fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 第77回米アカデミー賞
サイドウェイ 
2006年07月07日 (金) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
サイドウェイサイドウェイ/SIDEWAYS
2004年/アメリカ、ハンガリー/130分
監督: アレクサンダー・ペイン
出演: ポール・ジアマッティ/トーマス・ヘイデン・チャーチ/ヴァージニア・マドセン/サンドラ・オー
公式サイト

作家を目指すバツイチの英語教師マイルスは、親友のジャックが1週間後に結婚するため、カリフォルニアのワイナリー巡りの旅に出る。ジャックは、結婚前に最後の女遊びとばかりにナンパのことしか頭にない。マイルスの行きつけのバーのウェイトレス、マヤとその友だちステファニーと飲むことになり、ジャックとステファニーはいい感じに。ジャックからマヤをモノにしろと言われるものの、前妻ヴィクトリアに未練たっぷりのマイルスはどうも気乗りしない。しかし、ヴィクトリアの再婚を知ったマイルスは、やけになってマヤとの関係に一歩踏み出そうとするが、あっさりかわされる。マヤの人柄に触れるうちに、次第に彼女に引かれていくマイルス。そしてマヤと結ばれたマイルスは、つい口が滑ってジャックの結婚のことをばらしてしまう。マヤは怒り、ジャックは怒り狂ったステファニーに殴られて大怪我をする。それでもめげないジャックは相変わらずナンパを繰り返すが、マヤと連絡が取れなくなったマイルスは、マヤの存在の大きさを実感する―――――


第77回米アカデミー賞脚色賞を受賞しています。ノミニーは作品賞、助演男優賞、助演女優賞、監督賞と脚色賞の5つ。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:アレクサンダー・ペイン ポール・ジアマッティ トーマス・ヘイデン・チャーチ ヴァージニア・マドセン サンドラ・オー 第77回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
スーパーサイズ・ミー 
2006年03月24日 (金) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
スーパーサイズ・ミースーパーサイズ・ミー/SUPER SIZE ME
2004年/アメリカ/98分
監督: モーガン・スパーロック
出演: モーガン・スパーロック
公式サイト(英語)

2002年、自分たちが肥満になったのはファーストフード店が体に毒であると知っていて食べ物を売ったとして、NYに住む少女2人がマクドナルドを訴えた。結果、原告は肥満の原因がマクドナルドにあると立証出来なかった、しかし宣伝通り毎日マクドナルド食を食べ続けるのは著しく危険だと示すことが出来れば、再提訴が可能だと判事は判断した。そこで、これを知った監督のモーガン・スパーロックは、医師たちのアドバイスを受けつつ、毎日3食マクドナルドで食事を取り、これを30日間続ける“僕を特大サイズにしよう(スーパーサイズ・ミー)”実験を始める。さらに、
  • サイズを聞かれたら、スーパーサイズにする
  • マクドナルド製品以外は禁止
  • 一度は全メニューを食べる
というルールを課す。果たして30日後、モーガンはどうなっているのか?


第77回(2004年)米アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞ノミニーです。
いやしかし、面白いことを考えつく人がいるもんだ。しかも命がけだし…。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:モーガン・スパーロック 第77回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ネバーランド 
2006年02月25日 (土) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
ネバーランドネバーランド/FINDING NEVERLAND
2004年/イギリス、アメリカ/100分
監督: マーク・フォースター
出演: ジョニー・デップ/ケイト・ウィンスレット/ジュリー・クリスティ/ラダ・ミッチェル
公式サイト

1903年、パリ。人気劇作家ジェームズ・マシュー・バリは、ひどいスランプに陥っていた。ある日、ジェームズが公園で犬の散歩をしていると、4人の男の子を連れたシルヴィア・ルウェリン・デイヴィズという女性と出会う。シルヴィアの息子、ジョージ、ジャック、ピーター、マイケルともすっかり打ち解けたジェームズは、夫に先立たれ、女手で息子たちを育てているシルヴィアに同情し、何くれとデイヴィズ家の面倒を見るようになる。そんな彼の様子は世間の誤解を生み、妻メアリーとの間もぎくしゃくしてしまう。次第に惹かれ合うジェームズとシルヴィア。しかし、シルヴィアの体は病に冒されていた。そしてデイヴィズ家から創作のヒントを得たジェームズは「ピーター・パン」という戯曲を完成させる―――――


