fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > J.K.ローリング
2010年10月30日 (土) | EDIT |
ハリー・ポッターと謎のプリンスハリー・ポッターと謎のプリンス
著  者: J.K.ローリング
訳  者: 松岡佑子
出版年: 2006年
出版社: 静山社

ヴォルデモート復活の影響を受け、マグル界でも不可解な事件が起こり始めていた。ハリー・ポッターは休暇中に迎えに来たダンブルドア校長と、ホグワーツ魔法学校の教師だったというホラス・スラグホーンを訪ね、スラグホーンを新しい魔法薬学の教師として迎え入れる手伝いをする。休暇が終わり、6年生になったハリーは、ドラコ・マルフォイがボージン・アンド・バークスで何かの修理を頼んでいたことを聞き、よからぬことを企んでいるのではないかと、親友のロン・ウィーズリーとハーマイオニー・グレンジャーに訴えるが、2人に気にしすぎだと諌められる。新学期の授業が始まり、急遽予定していなかった魔法薬学の授業を受けることになったハリーは、その時に借りた古い「上級魔法薬」の教科書に、元の持ち主が書き込みをしていることに気付く。自らを“半純血のプリンス”と名乗る元持ち主の書き込みのとおりに魔法薬を作り上げ、ハリーは魔法薬学の天才としてスラグホーンのお気に入りとなるが、ハーマイオニーはそれが気に入らず、ハリーはますます“プリンス”にのめりこんでいく。そしてハリーはダンブルドアから特別授業を受けることになり、新しい技を教えてもらえるのかと浮き立つが、それは意外にも、憂いの篩を使ってヴォルデモート卿の過去を探るものだった…


「ハリー・ポッター」シリーズは、原作を読んでから映画を観るようにしています。「ハリー・ポッターと死の秘宝」がもうすぐ公開なので、慌てて放置していた前作を読みました。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:ハリー・ポッター
GENRE:小説・文学
TAG:J.K.ローリング 「ハリー・ポッター[小説]」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2007年08月31日 (金) | EDIT |
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
著  者: J.K.ローリング
訳  者: 松岡佑子
出版年: 2002年
出版社: 静山社

ホグワーツ魔法学校の5年生になる前の休暇中、叔父ダーズリーの家にいたハリー・ポッターは、従兄弟ダドリーと共に、マグル界にいるはずのない吸魂鬼に襲われる。ハリーは吸魂鬼から逃れるため、とっさに魔法を使ってしまい、魔法省からホグワーツ退学を言い渡され、尋問を受けることになってしまう。しかしそこへ、マッド-アイ・ムーディを始めとする魔法使いの集団がハリーを迎えに来る。彼らは、ホグワーツ校長のダンブルドアが設立した不死鳥の騎士団なる秘密結社のメンバーだったのだ。ハリーは不死鳥の騎士団の本部が置かれているシリウス・ブラックの家で、親友のロン・ウィーズリーやハーマイオニー・グレンジャーと共に残りの休暇をすごし、ホグワーツへ戻る。しかし「日刊予言者新聞」が、ヴォルデモート復活を宣言したダンブルドアやハリーを異常者扱いした記事を毎日書いていたため、ホグワーツでのハリーの立場もすっかり変わっていた。魔法省からドロレース・アンブリッジが派遣され、ホグワーツでの生徒および教師の言動を監視することになり、ホグワーツの中はますます以前と違った様子になっていく―――――


何とか読み終わりました~ (`・ω・´)シャキーン
読みにくい訳じゃないけど、結構厚くて読むの大変なんです…
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:ハリー・ポッター
GENRE:小説・文学
TAG:J.K.ローリング 「ハリー・ポッター[小説]」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2006年02月23日 (木) | EDIT |
ハリー・ポッターと炎のゴブレットハリー・ポッターと炎のゴブレット
著  者: J.K.ローリング
訳  者: 松岡佑子
出版年: 2002年
出版社: 静山社

ホグワーツ魔法魔術学校4年生になったハリー・ポッター。今年は、クィディッチ・ワールドカップの年。親友のロン・ウィーズリー一家とハーマイオニー・グレンジャーと一緒にクィディッチワールドカップを観に行ったハリーは、大興奮。しかしそこで“例のあの人”が残したと思われる“闇の印”を見るはめになり、ワールドカップの会場は一転して、不穏な空気が漂う。
ホグワーツに戻ったハリーたちに“三大魔法学校対抗試合(トライウィザード・トーナメント)”が百年以上ぶりに行われることが発表される。ヨーロッパの三大魔法学校であるホグワーツ、ボーバトン、ダームストロングの各校から1名ずつ代表選手が選ばれ、魔法競技を争うというもの。代表選手には17歳以上という年令制限が設けられ、自薦で“炎のゴブレット”に記名した紙を入れると、選考日にゴブレット自身が代表選手を選び出す仕組み。ハリーは自分が選手になることを夢見たものの、年令制限があるために諦めていた。しかし選考日、ゴブレットが各校から1人ずつ代用選手を選び出した後、4人目の代表選手として、入れた覚えのないハリーの名が記された紙が吐き出された―――――


