fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 山崎貴
永遠の0 
2014年01月25日 (土) | EDIT |
 新所沢レッツシネパークにて鑑賞
永遠の0永遠の0
2013年/日本/144分
監督: 山崎貴
出演: 岡田准一/三浦春馬/井上真央/濱田岳/新井浩文
公式サイト
公開: 2013年12月21日

2004年。司法浪人中の佐伯健太郎は、母方の祖母である大石松乃の葬儀で、祖父の賢一郎は松乃の2人目の夫であり、自分とは血の繋がりがないことを知る。実の祖父である宮部久蔵は、太平洋戦争で特攻隊として戦死しており、健太郎は、ライターである姉の慶子に引きずられる形で宮部について調べることになる。慶子と2人で宮部の戦友を訪ねるが、皆一様に宮部のことを「海軍一の臆病者だった」と口にする。しかし戦友の1人、井崎は、健太郎と慶子にきちんと伝えなければいけないと、宮部が何故他の人に臆病者と呼ばれたか、常に生への執着を見せた事情と当時のことを語り始める…


元々涙もろいんですが、年を取って更に加速したので、絶対泣けるだろうと思って。タオルを握りしめて (笑)行ってきました。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:山崎貴 岡田准一 三浦春馬 井上真央 濱田岳 新井浩文 夏八木勲 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ALWAYS 三丁目の夕日 
2005年11月16日 (水) | EDIT |
ALWAYS 三丁目の夕日ALWAYS 三丁目の夕日
2005年/日本/133分
監督: 山崎貴
出演: 吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希
公式サイト
公開: 2005年11月05日

昭和33年、春。集団就職で青森から東京へ出てきた星野六子は、就職先である鈴木オートに対して過大な期待を抱いていたため、そのギャップにがっかり。しかも社長・則文の勘違いから自分が雇われたとわかり、大げんかをするが、和解し、則文の妻・トモエややんちゃな息子・一平と共に暮らすうちに、次第になじんでいく。
一方、鈴木オートの向かいで駄菓子屋を営む小説家の茶川竜之介は、純文学で身を立てるために文学賞に応募しては、落選の日々を送っていた。そんなある日、竜之介は酔った勢いで一杯飲み屋のおかみ・ヒロミの知り合いの息子・淳之介を預かることになってしまう…


この映画、全然観る気なかったんだよね。そもそも邦画をあんまり観ないし…。でもあちこちでかなり評判がいいようなので、観てみました。原作の漫画は未見です(ああいう画は受け付けない)。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:山崎貴 吉岡秀隆 堤真一 小雪 堀北真希 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。