fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 石坂浩二
沈まぬ太陽 
2009年10月28日 (水) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
沈まぬ太陽沈まぬ太陽
2009年/日本/202分
監督: 若松節朗
出演: 渡辺謙/三浦友和/松雪泰子/鈴木京香/石坂浩二
公式サイト
公開: 2009年10月24日


日本のナショナル・フラッグ・キャリアである国民航空創立35周年パーティーの日、羽田を飛び立ったNAL123便が群馬県御巣鷹山に墜落、520名もの犠牲者を出す大惨事が起こる。遺族の世話をする遺族係に配属された恩地元は、遺族の嘆きを感じながら、自身の過去を振り返っていた。
1962年、国民航空労働組合の委員長を務めていた恩地は、空の安全を守り抜くために、労組副委員長である行天四郎と共に会社と粘り強く交渉し、要求を勝ち取る。しかしその後、恩地はカラチへの海外勤務という報復人事を受ける。2年間で日本に戻すこと、そして他の組合員には報復人事をしないことを条件にカラチへ向かう恩地。しかし2年後、恩地はテヘランへの異動を命じられ、盟友であった行天は出世と引き換えに組合運動から足を洗っていた。取締役の八馬から、組合活動から手を引くことを条件に日本へ戻すことを提案されるが、仲間を思い応じようとしない恩地に、会社はさらに過酷な道を敷く―――――


原作はかなり前に読みました。ので、詳細は忘れてしまっている状態。でも面白くて一気に読んだ記憶があります。山崎豊子の小説はみんなそんな感じかも。
この小説は映画化するまでに紆余曲折あったらしく、モデルとなった日航が小説や映画化に関して不快感を示していることもあって、かなり話題になっていますね。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:若松節朗 渡辺謙 三浦友和 松雪泰子 鈴木京香 石坂浩二 品川徹 山崎豊子 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
犬神家の一族[2006年版] 
2009年08月17日 (月) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
犬神家の一族犬神家の一族
2006年/日本/135分
監督: 市川崑
出演: 石坂浩二/松嶋菜々子/尾上菊之助/富司純子/松坂慶子
公式サイト

昭和22年、那須の名士であり犬神製薬の創始者である犬神佐兵衛が死の床についていた。佐兵衛には母親を異にする3人の娘、松子、竹子、梅子がおり、彼女らとその家族の関心は犬神家の莫大な財産の行方のみであった。佐兵衛はこの世を去り、犬神家の弁護士を務める古館恭三の部下の若林は犬神家に漂う異様な空気を感じ取り、私立探偵、金田一耕助に調査を依頼する。ころが金田一と会う前に若林は何者かに殺されてしまい、古館から改めて調査を依頼された金田一は、佐兵衛の遺言状公開の場に立ち会うことになる。佐兵衛の遺言状には、犬神家に共に暮らす、佐兵衛の恩人である野々宮大弐の娘、珠世に全財産を譲るとしたためられていた。しかしこれには条件がついており、珠世が、松子の息子である佐清、竹子の息子である佐武、梅子の息子である佐智のうち誰か1人と結婚した場合に珠世とその配偶者に相続されること、そして以前犬神家にいた女給、青沼菊乃とその息子静馬の名前が出てくるに至って、遺族は騒然とする。若林の心配したとおり、犬神家に不穏な空気が漂う中、佐武の無残な遺体が発見される―――――


てな訳で、オリジナルに引き続きリメイク版の鑑賞~
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:市川崑 石坂浩二 松嶋菜々子 尾上菊之助 富司純子 松坂慶子 大滝秀治 原作:横溝正史 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
犬神家の一族[1976年版] 
2009年08月15日 (土) | EDIT |
 NHK-BS2にて鑑賞
犬神家の一族犬神家の一族
1976年/日本/146分
監督: 市川崑
出演: 石坂浩二/高峰三枝子/三条美紀/草笛光子/あおい輝彦

昭和22年、那須の名士であり犬神製薬会社の創始者である犬神佐兵衛が81歳で死亡する。私立探偵、金田一耕助は、犬神家の弁護士を務める古館恭三の部下の若林から調査を依頼され、那須へやってくるが、金田一と会う前に若林は何者かに殺されてしまう。古館から改めて調査を依頼された金田一は、佐兵衛の遺言状公開の場に立ち会うことになる。佐兵衛には母親を異にする3人の娘、松子、竹子、梅子がいるが、佐兵衛の遺言には彼女らの名はなく、佐兵衛の恩人である野々宮大弐の娘、珠世が、松子の息子である佐清、竹子の息子である佐武、梅子の息子である佐智のうち誰か1人と結婚した場合に、珠世とその配偶者に相続されるとあったため、遺族は愕然とする。犬神家の莫大な財産の行方をめぐり不穏な空気が漂う中、佐武の無残な遺体が発見され―――――


横溝にハマって読み漁った時期があって、原作は読んだことがあるんだけど、かなり昔のことなので、スケキヨと青沼静馬というキーワードぐらいしか思いだせん。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:テレビで見た映画
GENRE:映画
TAG:市川崑 石坂浩二 高峰三枝子 三条美紀 草笛光子 あおい輝彦 島田陽子 原作:横溝正史 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。