週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > 綾野剛
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


怒り 
2016年09月13日 (火) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
怒り怒り
2016年/日本/141分
監督: 李相日
出演: 渡辺謙/森山未來/松山ケンイチ/綾野剛/広瀬すず
公式サイト
公開: 2016年09月17日

八王子で、夫婦の惨殺される事件が起きる。八王子署の南條邦久刑事と北見壮介刑事を始めとする捜査班が動き始め、犯人は山神一也という男だと突き止めたものの、山神の身柄は拘束できなかった。
千葉の漁港で働く槙洋平は、3か月前に家出をした一人娘、愛子が見つかったと知らされ、引き取りに行く。愛子が東京で風俗嬢をしていたことは、狭い町に住む住民に知れ渡っていた。洋平の心配をよそに、愛子は洋平の部下であるよそ者の田代哲也と親しくなっていく。順調に交際を重ねた愛子と田代は一緒に暮らすことになるが、洋平は田代の前歴が不明であることを不安に感じていた。
東京、新宿。サラリーマンの藤田優馬は、ゲイが集まるサウナで大西直人という男と出会う。一夜限りの関係のつもりだったが、優馬は行くところがなさげな直人を自宅に誘う。お互いに惹かれあった2人は、以来、一緒に暮らすようになる。ある日、優馬は直人が知らない女と親しげに話しているところを見かける。優馬は、今更ながら直人の素性を何も知らないことに気付く。
母親と内地から沖縄の離島へ越してきた小宮山泉は、同級生の知念辰哉と無人島に遊びに行く。泉はそこに住みついているバックパッカーの男、田中信吾と知り合い、話をするうちに少しずつ心を開いていく。ある事件がきっかけで泉を傷つけてしまい、苦悩する辰哉に、田中は寄り添い支えていく。辰哉の家が経営する民宿で働き始めた田中だったが、田中の素性を知る者はいない。
そして八王子の事件から1年後、情報を募るためにテレビの公開捜査番組で取り上げられる。整形後の山神の写真を見た洋平、優馬は自分の知っている相手が殺人犯ではないかと疑念を抱く―――――


試写会が当たりまして、行ってきました! 原作未読です。
[READ MORE...]
スポンサーサイト

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:李相日 渡辺謙 森山未來 松山ケンイチ 綾野剛 広瀬すず 妻夫木聡 宮崎あおい 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
64―ロクヨン―後編 
2016年06月28日 (火) | EDIT |
 TOHOシネマズ 新宿にて鑑賞
64―ロクヨン―後編64―ロクヨン―後編
2016年/日本/119分
監督: 瀬々敬久
出演: 佐藤浩市/綾野剛/榮倉奈々/夏川結衣/緒形直人
公式サイト
公開: 2016年06月11日

たった7日間しかなかった昭和64年に起きた群馬県玄武市内で起きた少女誘拐殺人事件、通称ロクヨン。その時効まであと1年となった平成14年12月。事件を鼓舞するために警察庁長官が県警と被害者遺族の雨宮家を視察することになっていたその前日、ロクヨンを模倣した誘拐事件が起きる。県警広報官の三上義信は、捜査一課の御倉から記者クラブと報道協定を結ぶように伝えられるが、その条件として記者クラブに与えるはずの事件の詳細は、捜査一課からは一切明かされなかった。三上はこれでは協定は結べないと食い下がるものの、けんもほろろに扱われる。案の定、記者クラブには怒号の嵐が吹き荒れる。三上は少しでも事件の情報を取るために、かつての上司で現捜査一課長、松岡勝俊がいる玄武署へと出向く。そして松岡の温情で捜査指揮車に乗り込むことに成功した三上は、ロクヨン模倣事件を追うが―――――


前編観ちゃったしなーってことで、後編、行って来ました。前編を観たのは03月ですが、原作読んでるし、ドラマも観てるのでとりあえず復習はせず。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:瀬々敬久 佐藤浩市 綾野剛 榮倉奈々 夏川結衣 緒形直人 永瀬正敏 「64」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
64―ロクヨン―前編 
2016年03月13日 (日) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
64―ロクヨン―前編64―ロクヨン―前編
2016年/日本/121分
監督: 瀬々敬久
出演: 佐藤浩市/綾野剛/榮倉奈々/夏川結衣/緒形直人
公式サイト
公開: 2016年05月07日

昭和64年01月05日。雨宮漬物店の店主である雨宮芳男の娘、翔子が誘拐され、身代金を要求する電話がかかってくる。警察と雨宮は犯人に翻弄されて身代金を奪われた挙句、翔子の遺体発見と言う最悪の結末を迎える。わずか7日間で幕を閉じた昭和64年最後の事件として、通称“ロクヨン”と呼ばれたその事件は、未解決のまま、時効まであと1年に迫っていた。当時、捜査一課の刑事として事件に関わっていた三上義信は、今は県警の広報官として、ある交通事故の加害者の匿名問題を巡り、記者たちと攻防を広げていた。平成14年12月04日。三上は上司である赤間警務部長から、警察庁長官が1週間後に“ロクヨン”の現場と被害者遺族を慰問する予定が組まれており、雨宮の承諾を取るよう命じられる。事件以来、久しぶりに雨宮家を訪ねた三上は、その荒れ具合に愕然とする。三上は雨宮に長官視察を伝えるが、訪問を断られてしまう。記者クラブに長官視察の取材依頼をかけるも、匿名問題のこじれから取材ボイコットを宣言され、三上は追いつめられていくが―――――


