fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 石橋杏奈
ミロクローゼ 
2012年12月22日 (土) | EDIT |
 シネクイントにて鑑賞
ミロクローゼミロクローゼ
2012年/日本/90分
監督: 石橋義正
出演: 山田孝之/マイコ/石橋杏奈/原田美枝子/鈴木清順
公開: 2012年11月24日
公式サイト

地球からちょっと離れたところにある星に住むオブレネリ・ブレネリギャーは、ある日、公園のベンチで美しい女性、偉大なミロクローゼと出会う。彼女に魅せられたオブレネリ・ブレネリギャーは、がしゃらに働いて小さな家を買い、偉大なミロクローゼと一緒に暮らし始める。幸せな日々を送っていたが、徐々に2人はかみ合わなくなっていき、偉大なミロクローゼは家を出て行ってしまう。
青春相談員の熊谷ベッソンは、次から次へと寄せられる青年たちの悩みを一刀両断、恋愛の神と崇められていた。セクシーな女性秘書たちを引き連れて町をドライブしている時、何かを跳ね飛ばすものの、車は気づかずに走り去っていく。
大正町では、片目の浪人、多聞が、妻ユリを探して、町の最大の遊郭“天柘楼”にある賭場を訪れていた。4年前、タモンは花屋で働くユリに一目惚れし、熱烈なアタックを繰り返しユリと結婚するが、暴漢にユリをさらわれ、以来ユリは行方不明となっていた。その後、ユリが遊女となって“天柘楼”にいると聞いた多聞は“天柘楼”に乗り込むが、案内人の雪音は、金のない多聞に賭場を案内する。しかしそこでいかさまに気付いた多聞は、その場でいかさまを暴くが―――――


ぐずぐずしている間に都内での上映終わっちまいましたね。ハハハ。 ('∀`)
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:石橋義正 山田孝之 マイコ 石橋杏奈 原田美枝子 鈴木清順 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
マイ・バック・ページ 
2011年06月09日 (木) | EDIT |
 シネ・リーブル池袋にて鑑賞
マイ・バック・ページマイ・バック・ページ
2011年/日本/141分
監督: 山下敦弘
出演: 妻夫木聡/松山ケンイチ/忽那汐里/石橋杏奈/韓英恵
公開: 2011年05月28日
公式サイト

大学闘争も収束に向かいつつあった1971年、ジャーナリストへの夢を抱いて東都新聞社に入社した沢田雅巳は、希望していた「東都ジャーナル」ではなく「週刊東都」への配属となり、意気消沈していた。ベテラン記者の中平武弘について、精力的に活動家たちのインタビューに赴いていた沢田。そんな中、梅山と名乗る若い男が2人に接触してくる。梅山は4月に武力蜂起すると熱弁するが、どこか胡散臭さを感じた中平は、沢田に深入りしないよう忠告する。しかし沢田は梅山に共感するものを覚え、次第に深みにはまっていく。そして沢田の人生を大きく変えてしまう、朝霞自衛官殺害事件が起こる―――――


妻夫木ファンでも松ケンファンでもないのですが、題材に惹かれて、観てきました。ポイントたまってたし。
実話なんだよね。川本三郎の書いた「マイ・バック・ページ」が原作で、朝霞自衛官殺害事件とその背景を描いています。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:山下敦弘 妻夫木聡 松山ケンイチ 忽那汐里 石橋杏奈 韓英恵 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。