fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 田中泯
祖谷物語―おくのひと― 
2013年10月22日 (火) | EDIT |
 第26回東京国際映画祭にて鑑賞
祖谷物語―おくのひと―祖谷物語―おくのひと―
2013年/日本/169分
監督: 蔦哲一朗
出演: 武田梨奈/田中泯/大西信満/クリストファー・ペレグリーニ/山本圭祐
公式サイト
公開: 2014年02月15日

徳島県西部にある山深い里、祖谷。赤ん坊の頃に事故でただ1人生き残った春菜は、現場を通りかかったお爺に引き取られ、お爺と2人で人里離れた山奥で暮らしていた。2人が暮らす山奥から少し下ったところにある村ではトンネルの建設が進んでおり、そのせいか、最近畑の獣害が多くなってきていた。自然保護のため、トンネル建設反対を訴えるマイケルたちが暮らす家に、東京から工藤という青年がやってくる。ある日、工藤は道に迷い込み、お爺と春菜の家にたどり着く。2人の暮らしに触れた工藤は、手入れのされていない畑を耕し、自給自足の生活を目指しはじめる。一方、高校生になった春菜は、卒業後の進路に悩んでいた。お爺を置いて祖谷を出ていくことは考えもしなかったが、お爺の体調が悪化してくるにつれ、春菜の心に不安が生まれてくる―――――


何故この作品を観ようと思ったのかというと、祖谷へ旅行する予定があるから(笑) 正直、169分という上映時間にビビった のですが、ま、せっかくの機会なので鑑賞。舞台挨拶と、上映終了後に質疑応答がありました。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:東京国際映画祭
GENRE:映画
TAG:蔦哲一朗 武田梨奈 田中泯 大西信満 クリストファー・ペレグリーニ 山本圭祐 第26回東京国際映画祭 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
メゾン・ド・ヒミコ 
2006年01月20日 (金) | EDIT |
 飯田橋ギンレイホールにて鑑賞
メゾン・ド・ヒミコメゾン・ド・ヒミコ
2005年/日本/131分
監督: 犬童一心
出演: オダギリジョー/柴咲コウ/田中泯/西島秀俊
公開: 2005年08月27日
公式サイト

昼は塗装会社の事務、夜はコンビニでバイトをする吉田沙織。借金を抱えている彼女は、風俗でバイトをしようかと就職情報誌を眺める毎日を送っていた。ここのところ、沙織の元には、岸本晴彦と名乗る男から何度も連絡が入る。岸本は、沙織と母を棄てゲイとなった父・照雄の現在の恋人だった。照雄は銀座で“卑弥呼”というゲイバーを経営していたが、今はゲイのための老人ホームを経営しているという。そして照雄=卑弥呼は癌で余命幾ばくもないため、晴彦は沙織と卑弥呼を会わせようと説得していたのだが、父のことが許せない沙織は卑弥呼に会おうとはしなかった。そんなある日、岸本は沙織を訪ね、沙織が金に困っていることを調べて、破格の日給と遺産相続をエサに、毎週日曜日にホームを手伝うことを頼む。沙織はその言葉に釣られ、ホームでアルバイトをすることに。ホームにいる老人たちは個性的なゲイばかり。最初は戸惑い、嫌いながらも、次第に打ち解けていく沙織だったが…


これ、劇場で観ようと思ってたんだけど観逃しちゃってたんだよね。こういう時、飯田橋ギンレイホールみたいな二番館はとっても便利です。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:犬童一心 オダギリジョー 柴咲コウ 田中泯 西島秀俊 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。