fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 福士誠治
東京島 
2010年09月25日 (土) | EDIT |
 シネ・リーブル池袋にて鑑賞
東京島東京島
2010年/日本/129分
監督: 篠崎誠
出演: 木村多江/窪塚洋介/福士誠治/柄本佑/木村了
公式サイト
公開: 2010年08月28日


清子は夫の隆と結婚20周年記念に世界一周旅行に行くが、途中で嵐に遭い、ともに無人島に流れ着く。いくら待てども救助が来る気配はなく、途方に暮れた頃、与那国島でのバイトから逃げ出してきたという16人の若いフリーターの男たちが島に漂着する。フリーターたちは島のあちこちに東京の地名を付けて、ここを東京島と呼び始めるが、そんな中、隆が不審な死を遂げる。清子は唯一の女としてちやほやされ、フリーターたちのリーダー、カスカベの女になるが、ワタナベだけはそんな清子を“オバさん”と吐き捨て、カスカベたちと行動を異にし、“トーカイムラ”と名付けられた海岸で過ごしていた。そこへ、新たに6人の中国人密航者たちが漂着、ワタナベは中国人たちと過ごすようになる。しかしカスカベもまた不審な死を遂げ、気落ちする清子に、フリーターたちは清子の新しい夫をくじ引きで決めることにしたと言う。新しい夫として選ばれたのは、東京島に来るまでの記憶を失くしてしまったというGM。暴力的で嫉妬深いカスカベとは違い、優しくて穏やかなGMに清子は癒されていく。ところが、中国人たちが船を作り島を出ようとしているのを見た清子は、思わず船に飛び乗り、中国人たちと島を脱出する―――――


原作未読です。「ダーク」でがっかりしてから桐野夏生読まなくなったなぁ。「顔に降りかかる雨」とか「OUT」とか好きだったんだけど。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:篠崎誠 木村多江 窪塚洋介 福士誠治 柄本佑 木村了 桐野夏生 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。