週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 神木隆之介
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ



※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
君の名は。 
2017年01月07日 (土) | EDIT |
 TOHOシネマズ 新宿にて鑑賞
君の名は。君の名は。
2016年/日本/107分
監督: 新海誠
声の出演: 神木隆之介/上白石萌音/長澤まさみ/市原悦子/成田凌
公式サイト
公開: 2016年08月26日

飛騨の小さな町に住み、東京に憧れる女子高生、宮水三葉は、ある日、東京に住む男子高校生になった夢を見る。三葉は単なる夢だと思っていたが、実は東京に住んでいる男子高校生、立花瀧と中身が入れ替わっていたことがわかる。お互いに入れ替わりの事実を知った2人は、元に戻った時に混乱しないよう、行動をお互いのスマホのメモに残すことにする。何度か入れ替わりを経験し、2人は入れ替わってもそれなりに過ごせるようになっていたが、ある日を境に2人の入れ替わりは起こらなくなってしまう。心配になった瀧は、三葉に会いに行こうと思い立つが―――――


これが2016年最後の映画鑑賞でした。元々アニメを観ないし、入れ替わりものはあまり好きではないので、そんなに興味はなかったのですが、話題になっているし、まぁ観ておくのもいいかなと。
[READ MORE...]
スポンサーサイト

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:新海誠 神木隆之介 上白石萌音 長澤まさみ 市原悦子 成田凌 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2016年07月05日 (火) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬTOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ
2016年/日本/125分
監督: 宮藤官九郎
出演: 長瀬智也/神木隆之介/尾野真千子/森川葵/桐谷健太
公式サイト
公開: 2016年06月25日


高校生の関大助は、修学旅行の途中で乗っていたバスが転落事故を起こし、気付いたら目の前に鬼がいて、ここは地獄だと告げられる。キラーKと名乗る鬼は、1週間に一度、地獄農業高校のえんま校長の裁きによって転生する先が決められるが、校長へのアピール次第で人間道への転生も夢ではないと言う。キラーKは、COZYと邪子という鬼とロックバンド“地獄図(ヘルズ)”を組んでおり、現世でバンドをやっていた大助をスカウトする。他のクラスメイトは皆天国行き、たった1名生存者がいると知った大助は、それが思いを寄せる手塚ひろ美ではないかと思い、それを確かめるために人間道への転生を目指して奮闘するが…


クドカンのドラマは好きでちょいちょい観ていますが、映画は初挑戦。長瀬くんの見た目インパクトにやられたのと、時間が合ったので鑑賞。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:宮藤官九郎 長瀬智也 神木隆之介 尾野真千子 森川葵 桐谷健太 皆川猿時 宮沢りえ 古田新太 古舘寛治 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
桐島、部活やめるってよ 
2012年09月12日 (水) | EDIT |
 シネ・リーブル池袋にて鑑賞
桐島、部活やめるってよ桐島、部活やめるってよ
2012年/日本/103分
監督: 吉田大八
出演: 神木隆之介/橋本愛/大後寿々花/東出昌大/清水くるみ
公式サイト
公開: 2012年08月11日


金曜日。映画部の前田は、職員室で泣きだしたバレー部のマネージャーを顧問がなだめているところに居合わせる。そこへ、友弘が、バレー部のキャプテン桐島が部活を辞めたという噂を聞きこんでくる。桐島の親友の宏樹や彼女である梨紗でさえその事実を知らなかった。宏樹や理沙たちは桐島と連絡を取ろうとするが、メールも電話もつながらず、動揺は増すばかり。そしてそれは次第に、桐島とは特に親しい訳ではなかった前田や、宏樹に思いを寄せる吹奏楽部の沢島らにも波及していく―――――


原作はすばる新人賞だっけ。作者が大学生の時に獲ったんだよね。原作は正直全く興味なかったので未読ですが(だいたい、タイトルがどうにも (^_^;) )、映画は何となく観に行ってみました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:吉田大八 神木隆之介 橋本愛 大後寿々花 東出昌大 清水くるみ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ハウルの動く城 
2006年07月21日 (金) | EDIT |
 日本テレビにて鑑賞
ハウルの動く城ハウルの動く城
2004年/日本/119分
監督: 宮崎駿
声の出演: 倍賞千恵子/木村拓哉/美輪明宏/我修院達也/神木隆之介

父親の遺した帽子屋を切り盛りする18歳のソフィーは、ある日、街で絡まれていたところを、魔法使いのハウルに助けられる。その夜、ソフィーは荒地の魔女に呪いをかけられ、90歳の老婆となってしまう。このことを誰にも話すことが出来ずに家を出たソフィーは、動く城と行きあう。そこは、火の悪魔カルシファーとマルクルという少年、そしてハウルの3人が暮らす城だった。咄嗟に掃除婦と名乗ったソフィーは、そのままハウルたちと共同生活を送ることになる。
この国には、戦争が勃発する前の不穏な雰囲気が立ちこめていた。ハウルは国王から戦争に協力するように命令されていたが、実は守りで身の回りを固めていないと落ち着かないほどの臆病者。ハウルに頼まれて、代わりに国王の元を訪ねることになったソフィー。しかし国の守りの魔女サリマンの言い分に違和感を憶えたソフィーは、ハウルは戦争に協力させないと宣言。それからハウルたちは、サリマンに追われるはめに―――――


ハヤオに興味のないわたし。一応「千と千尋の神隠し」までは劇場で観たんだけど、これは全然観る気なくてねー。今日は、たまたまやってたんで。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:TVで見た映画
GENRE:映画
TAG:宮崎駿 倍賞千恵子 木村拓哉 美輪明宏 我修院達也 神木隆之介 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2006年01月17日 (火) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
お父さんのバックドロップお父さんのバックドロップ
2004年/日本/98分
監督: 李闘士男
出演: 宇梶剛士/神木隆之介/南果歩
公式サイト

小学生の下田一雄は、母親を亡くし、父親の牛之助と祖父・松之介と3人で暮らすために、牛之助が昔住んでいた大阪へと引っ越してきた。牛之助は、弱小プロレス団体「新世界プロレス」に所属している中年プロレスラー。一雄はプロレスが大嫌い。巡業のために運動会にも授業参観にも、そして母の死に際にも現れなかった牛之助を許せないでいる。牛之助は会社に説得されてヒールへ転向、一雄は牛之助をますます嫌がり、父子の溝は深まるばかり。しかしある日、空手の世界王者、ロベルト・カーマンという黒人選手が来日し、牛之助は一雄との溝を埋めるために、無謀にもカーマンに挑戦状を叩きつけ、異種格闘技戦を行うことに―――――


おっちゃんが出てるやん!! (´Д⊂グスン
知らなかったよ~~。
なんだよなんだよ、コング桑田さんも出てるんやん…。全然チェックしてませんでした。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:李闘士男 宇梶剛士 神木隆之介 南果歩 コング桑田 原作:中島らも 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。