fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 石塚英彦
20世紀少年 
2010年09月20日 (月) | EDIT |
 日本テレビにて鑑賞
20世紀少年20世紀少年
2008年/日本/142分
監督: 堤幸彦
出演: 唐沢寿明/豊川悦司/常盤貴子/香川照之/石塚英彦

1997年、東京。ロック歌手を目指していたケンヂは、夢破れ、失踪した姉キリコの娘カンナの面倒を見ながら親の経営するコンビニを手伝っていた。近所に住む大学教授一家が行方不明になったり、全身の血が抜き取られた不気味な死体が各地で見つかるなど、不審な事件が続く中、開催された同窓会で、“ともだち”が教祖となっているカルト教団のことが話題になる。ともだちの教えが“よげんの書”といい、ケンヂが子供の頃にオッチョたち仲間と秘密基地で作ったものと似通っていたからだった。それは、20世紀の終わり、2000年に悪の組織が謎の疫病を流行らせ世界征服を企み、ケンヂたちがそれを阻止するために立ち上がるというものだった。秘密基地の存在を知る同級生の誰かが“ともだち”なのかと疑うが、時を同じくして、同級生のドンキーが飛び降り自殺をする。ドンキーが残した手紙から、ドンキーは自殺ではなく殺されたのであり、“ともだち”が“よげんの書”を実現しようとしていると知ったケンヂたちは、“ともだち”を倒すために立ち上がるが―――――


原作を読んでいないので、映画化の時点では全く興味がなかったのですが、3部作をまとめてテレビでやるというので、録画してみました。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:TVで見た映画
GENRE:映画
TAG:堤幸彦 唐沢寿明 豊川悦司 常盤貴子 香川照之 石塚英彦 「20世紀少年3部作」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。