データを見たら、第77回(2004年度)の米アカデミー賞で、作品賞・主演男優賞・脚色賞・作曲賞・美術賞・衣裳デザイン賞・編集賞と結構ノミネートされてるのね。実際取ったのは、作曲賞だけだけど。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:マーク・フォースター ジョニー・デップ ケイト・ウィンスレット ジュリー・クリスティ ラダ・ミッチェル 第77回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ヴェラ・ドレイク 
2005年12月17日 (土) | EDIT |
ヴェラ・ドレイクヴェラ・ドレイク/VERA DRAKE
2004年/イギリス、フランス、ニュージーランド/125分
監督: マイク・リー
出演: イメルダ・スタウントン/フィル・デイヴィス/ピーター・ワイト/エイドリアン・スカーボロー
公式サイト
公開: 2005年07月09日


1950年、イギリス。ヴェラ・ドレイクは、夫のスタン、無口で大人しい娘のエセル、明るく社交的な息子のシドと4人で暮らす、平凡な主婦。ヴェラは、家政婦の仕事をしながら、体の調子の良くない近所の人を訪ね歩いていた。しかし、心優しいヴェラには誰にも言えない秘密があった。幼なじみのリリーから、望まない妊娠をした女性を紹介され、違法な堕胎行為を行っていたのだ。中絶手術の費用はとても庶民には払えない額であったため、噂を聞いてリリーを訪ねてくるのだった。ヴェラは女性たちを“助ける”という意識でいるため、悪いことをしているとは思っていなかった。近所に住む男性レジーを食事に招いたことがきっかけで、エセルとレジーはつきあい始め、ついに婚約する。祝いの席でスタンの弟フランクの妻ジョイスが妊娠を告白し、更に祝いムードが高まったその時、ドレイク家のドアが叩かれる。ヴェラが処置をした娘の1人が死にかけて、病院へ運ばれたために、通報を受けた警察がヴェラの元へやってきたのだった…


イメルダ・スタウントンは、この映画で第77回米アカデミー賞の主演女優賞にノミネートされているのね。全然知りませんでした。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:マイク・リー イメルダ・スタウントン フィル・デイヴィス ピーター・ワイト エイドリアン・スカーボロー 第77回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2005年10月26日 (水) | EDIT |
ミリオンダラー・ベイビーミリオンダラー・ベイビー/MILLION DOLLAR BABY
2004年/アメリカ/133分
監督: クリント・イーストウッド
出演: クリント・イーストウッド/ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマン
公式サイト(英語)
公開: 2005年05月28日

ロサンゼルスでボクシング・ジムを営んでいるフランキー・ダンの元へ、ある日やってきた1人の女性。貧しい家庭環境で育ったというマギー・フィッツジェラルドは、弟子入りを志願するが、フランキーは「女性ボクサーを育てる気はない」とすげなく断る。マギーは31歳。年齢的にも既にボクサーとなるには遅すぎる彼女は、これを最後のチャンスと思い、諦めずに黙々と1人でサンドバッグを叩き続ける。やがてフランキーはマギーの熱意に負け、彼女を育てることを引き受ける。フランキーのアドバイスを受けたマギーはめきめきと腕をあげ、快進撃を続けていく。そんな彼女に、フランキーは“モ・クシュラ”というゲール語が刺繍されたガウンをプレゼントする。マギーには“モ・クシュラ”というその言葉の意味はわからなかったが、その言葉は会場にいる多くのアイルランド人の心を捉え、やがてマギーの愛称となった。
そして、ついにチャンピオンの座を狙えるまでに成長したマギー。“青い熊”と呼ばれるチャンピオンと対決したその試合で、思いも寄らぬ悲劇が彼女を待ち受ける…


この作品、第77回米アカデミー作品賞・主演女優・助演男優・監督賞の4部門を受賞しましたね。ヒラリー・スワンクは、あの若さでオスカー2回も受賞してるんだよ。すごいよね~
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:クリント・イーストウッド ヒラリー・スワンク モーガン・フリーマン 第77回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
アビエイター 
2005年10月09日 (日) | EDIT |
アビエイターアビエイター/THE AVIATOR
2004年/アメリカ/169分
監督: マーティン・スコセッシ
出演: レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ブランシェット/ケイト・ベッキンセイル/ジュード・ロウ
公式サイト(英語)
公開: 2005年03月26日

父親が遺した莫大な財産を受け継いだハワード・ヒューズ。彼は前々から夢であった航空アクション映画を制作する。映画「地獄の天使」は大ヒット、彼はハリウッドで一躍有名人となり、ハワードは女優キャサリン・ヘップバーンと恋に落ちる。次々とヒット作を生み出すかたわらで、ハワードはもう一つの夢、世界最速の飛行機を創り出すために航空会社を設立し、次々と世界最速記録を更新する。しかしその一方で、キャサリンとの別れ、ライバル航空会社との戦い、生死の境を彷徨う大事故…栄光の果てにハワードが見たものは?
アメリカの大富豪、ハワード・ヒューズの半生を描いた伝記映画。


