fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > J.オースティン
自負と偏見 
2006年05月14日 (日) | EDIT |
自負と偏見自負と偏見
著  者: J.オースティン
訳  者: 中野好夫
出版年: 1813年(原書)/1997年(翻訳)
出版社: 新潮文庫/新潮社

18世紀末、イギリスの田舎町。5人の姉妹が居るベネット家の隣に、資産家のビングリーが妹2人と友人のダーシーを伴ってロンドンからやってくる。ベネット夫人が娘たちのどれかをビングリーの元に嫁がせようと躍起になる中、ビングリーは、舞踏会でベネット家の穏和で美しい長女・ジェーンを見て一目惚れ。内気なジェーンもまたビングリーに好意を抱く。快活で誰にでも好かれるビングリーとは反対に、その親友であるダーシーは気むずかし屋で気位が高く、人を寄せ付けない。ベネット家の次女・エリザベスは、ダーシーを「プライドの高い男」と思い、反感を抱く。また、エリザベスは、ダーシーの昔なじみの将校、ウィッカムから、彼がダーシーに受けた仕打ちを聞き、ますますダーシーへの反感を募らせる。ダーシーはエリザベスに好意を持っていたが、プライドの高さゆえに言葉には出せずにいた―――――


01月にこの映画を観たので、原作を借りてみました。普段は英米文学はほとんど読まないし、これは古典と言ってもいい古さなので、ちょっとどうかなと思っていたのですが…
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画の原作
GENRE:小説・文学
TAG:J.オースティン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。