの上に血糊で描かれた奇妙な模様があった。その模様に激しく反応する新介。アンダーグラウンドのサイトで「死の商人」と呼ばれている“ピカソ”という人物の描く絵にそっくりだったのだ。その直後に、美紀は投身自殺をする。新介は、ピカソが係わっているのではと思い始める。そして、河川の排水溝に仕掛けたモニターに女子高生が倒れている画面が映っており、新介と貴史は女子高生を事務所に連れ帰る。彼女は麻里と名乗り、そのまま事務所に同居することになった。実は、麻里は路木という富豪の養女であり、数日前に路木家の主人は何者かに殺されていた。麻里はこれまでで3度、富豪の家に引き取られたものの、その家の主人は不審な死に方をしており、麻里は路木家の事件の後、行方不明と報道されていたのだった―――――


来週からはレイトだけになってしまうので、慌てて観に行ってきました。でも、これって14日公開じゃん。2週間でレイト…? (;・∀・) (←嫌な予感)
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:松浦徹 江口洋介 安藤政信 宮崎あおい 石田ゆり子 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
NANA 
2005年09月21日 (水) | EDIT |
NANANANA
2005年/日本/114分
監督: 大谷健太郎
出演: 中島美嘉/宮崎あおい/成宮寛貴/松田龍平
公式サイト
公開: 2005年09月03日

大崎ナナ、二十歳。バンド“BLACK STONES”のボーカル。一緒にバンドを組んでいた恋人レンは、別のバンド“TRAPNEST”に引き抜かれ、2人は別れることに。自分の歌で生きていく。いつかトラネスを越えてやる。夢を抱いて上京するナナ。
小松奈々、二十歳。1年前、恋人の章司が美大を受けるために上京し、遠距離恋愛に。章司が大学に受かったため、彼を追いかけて上京する奈々。
今まで生きてきた人生も、性格も全く違う2人が、東京へ向かう新幹線の中で偶然出会い、繰り広げる恋と友情の物語。


大人気漫画「NANA」の実写映画化。実は原作本も、しっかり全巻本棚に揃っています、ハイ まったり
正直、映画化と聞いた時には微妙だな~~~~と思っていたのだけど、予告編は結構いいんじゃない?という感じだったので、観てまいりました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:大谷健太郎 中島美嘉 宮崎あおい 成宮寛貴 松田龍平 丸山智己 玉山鉄二 原作:矢沢あい 「NANA」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。