fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 羽住英一郎
劇場版 MOZU 
2015年11月08日 (日) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
劇場版 MOZU劇場版 MOZU
2015年/日本/116分
監督: 羽住英一郎
出演: 西島秀俊/香川照之/真木よう子/池松壮亮/伊藤淳史
公式サイト
公開: 2015年11月07日

妻子が死んだ謎を追っていた警視庁公安部の倉木尚武警部。捜査一課の大杉良太警部補と公安部の明星美希巡査部長と共に警察内部の闇を暴き出したが、倉木の妻子の死の真相と、“ダルマ”と呼ばれる都市伝説のような存在の謎は解けずに残っていた。
ある日、高層ビルで起こった立てこもり事件と同時刻、倉木は大使館ナンバーの車が襲われているのを目撃し、助けに入るが、乗っていた母親は重傷を負い、知的障害を持つ16歳の娘エレナは行方不明となっていた。大杉は一連の事件の後警察を辞め、探偵事務所を構えていたが、娘めぐみとの待ち合わせの途中で少女を見つける。その少女こそが行方知れずとなっていたエレナだった。大杉はエレナを元同僚の鳴宮啓介巡査長の元に預け、めぐみとの待ち合わせ場所へ向かうが、めぐみは大杉の事務所へ来ており、そこへエレナ奪還を狙ったテログループの権藤剛が現れる。めぐみは拉致されてしまい、大杉は娘と引き換えにエレナを連れてくるよう要求されるが―――――


ドラマは観ていたけれど、金を払ってまで映画を観るかどうか迷っていたんですが、ラッキーなことに試写会が当たりまして。一足早く観られたにもかかわらず、予定がコミコミで公開前にアップ出来ませんでした(泣)
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:羽住英一郎 西島秀俊 香川照之 真木よう子 池松壮亮 伊藤淳史 長谷川博己 松坂桃李 伊勢谷友介 ビートたけし 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
THE LAST MESSAGE 海猿 
2011年12月12日 (月) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
THE LAST MESSAGE 海猿THE LAST MESSAGE 海猿
2010年/日本/129分
監督: 羽住英一郎
出演: 伊藤英明/加藤あい/佐藤隆太/加藤雅也/吹石一恵
公式サイト

福岡玄界灘沖にある天然ガスプラント“レガリア”にドリルシップが激突し火災が発生するという事故が起こる。折しも福岡沖には大型台風が近づいており、台風はレガリアを直撃すると予想されていた。第10管区海上保安本部鹿児島航空基地の海上保安官、仙崎大輔は、バディの吉岡哲也らとともに、レガリアの設計主任、桜木浩一郎を連れてレガリアへ行き、消火活動を行う。技術者たちの救助は順調に進んでいたが、突然レガリアで爆発が起こり、被害を食い止めるため桜木は防火シャッターを下す。仙崎は桜木を連れて出口を探すが、常駐医の西沢夏、作業員の木嶋久米夫、そして第7管区機動救難隊の服部拓也とともにレガリアに閉じ込められてしまう。台風の影響でヘリと船はレガリアに近づけず、仙崎たちは台風が過ぎ去るまでレガリアの中で救助を待つことになるが―――――


一応シリーズを観てしまったので…これで最後だし、WOWOWで(笑) 劇場では確か3Dだったような。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:羽住英一郎 伊藤英明 加藤あい 佐藤隆太 加藤雅也 吹石一恵 石黒賢 香里奈 「海猿」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ワイルド7 
2011年12月01日 (木) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
ワイルド7ワイルド7
2011年/日本/109分
監督: 羽住英一郎
出演: 瑛太/椎名桔平/丸山隆平/阿部力/宇梶剛士
公式サイト
公開: 2011年12月21日