この映画は、友だちから試写会に誘われて、公開前に観ました。試写会は公開前に観られる(しかもタダだ)けれど、会場が古いホールであることが多いので、椅子の状態がよろしくないことがほとんどなのよね。映画が長いと、お尻がかなり厳しい… ばってん
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:マーティン・スコセッシ レオナルド・ディカプリオ ケイト・ブランシェット ケイト・ベッキンセイル ジュード・ロウ 第77回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
Ray レイ 
2005年10月08日 (土) | EDIT |
Ray レイRay レイ/RAY
2004年/アメリカ/152分
監督: テイラー・ハックフォード
出演: ジェイミー・フォックス/ケリー・ワシントン/クリフトン・パウエル/ハリー・レニックス
公式サイト(英語)
公開: 2005年01月29日

ジョージア州で生まれたレイ・チャールズ・ロビンソンは、母アレサと弟ジョージの3人で暮らしていた。レイが7歳の時、弟は洗濯桶で溺死、その死はレイのトラウマになる。やがてレイは視力を失い全盲となるが、アレサは「盲目だから駄目だと言わせないで」と言い聞かせ続け、それはレイの心の支えとなる。17歳になったレイはシアトルへ向かい、バンドを組んでステージをこなし、音楽の才能を開花させていく。23歳の時、ゴスペル・シンガーのデラ・ビーと出会ったレイはたちまち恋に落ち、彼女と結婚する。しかし、既に麻薬の味を覚えていたレイは、ますます薬物依存が進んでいき、バック・ボーカルに手を出すなど、女性関係のトラブルも絶えなかった…
“ソウルの神様”レイ・チャールズの生涯を描いた作品。


これは、ジェイミー・フォックスが第77回米アカデミー賞主演男優賞を獲った後に観に行きました。3月だね。たぶんオスカー絡みじゃなければ観なかったと思う。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:テイラー・ハックフォード ジェイミー・フォックス ケリー・ワシントン クリフトン・パウエル ハリー・レニックス レイ・チャールズ 第77回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
海を飛ぶ夢 
2005年09月18日 (日) | EDIT |
海を飛ぶ夢海を飛ぶ夢/MAR ADENTRO
2004年/スペイン/125分
監督: アレハンドロ・アメナーバル
出演: ハビエル・バルデム/ベレン・ルエダ/ロラ・ドゥエニャス
公開: 2005年04月16日

ラモン・サンペドロは25歳の夏、岩場から引き潮の海へダイブし、首の骨を骨折し、以来寝たきりの生活となる。26年目の冬、彼は自由を掴むために尊厳死を望んだ。しかし四肢麻痺であるラモンが尊厳死を望むということは、他人の手を借りるということ、つまり手を貸した人は自殺幇助罪に問われてしまう。ラモンは尊厳死を法的に支援する団体に助けを求め、尊厳死を認めさせる裁判を起こす。弁護士として紹介された女性、フリアもまた進行性の不治の病に冒されており、2人は死を通して強く引かれあう。工場勤務のロサは、ラモンのインタビューをテレビで見て、ラモンの意思を翻させるために彼の元を訪れる。ラモンを愛し、共に死のうとするフリア。ラモンを愛し、生きて欲しいと願うロサ。ラモンを愛し、彼の意思を尊重して見守る義姉マヌエラと父ホアキン。ラモンを愛し、死ぬことは絶対にまかりならんと怒る兄ホセ。死の意味もわからず、ただラモンを慕う甥ハビ。法律はラモンの訴えを退ける。共に旅立とうと約束したフリアもその意思を翻した。絶望するラモンにロサは言う。「手を貸して欲しい?私は理解したわ。あなたの言った“僕を本当に愛する人は、僕を死なせてくれる人”という意味を」ラモンが「旅立ち」を決め、ロサの元へ行く日がやってきた。黙って息子を失う悲しみに耐えている父。最後まで尊厳死に反対するホセ。涙を堪えて笑いかけようとするマヌエラ。ラモンは家族に別れを告げ、車に乗り込む。ハビは、ラモンの乗った車をいつまでも追いかけた…


非常に重い話でした。尊厳死って難しい問題だよね…わたしがラモンと同じ状態になったら、同じように死を望むだろうと思う。ラモンに対して「生きろ」とは言えない。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:アレハンドロ・アメナーバル ハビエル・バルデム ベレン・ルエダ ロラ・ドゥエニャス 第77回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。