週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > 窪塚洋介
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


沈黙―サイレンス― 
2017年03月11日 (土) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
沈黙―サイレンス―沈黙―サイレンス―/SILENCE
2016年/アメリカ、イタリア、メキシコ/162分
監督: マーティン・スコセッシ
出演: アンドリュー・ガーフィールド/アダム・ドライヴァー/浅野忠信/キアラン・ハインズ/窪塚洋介
公式サイト
公開: 2017年01月21日

1640年、イエズス会のロドリゴ神父とガルペ神父は、2人の師であるフェレイラ神父が、布教のために渡った日本で厳しい弾圧に遭い棄教したと聞かされる。2人には信じがたく、危険を承知の上でフェレイラ神父を探しに日本へ行くことを教会に願い出る。教会の許可が下り、まずはマカオへやって来た2人は、日本へ密入国する船を探す中、日本での案内役として、現地にいた日本人キチジローを紹介される。そして2人は、キチジローの手引きで、長崎のトモギ村へとたどり着く。トモギ村で多くの隠れキリシタンに出会い、彼らの信仰に触れたロドリゴとガルペは、彼らと過ごしながらフェレイラ神父の情報を集めていた。やがてキリシタン弾圧の波はトモギ村にも押し寄せ、ロドリゴとガルペは二手に分かれてフェレイラ神父の行方を探すことにするが、ロドリゴはキチジローの密告によって長崎奉行の手に囚われてしまう―――――


スコセッシの映画は長いんだよねー…。これも162分だからね。なのでちょっと平日に行くのは躊躇してしまって、ずるずると時間が経っちゃった。
[READ MORE...]
スポンサーサイト

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:マーティン・スコセッシ アンドリュー・ガーフィールド アダム・ドライヴァー 浅野忠信 キアラン・ハインズ 窪塚洋介 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
愛の渦 
2014年04月20日 (日) | EDIT |
 テアトル新宿にて鑑賞
愛の渦愛の渦
2014年/日本/123分
監督: 三浦大輔
出演: 池松壮亮/門脇麦/新井浩文/滝藤賢一/三津谷葉子
公式サイト
公開: 2014年03月01日

午後11時、六本木のとあるマンションの一室に集まった8人の男女。男性2万円、女性千円、カップル5千円の参加料を払って、秘密クラブ“ガンダーラ”が主催する乱交パーティーにやってきた、セックスがしたくてたまらない人たちである。終始うつむいたままの根暗そうなニート、茶髪のフリーター、メガネをかけた真面目そうなサラリーマン、工場勤務の太目の男、可愛らしい今時のOL、二度目の参加だという保育士、顔中ピアスだらけの常連の女、大人しめの女子大生。バスタオル1枚で気まずそうに座っている8人に、店長がルールを説明する。必ずコンドームを付けること。相手を変える時とトイレの後は必ずシャワーを浴びること。女性の意思を尊重し、嫌がることはしないこと。終了時間は午前5時。店長と店員が退場し、8人は部屋に取り残される。ぎこちなく会話を始めた8人は、フリーターとOLが意気投合して組み合わせが決まったことをきっかけに、それぞれ最初の相手が決定する。そして乱交パーティーが始まるが―――――


いやーどうなんだろう?と思っていて、遂に観に行ってしまいました(笑) 最初に行った日は偶然トークショーの開催日で、満席だったためにすごすごと帰宅し、後日再チャレンジしました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:三浦大輔 池松壮亮 門脇麦 新井浩文 滝藤賢一 三津谷葉子 田中哲司 窪塚洋介 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ヒミズ 
2012年01月27日 (金) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
ヒミズヒミズ
2011年/日本/129分
監督: 園子温
出演: 染谷将太/二階堂ふみ/渡辺哲/諏訪太朗/川屋せっちん
公式サイト
公開: 2012年01月14日