ここ半年の間に、凶悪事件の犯人が偶然事故によって全員死亡すると言う事件が相次いで発生していた。東都新聞の記者、藤堂正志は、これを超法規的存在の特別警察“ワイルド7”が行っていると言い彼らの正体を追っていたが、誰1人それを信じず、後輩の岩下こずえにも呆れられていた。しかし、超法規的存在の特別警察、ワイルド7は実在していた。草波勝警視正によって、元犯罪者ばかりで極秘に組織されたワイルド7は、法で裁けない凶悪犯に鉄槌を下す権利を与えられていた。だが最近、ワイルド7がとどめを刺す前に、バイクを駆る謎のライダーに先に容疑者を殺されることが連続して起きる。広域指定犯罪グループM108号のメンバーが犯人である時に限ってライダーは現れており、ワイルド7の1人である飛葉大陸はライダーを追うがいつも撒かれてしまい、その正体は知れなかった。ある日、飛葉はバイクのライダーに似た背格好の女性、本間ユキと出会い、彼女に強く惹かれていく。そんな中、製薬会社が極秘に研究していた致死率90%のウィルスが盗まれ、2億ドル払わなければ東京にウィルスをばら撒くというバイオテロ事件が予告される。手口からM108号の仕業と思われ、犯人を見つけ出してテロを未然に防ぎ処罰する命令がワイルド7に下されるが――――――


試写会が当たったので観てきました~。ま、1週間ほど前ですけど…なんか最近疲れて寝ちゃって、記事が全く追いつかない… orz
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:羽住英一郎 瑛太 椎名桔平 丸山隆平 阿部力 宇梶剛士 深田恭子 要潤 吉田鋼太郎 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
LIMIT OF LOVE 海猿 
2011年03月08日 (火) | EDIT |
 フジテレビにて鑑賞
LIMIT OF LOVE 海猿LIMIT OF LOVE 海猿
2005年/日本/117分
監督: 羽住英一郎
出演: 伊藤英明/加藤あい/佐藤隆太/大塚寧々/吹越満
公式サイト

海上保安庁の潜水士として鹿児島で勤務する仙崎大輔は、恋人の伊沢環菜との結婚も決まり前途洋洋のはずだったが、結婚に対して躊躇いがあり、環菜に結婚延期を申し出る。そんな時、大型客船くろーばー号が座礁する事故が発生する。積まれた車のガソリンに引火すると爆発の危険があるため、船に乗り込んだ仙崎は、偶然乗り合わせていた環菜と顔をあわせる。環菜に船を降りるように告げ、仙崎は船の下部に向かうが、そこで船に残っていた従業員、本間恵と客の海老原真一を見つけ、2人を連れて船を脱出しようと出口へ向かう。ところが、仙崎を追ってきたバディの吉岡哲也が出口を見失い、4人は船の中に取り残されてしまう―――――


去年、シリーズ一気放送していた時に観ていたんだけど、かなり後回しにしてしまいました。。。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:TVで見た映画
GENRE:映画
TAG:羽住英一郎 伊藤英明 加藤あい 佐藤隆太 大塚寧々 吹越満 「海猿」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
海猿 ウミザル 
2010年10月27日 (水) | EDIT |
 フジテレビにて鑑賞
海猿 ウミザル海猿 ウミザル
2004年/日本/120分
監督: 羽住英一郎
出演: 伊藤英明/加藤あい/海東健/香里奈/伊藤淳史
公式サイト

海上保安官のうちわずか1%の人間しかなれないエリート中のエリート、潜水士。仙崎大輔は、50日間、ここでの厳しい訓練を耐えられた者だけが潜水士になれるという訓練に参加するために、広島の海上保安大学校へやってくる。マスターライセンスを持つ仙崎は、源教官の命により、メンバーの中でも一番落ちこぼれの工藤始とバディーを組むことになる。厳しい訓練の反動か、夜は町の女性をナンパしまくり、本能のままに行動する彼らは、海に生息する猿、通称“海猿”と呼ばれ、町の女性には嫌がられていた。母親の看病のために、東京から実家に戻ってきていた伊沢環菜もそんな女性のうちの1人だった。しかし、酔った勢いで仙崎と夜を共にしてしまい、それ以来仙崎が気になって仕方がない。
他のメンバーに比べて、純粋に人の命を救いたいと潜水士を志願した工藤に共感した仙崎。14名の“海猿”たちは日々の訓練を耐え、互いに励まし合いながら信頼を深めていく―――――


別に伊藤英明のファンでもないし、興味はなかったのですが…テレビでやっていたので、なんとなく(笑)
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:TVで見た映画
GENRE:映画
TAG:羽住英一郎 伊藤英明 加藤あい 海東健 香里奈 伊藤淳史 藤竜也 「海猿」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。