やっと映画に追いついた~
しかし、今までの映画の出来を考えると、劇場まで観に行くべきか…迷うわー

[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画の原作
GENRE:小説・文学
TAG:J.K.ローリング 「ハリー・ポッター[小説]」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2005年11月20日 (日) | EDIT |
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
著  者: J.K.ローリング
訳  者: 松岡佑子
出版年: 2001年
出版社: 静山社

13歳になったハリー・ポッター。夏休みにダーズリー家に戻ったハリーは、相変わらずのダーズリー一家にうんざり。ある日、叔父ダドリーの妹マージが、ダーズリー家に遊びに来ることに。マージはいつもハリーに嫌味を言い続けるので、ハリーはマージが大嫌いだった。マージの嫌味についに堪忍袋の緒が切れたハリーは、マージに魔法をかけてしまい、ダーズリー家を飛び出す。
何とかロンドンにたどり着き、そこで魔法大臣コーネリウス・ファッジに会ったハリー。マージにかけた魔法のことで退学処分になるのではと青くなるが、ファッジは魔法のことは不問とし、何かとハリーに気を遣う。不思議に思っていると、魔法界の監獄“アズカバン”から脱獄した凶悪な囚人シリウス・ブラックがハリーの命を狙っており、ファッジはそれを心配していたのだった。不安を抱えつつもハリーはホグワーツへ戻るが…


ハリー・ポッターシリーズ第3弾です。
この間手に持っていたら、同僚に鼻で笑われましたけど (この同僚は、人が読んでいる本が、自分の趣味と合わないと馬鹿にする傾向がある)。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画の原作
GENRE:小説・文学
TAG:J.K.ローリング 「ハリー・ポッター[小説]」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2005年10月06日 (木) | EDIT |
ハリー・ポッターと秘密の部屋ハリー・ポッターと秘密の部屋
著  者: J.K.ローリング
訳  者: 松岡佑子
出版年: 2000年
出版社: 静山社

ホグワーツ魔法魔術学校での1年が過ぎ、学校が夏休みになったため、ダーズリー家へ戻ってきたハリー。伯父一家には相変わらず虐げられ、ハリーは早くホグワーツへ帰りたいとうんざりしていた。誰も祝ってくれないハリーの誕生日に、突然“屋敷しもべ妖精”が現れ、「ハリー・ポッターはホグワーツに戻ってはなりません」と告げる。ドビーはホグワーツに戻ると危険なことが起こると言うが、要領を得ないため、ハリーはそれを信じずにホグワーツへ戻る。やがてホグワーツでは、寮の管理人フィルチの飼い猫が石化したのをきっかけに、生徒たちが次々と石化する事件が起こる。どうやら、ホグワーツにあるという伝説の“秘密の部屋”が関係あるらしい。ハリーは事件の犯人だと疑われ、ついに親友ハーマイオニーが犠牲となってしまう。犯人はいったい誰なのか? ハリーの両親を殺した“名前を呼んではいけないあの人”は、この事件にかかわっているのか? そんな時、ロンの妹ジニーが何者かに連れ去られ、ハリーとロンは“秘密の部屋”を探すが…


この前、「ハリー・ポッターと賢者の石」を読んだので、折角なのでちゃんとシリーズを読んでみようと思いまして。他に読む本がないときに、だけどねー
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画の原作
GENRE:小説・文学
TAG:J.K.ローリング 「ハリー・ポッター[小説]」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2005年08月27日 (土) | EDIT |
ハリー・ポッターと賢者の石ハリー・ポッターと賢者の石
著  者: J.K.ローリング
訳  者: 松岡佑子
出版年: 1999年
出版社: 静山社

幼い頃に親を亡くし、伯母夫妻であるダドリー家に引き取られたハリー・ポッターは、伯母たちに虐げられながら毎日を暮らしていた。しかしハリーが11歳の誕生日を迎える時、ハグリッドと名乗る大男がホグワーツ魔法学校への入学許可証を持って現れ、ハリーは自分が魔法使いであったと知らされる。ホグワーツへ入学し、同じ魔法使いであるロン・ウィーズリーやハーマイオニー・グレンジャーとも仲良くなり、ハリーの魔法使いとしての人生が始まった…


話題になった時、図書館で500人待ちとかとんでもない数になっていたし、個人的にはファンタジーはあまり得意でないせいもあり、敬遠していたのだけど、たまたま図書館に寄ったら置いてあったので、気まぐれで借りてみました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:ハリー・ポッター
GENRE:小説・文学
TAG:J.K.ローリング 「ハリー・ポッター[小説]」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。