母親と2人で貸ボート屋に住んでいる中学生の住田祐一の夢は、普通に暮らして、立派な大人になること。そんな住田に心酔しているクラスメイトの茶沢景子は、住田にうっとおしがられながらも彼の周りをまとわりついていた。貸ボート屋の側に住むホームレスの夜野正造や田村圭太たちとも和やかに過ごしていた住田の生活は、借金を背負い蒸発していた父親が突然現れたことから一変する。父親に金を貸していたサラ金が乗り込んできて借金返済を迫り、母親は住田を捨てて恋人と出て行き、住田は15歳にして天涯孤独の身となってしまう。茶沢は貸ボート屋を勝手に手伝うようになり、住田は茶沢を邪険に扱いながらも、次第に彼女に心を開き始めていた。そんな時、住田の父親が再び現れ、保険金を手に入れるために住田に自殺するように迫り、耐えかねた住田は父親に向かいコンクリートブロックを振り下ろす―――――


恋の罪」でちょっと駄目かも… と思ったので、あまり期待せずに臨みました。原作は未読です。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:園子温 染谷将太 二階堂ふみ 渡辺哲 諏訪太朗 川屋せっちん でんでん 神楽坂恵 窪塚洋介 吉高由里子 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
源氏物語 千年の謎 
2011年12月28日 (水) | EDIT |
 TOHOシネマズ 渋谷にて鑑賞
源氏物語 千年の謎源氏物語 千年の謎
2011年/日本/136分
監督: 鶴橋康夫
出演: 生田斗真/中谷美紀/窪塚洋介/東山紀之/真木よう子
公式サイト
公開: 2011年12月10日

時の権力者、藤原道長は、一条天皇の元に入内している娘、彰子に男子を産ませる野望を抱いていた。道長は、帝を彰子の元に通わせるため、当代一の筆を誇る紫式部に物語の執筆を依頼する。式部は道長をモデルとした若者、光源氏の物語の執筆を始め、物語は帝の心を捉え、また帝以外の人々の心をも魅了し、世の話題となる。帝の寵愛を得た彰子は見事に男子を儲け、道長は式部に物語を止めても良いと告げるが、式部は物語を書き続ける。道長への式部の思いと、物語の中で源氏の君を思う六条御息所の生霊とが同化しはじめ、道長の友人である陰陽師の安倍晴明は不穏な空気を感じ取っていた―――――


かなり恐ろしいことになりそうだと思いつつも(笑)、一応期待はせずに観てきました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:鶴橋康夫 生田斗真 中谷美紀 窪塚洋介 東山紀之 真木よう子 東儀秀樹 田中麗奈 多部未華子 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
東京島 
2010年09月25日 (土) | EDIT |
 シネ・リーブル池袋にて鑑賞
東京島東京島
2010年/日本/129分
監督: 篠崎誠
出演: 木村多江/窪塚洋介/福士誠治/柄本佑/木村了
公式サイト
公開: 2010年08月28日


清子は夫の隆と結婚20周年記念に世界一周旅行に行くが、途中で嵐に遭い、ともに無人島に流れ着く。いくら待てども救助が来る気配はなく、途方に暮れた頃、与那国島でのバイトから逃げ出してきたという16人の若いフリーターの男たちが島に漂着する。フリーターたちは島のあちこちに東京の地名を付けて、ここを東京島と呼び始めるが、そんな中、隆が不審な死を遂げる。清子は唯一の女としてちやほやされ、フリーターたちのリーダー、カスカベの女になるが、ワタナベだけはそんな清子を“オバさん”と吐き捨て、カスカベたちと行動を異にし、“トーカイムラ”と名付けられた海岸で過ごしていた。そこへ、新たに6人の中国人密航者たちが漂着、ワタナベは中国人たちと過ごすようになる。しかしカスカベもまた不審な死を遂げ、気落ちする清子に、フリーターたちは清子の新しい夫をくじ引きで決めることにしたと言う。新しい夫として選ばれたのは、東京島に来るまでの記憶を失くしてしまったというGM。暴力的で嫉妬深いカスカベとは違い、優しくて穏やかなGMに清子は癒されていく。ところが、中国人たちが船を作り島を出ようとしているのを見た清子は、思わず船に飛び乗り、中国人たちと島を脱出する―――――


原作未読です。「ダーク」でがっかりしてから桐野夏生読まなくなったなぁ。「顔に降りかかる雨」とか「OUT」とか好きだったんだけど。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:篠崎誠 木村多江 窪塚洋介 福士誠治 柄本佑 木村了 桐野夏生 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。