fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 海堂尊
チーム・バチスタの栄光 
2007年07月09日 (月) | EDIT |
チーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光
著  者: 海堂尊
出版年: 2006年
出版社: 宝島社
公式サイト

東城大学医学部付属病院不定愁訴外来の主、田口公平はある日突然、高階病院長から呼び出される。バチスタ手術の第一人者である臓器統御外科の桐生恭一率いる、通称“栄光のチーム・バチスタ”は手術の成功率100%を誇っていたが、このところ立て続けに3例術中死が発生していた。そのため、桐生本人が内部監査を希望していたのだった。しかし病院内の医療事故を調査するリスクマネジメント委員会を発動するとことが大きくなりすぎること、また病院内での人間的なしがらみなどから、高階は田口に予備調査を依頼する。医療ミスなのか、それとも悪意ある誰かの手による殺人なのか―――――田口は高階に押し切られ、これまでの手術の調査と3日後に控えたバチスタ手術の観察をすることになる。田口はチームのメンバー、第一助手の垣谷、第二助手の酒井、麻酔医の氷室、臨床工学士の羽場、看護師の大友の事情聴取を終え、いよいよバチスタ手術の日がやってくる…


何年か前までは、「このミステリーがすごい!」はその年のミステリのランキングをするだけだったのだけど、数年前から、作品を募集し賞を授与するということを始めています。この「このミス大賞」にはあまり興味がなかったんだけど、話題になっていましたので、読んでみることにしました。作者は現役のお医者さんなんだね。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:ミステリ
GENRE:小説・文学
TAG:海堂尊 このミス大賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。