fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 阪本順治
行きずりの街 
2010年12月12日 (日) | EDIT |
 池袋シネマサンシャインにて鑑賞
行きずりの街行きずりの街
2010年/日本/123分
監督: 阪本順治
出演: 仲村トオル/小西真奈美/南沢奈央/菅田俊/佐藤江梨子
公式サイト
公開: 2010年11月20日


丹波篠山で塾講師をしている波多野和郎は、高校卒業を機に上京した教え子、広瀬ゆかりの祖母が危篤状態となり、連絡の取れない彼女を探すために、12年ぶりに東京へ向かう。麻布にあるゆかりのマンションは荒らされており、怪しげな男たちがゆかりの行方を追っていた。ゆかりの元ルームメイト、藤本江理からゆかりがバイトしていた六本木のクラブを聞き出した波多野は、その店で、波多野が以前勤務していた敬愛女学園の父母会長だった池辺忠賢と会う。波多野は教え子の手塚雅子との恋愛を池辺によりスキャンダルにされ、敬愛女学園を辞めざるを得なくなり、自らを責め続けた波多野は雅子とも上手くいかなくなり離婚したのだった。ゆかりを探す中で、今はバーのママをやっている雅子と再会し、波多野は彼女への思いを再確認する―――――


ミステリとのことだったので興味はあったんだけど、上映館が少ないんだよね。出かけた時、たまたま時間が空いたので観てきました。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:阪本順治 仲村トオル 小西真奈美 南沢奈央 菅田俊 佐藤江梨子 石橋蓮司 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
闇の子供たち 
2008年08月07日 (木) | EDIT |
 シネマライズにて鑑賞
闇の子供たち闇の子供たち
2008年/日本/138分
監督: 阪本順治
出演: 江口洋介/宮崎あおい/妻夫木聡/プラパドン・スワンバーン/プライマー・ラッチャタ
公開 :2008年08月02日
公式サイト


日本新聞社のバンコク駐在記者、南部浩行は、タイで行われている臓器売買の闇ルートを追っていた。情報を得るため、福祉センター“バーンウンアイラック”を訪れると、そこには、“自分探し”のためにタイを訪れ、この福祉センターで子供たちのためのボランティア活動をしている日本人女性、音羽恵子がいた。南部は、臓器提供者の子供は生きたまま臓器を摘出されるという事実をセンターの職員たちに話し、情報提供を依頼する。センターでは、職員たちが読み書きを教えていた少女アランヤーが最近センターに来ないため、心配してアランヤーの自宅を訪ねるが、追い返されてしまう。アランヤーは、幼児売春を行っている売春宿に売られていたのだった。売春宿では、劣悪な環境で子供たちを監禁し客を取らせ、臓器売買の依頼があると健康な子供を提供し、エイズを発症した子は黒いゴミ袋に入れられて捨ててしまうということを行っていた。そんな時、日本人のある家族が、子供の心臓移植をタイで行おうとしているという話を聞いた南部は、恵子と共に帰国し、その家族の元を訪ねて取材を申し込むが…


シネマライズ、結構混んでいました。そんなに話題になってたっけこの映画?と思ってしまったよ。まぁ、都内は上映ここだけだからなあ。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:阪本順治 江口洋介 宮崎あおい 妻夫木聡 プラパドン・スワンバーン プライマー・ラッチャタ 豊原功補 佐藤浩市 鈴木砂羽 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。