fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 木村拓哉
HERO 
2014年04月10日 (木) | EDIT |
 DVDにて鑑賞
HEROHERO
2007年/日本/130分
監督: 鈴木雅之
出演: 木村拓哉/松たか子/大塚寧々/阿部寛/勝村政信

6年ぶりに東京地裁城西支部に戻ってきた久利生公平。世間では、久利生が山口県虹ヶ浦支部に赴任していた時から因縁がある花岡練三郎代議士の贈収賄疑惑について、法務大臣の指揮権発動により強制捜査が中止されたことが大きな話題となっていた。ある日、久利生は、自身の離婚調停にてんやわんやの芝山貢に代わり、傷害致死事件の公判検事を任される。犯人の梅林圭介は既に犯行を認めており、簡単に終わる裁判のはずだった。ところが、初公判で突然梅林は罪状否認、無罪を主張する。そして梅林の弁護には、刑事事件の無罪獲得数日本一の腕を誇る、蒲生一臣弁護士が付いていた。蒲生の冷静な法廷戦術により、久利生は苦境に追いやられてしまう。そんな中、特捜部の黛雄作から呼び出された久利生は、梅林の事件が花岡の贈収賄疑惑に大きく関わっていることを聞かされる―――――


連ドラが再放送されていたのを観て、そういえば劇場版とかあったんだっけ…と思って、他のを借りるついでに借りてきました。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:DVDで見た映画
GENRE:映画
TAG:鈴木雅之 木村拓哉 松たか子 大塚寧々 阿部寛 勝村政信 イ・ビョンホン タモリ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2009年07月04日 (土) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
アイ・カム・ウィズ・ザ・レインアイ・カム・ウィズ・ザ・レイン/I COME WITH THE RAIN
2009年/フランス/114分
監督: トラン・アン・ユン
出演: ジョシュ・ハートネット/木村拓哉/イ・ビョンホン/トラン・ヌー・イェン・ケー/ショーン・ユー
公開: 2009年06月06日
公式サイト

元刑事の私立探偵、クラインは、さる大企業のトップから、家を出てフィリピンにいるらしい息子シタオを探して連れ戻して欲しいと言う依頼を受ける。その後フィリピンから香港へ行ったらしいと言う情報を得たクラインは香港へ飛び、旧知の仲であるメン・ジー刑事の協力を得てシタオを探そうとする。クラインとメン・ジーがス・ドンポというマフィアのボスの自宅近くを通りかかった時、ドンポの部下ミフーがドンポの女リリを人質に、金を奪って車で逃げた現場に居合わせる。追っ手から致命傷を受けたミフーは遺体となって発見されるが、車にはリリはおらず、その近くにはシタオが住んでいたと思われる小屋があった。クラインだけでなく、シタオがリリと共にいると思ったドンポもまたシタオを必死で捜索しはじめるが―――――


終わっちゃうー!ってことで慌てて行って来ました。この映画館では最終日だったんだけど、金曜日の夜の割にはそこそこ入っていたかな。ま、あまり大きくない小屋だったけど。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:トラン・アン・ユン ジョシュ・ハートネット 木村拓哉 イ・ビョンホン トラン・ヌー・イェン・ケー ショーン・ユー イライアス・コティーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ハウルの動く城 
2006年07月21日 (金) | EDIT |
 日本テレビにて鑑賞
ハウルの動く城ハウルの動く城
2004年/日本/119分
監督: 宮崎駿
声の出演: 倍賞千恵子/木村拓哉/美輪明宏/我修院達也/神木隆之介

父親の遺した帽子屋を切り盛りする18歳のソフィーは、ある日、街で絡まれていたところを、魔法使いのハウルに助けられる。その夜、ソフィーは荒地の魔女に呪いをかけられ、90歳の老婆となってしまう。このことを誰にも話すことが出来ずに家を出たソフィーは、動く城と行きあう。そこは、火の悪魔カルシファーとマルクルという少年、そしてハウルの3人が暮らす城だった。咄嗟に掃除婦と名乗ったソフィーは、そのままハウルたちと共同生活を送ることになる。
この国には、戦争が勃発する前の不穏な雰囲気が立ちこめていた。ハウルは国王から戦争に協力するように命令されていたが、実は守りで身の回りを固めていないと落ち着かないほどの臆病者。ハウルに頼まれて、代わりに国王の元を訪ねることになったソフィー。しかし国の守りの魔女サリマンの言い分に違和感を憶えたソフィーは、ハウルは戦争に協力させないと宣言。それからハウルたちは、サリマンに追われるはめに―――――


ハヤオに興味のないわたし。一応「千と千尋の神隠し」までは劇場で観たんだけど、これは全然観る気なくてねー。今日は、たまたまやってたんで。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:TVで見た映画
GENRE:映画
TAG:宮崎駿 倍賞千恵子 木村拓哉 美輪明宏 我修院達也 神木隆之介 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。