fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 江口洋介
闇の子供たち 
2008年08月07日 (木) | EDIT |
 シネマライズにて鑑賞
闇の子供たち闇の子供たち
2008年/日本/138分
監督: 阪本順治
出演: 江口洋介/宮崎あおい/妻夫木聡/プラパドン・スワンバーン/プライマー・ラッチャタ
公開 :2008年08月02日
公式サイト


日本新聞社のバンコク駐在記者、南部浩行は、タイで行われている臓器売買の闇ルートを追っていた。情報を得るため、福祉センター“バーンウンアイラック”を訪れると、そこには、“自分探し”のためにタイを訪れ、この福祉センターで子供たちのためのボランティア活動をしている日本人女性、音羽恵子がいた。南部は、臓器提供者の子供は生きたまま臓器を摘出されるという事実をセンターの職員たちに話し、情報提供を依頼する。センターでは、職員たちが読み書きを教えていた少女アランヤーが最近センターに来ないため、心配してアランヤーの自宅を訪ねるが、追い返されてしまう。アランヤーは、幼児売春を行っている売春宿に売られていたのだった。売春宿では、劣悪な環境で子供たちを監禁し客を取らせ、臓器売買の依頼があると健康な子供を提供し、エイズを発症した子は黒いゴミ袋に入れられて捨ててしまうということを行っていた。そんな時、日本人のある家族が、子供の心臓移植をタイで行おうとしているという話を聞いた南部は、恵子と共に帰国し、その家族の元を訪ねて取材を申し込むが…


シネマライズ、結構混んでいました。そんなに話題になってたっけこの映画?と思ってしまったよ。まぁ、都内は上映ここだけだからなあ。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:阪本順治 江口洋介 宮崎あおい 妻夫木聡 プラパドン・スワンバーン プライマー・ラッチャタ 豊原功補 佐藤浩市 鈴木砂羽 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ギミー・ヘブン 
2006年01月25日 (水) | EDIT |
 池袋シネマ・サンシャインにて鑑賞
ギミー・ヘブンギミー・ヘブン
2004年/日本/121分
監督: 松浦徹
出演: 江口洋介/安藤政信/宮崎あおい
公開: 2006年01月14日

インターネット上で盗撮サイトを運営している葉山新介は、1つの刺激を受けると、2つの感覚でそれを受け止める“共感覚”の持ち主。恋人、不由子や仲の良い弟分、貴史と居ても、理解されることのない孤独な思いを抱えていた。ある日、新介のサイトを通じて自室をネット上に公開している女性、下川美紀が失踪し、新介たちが部屋に駆けつけると、ベッドの上に血糊で描かれた奇妙な模様があった。その模様に激しく反応する新介。アンダーグラウンドのサイトで「死の商人」と呼ばれている“ピカソ”という人物の描く絵にそっくりだったのだ。その直後に、美紀は投身自殺をする。新介は、ピカソが係わっているのではと思い始める。そして、河川の排水溝に仕掛けたモニターに女子高生が倒れている画面が映っており、新介と貴史は女子高生を事務所に連れ帰る。彼女は麻里と名乗り、そのまま事務所に同居することになった。実は、麻里は路木という富豪の養女であり、数日前に路木家の主人は何者かに殺されていた。麻里はこれまでで3度、富豪の家に引き取られたものの、その家の主人は不審な死に方をしており、麻里は路木家の事件の後、行方不明と報道されていたのだった―――――


来週からはレイトだけになってしまうので、慌てて観に行ってきました。でも、これって14日公開じゃん。2週間でレイト…? (;・∀・) (←嫌な予感)
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:松浦徹 江口洋介 安藤政信 宮崎あおい 石田ゆり子 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。