完成披露試写会に行ってきました! 誰が登壇するか全然わからなくて、まー主演の佐藤浩市は来るだろうが…と思っていたら、まさかの主要キャスト15人(チラシに載っている人全員よ!)+瀬々監督&原作の横山秀夫という超豪華 な舞台挨拶でした。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:瀬々敬久 佐藤浩市 綾野剛 榮倉奈々 夏川結衣 緒形直人 瑛太 滝藤賢一 「64」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
白ゆき姫殺人事件 
2014年04月28日 (月) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
白ゆき姫殺人事件白ゆき姫殺人事件
2014年/日本/126分
監督: 中村義洋
出演: 井上真央/綾野剛/菜々緒/金子ノブアキ/小野恵令奈
公式サイト
公開: 2014年03月29日

長野県にある国定公園“しぐれ谷”で、日の出化粧品の社員、三木典子が全身をめった刺しにされた後に火をつけられた焼死体として発見された。テレビ局の下請製作会社の契約社員、赤星雄治の元に、元恋人の狩野里沙子から、殺された典子は同じ会社の先輩だという連絡が入り、犯人は、典子の同期である城野美姫だと主張する。地味で目立たない存在の美姫は、美しく人気のある典子を妬んでいた様子で、しかも美姫は事件の翌日から会社を休んでおり、行方知れずとなっていると言う。赤星は、里沙子や里沙子の同期である満島栄美にインタビューをし、会社でケーキや典子の文房具が盗まれるなどの盗難事件が起こっており、その犯人も美姫と目されることや、美姫は上司の篠山聡史と付き合っていたようだということを聞きこむ。そして篠山にもインタビューをしたところ、篠山は美姫とは付き合っておらず、実際に付き合っていたのは典子だったと証言する。日の出化粧品のヒット商品が“白ゆき石鹸”であり、典子が派手な美人だったことから、ネット上では“白ゆき姫殺人事件”として騒がれ始めていた。これを自身がのし上がるチャンスととらえた赤星は、仮名ではあるが美姫を最有力容疑者とするVTRを作り上げる。インタビュー画像を許可なく使われたことに怒った里沙子が赤星に抗議し、ネット上で美姫の苗字を出したことから、美姫を犯人と断定するような動きが起こり、ネット上で炎上し始めるが―――――


イヤミスの女王こと湊かなえの原作ということで、絶対観に行こうと思っていました。原作は未読です。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:中村義洋 井上真央 綾野剛 菜々緒 金子ノブアキ 小野恵令奈 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
夏の終り 
2013年09月02日 (月) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞
夏の終り夏の終り
2012年/日本/114分
監督: 熊切和嘉
出演: 満島ひかり/綾野剛/小林薫
公式サイト
公開: 2013年08月31日

相澤知子が、作家の小杉慎吾と不倫の関係になってから早8年。知子の存在を妻に知らせている小杉は、妻の住む自宅と知子の家で交互と過ごすという奇妙な生活を送っていた。そんなある日、知子は小杉から、留守中に木下涼太という青年が家を訪ねてきたと知らされる。かつて夫と子供を捨て駆け落ちした相手である涼太の出現に、少なからず動揺する知子。そして知子は、小杉と暮らしながらも、再び涼太と関係を持つようになるが―――――


原作は、瀬戸内寂聴が瀬戸内晴美時代に書いた私小説的なものだということですが、未読です。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:熊切和嘉 満島ひかり 綾野剛 小林薫 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
その夜の侍 
2012年12月12日 (水) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞
その夜の侍その夜の侍
2012年/日本/119分
監督: 赤堀雅秋
出演: 堺雅人/山田孝之/綾野剛/高橋努/山田キヌヲ
公開: 2012年11月17日
公式サイト

小さな町工場を経営する中村健一は、5年前に妻の久子をひき逃げ事故で亡くし、以来、義兄の青木順一から再婚を勧められても一切応じず、終始久子の思い出に浸って生きていた。事件の犯人である木島宏は刑期を終えて出所するが、犯した罪を反省しているとは思えぬ野放図な日々を送っていた。そんな木島の元へ「お前を殺して、俺は死ぬ。」という文章と、その決行日が予告された脅迫状が送り付けられる。それでも木島は普段と変わらず、やりたい放題で過ごしていたが、毎日届く脅迫状にいら立ちを隠せずにいた。そして決行日、久子の命日である08月10日が訪れる―――――


侍というから、最初は時代劇だと思っていて観る気がなかったのですが、妻を殺された男の復讐劇と聞いて俄然興味がわきまして、行ってきました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:赤堀雅秋 堺雅人 山田孝之 綾野剛 高橋努 山田キヌヲ 安藤サクラ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
あぜ道のダンディ 
2011年07月27日 (水) | EDIT |
 テアトル新宿にて鑑賞
あぜ道のダンディあぜ道のダンディ
2010年/日本/110分
監督: 石井裕也
出演: 光石研/森岡龍/吉永淳/山本ひかる/染谷将太
公開: 2011年06月18日
公式サイト

運送会社で働く宮田淳一は、妻の美穂を胃癌で亡くし、男手一つで2人の子供を育てていた。しかし、多感な年頃である浪人生の息子、俊也と高校3年生の娘、桃子は父親と口も利こうとせず、淳一は幼馴染の親友、真田を相手に愚痴を言いながら日々暮らしていた。最近胃の調子が悪く、美穂が亡くなった時と状況が同じだと感じた淳一は、自分が胃癌ではないかと思い、真田を巻き込みつつ、子供たちと向き合うことを決意するが―――――


なかなか時間が合わなくて、先週滑り込みで行ってきました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:石井裕也 光石研 森岡龍 吉永淳 山本ひかる 染谷将太 田口トモロヲ 藤原竜也 綾野剛 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。