週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > A~M
LUCY ルーシー 
2015年12月29日 (火) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
LUCY ルーシー/LUCY
2014年/フランス/89分
監督: リュック・ベッソン
出演: スカーレット・ヨハンソン/モーガン・フリーマン/チェ・ミンシク/アムール・ワケド/アナリー・ティプトン

台湾で暮らしているアメリカ人のルーシーは、1週間ほど前に知り合ったばかりのリチャードから、あるホテルにいるチャンという男にバッグを届けて欲しいと頼まれる。断ったものの、無理矢理バッグと手錠でつながれてしまったルーシーは、しぶしぶホテルに向かう。フロントでチャンを呼び出してもらおうとするが、マフィアの手下のような怪しげな風体の男たちが下りてきて、リチャードは殺されてしまい、ルーシーはチャンの部屋へと連れて行かれる。バッグの中身は新種の麻薬“CPH4”であることがわかり、ルーシーは腹に“CPH4”の入った袋を埋め込まれ、運び屋にされてしまう。ところが捕らわれて暴行を受けたルーシーは、しばらくするとかつてない程の脳の冴えを感じる。体内で袋が破れて“CPH4”がルーシーの脳に作用しはじめ、本来10%しか活用していないと言われる脳の使用していない部分が覚醒しはじめたのだ。ルーシーは脳科学の権威であるノーマン博士とコンタクトを取り、事態をなんとかすべく動き始めるが―――――


リミットレス」みたいだなあと思って、リュック・ベッソンだし(笑)、積極的に観る気もなかったのですが、友だちがストーリーはともかくとして(笑)興味深い内容だったと言っていたので、録画してみました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:リュック・ベッソン スカーレット・ヨハンソン モーガン・フリーマン チェ・ミンシク アムール・ワケド アナリー・ティプトン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
Mommy マミー 
2015年05月21日 (木) | EDIT |
 ヒューマントラストシネマ有楽町にて鑑賞
Mommy マミーMommy マミー/MOMMY
2014年/カナダ/139分
監督: グザヴィエ・ドラン
出演: アンヌ・ドルヴァル/スザンヌ・クレマン/アントワーヌ・オリヴィエ・ピロン
公式サイト
公開: 2015年04月25日

2015年、カナダでは新政権が発足し、発達障害の子供を持つ親がその子を養育できない状況になった場合は、法的手続きを取らずに施設に入院させることができる権利を盛り込んだS14法案が可決される。夫を亡くしたシングルマザーであるダイアン・デュプレは、ある日、発達障害の息子スティーヴがいる矯正施設から呼び出しを受ける。スティーヴは食堂に放火して他の子に大怪我を負わせたため、施設ではスティーヴをこれ以上預かれないと判断し、ダイアンに引き取りを迫る。ダイアンはスティーヴの引き取りを拒むものの、やむを得ず親子二人暮らしを始める。スティーヴを看ながらできる在宅の仕事を探さなければならなかったが、ライターの仕事もクビになり、ダイアンは途方に暮れていた。ある日、些細なことでスティーヴが暴れ出し、向かいの家に住むカイラが騒ぎを聞きつけてやってくる。それ以来、カイラと交流を深めていくダイアンとスティーヴだったが…


初グザヴィエ・ドランです。前から気になってはいたものの、なかなか時間が合わず、彼の作品を観られていませんでした。
本編上映前に、グザヴィエ・ドランの軌跡みたいな短編の特別映像がありました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:グザヴィエ・ドラン アンヌ・ドルヴァル スザンヌ・クレマン アントワーヌ・オリヴィエ・ピロン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
FRANK―フランク― 
2014年10月10日 (金) | EDIT |
 ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞
FRANK―フランク―FRANK―フランク―/FRANK
2014年/イギリス、アイルランド/95分
監督: レニー・アブラハムソン
出演: ドーナル・グリーソン/マイケル・ファスベンダー/マギー・ギレンホール/スクート・マクネイリー/フランソワ・シヴィル
公式サイト
公開: 2014年10月04日

サラリーマンをしながらも、ミュージシャンになる夢を諦められないジョンは、ある日、町にやってきたインディーズバンド“ソロンフォルブス”のキーボードが海で入水自殺騒ぎを起こしているところに居合わせる。ジョンは、マネージャーのドンと話をしているうちに、キーボードの代わりに夜のライヴに飛び入り参加することに。そこに現れたのは、巨大な張りぼてのお面をつけた男、フランクだった。バンドのフロントマンであるフランクを始めとして、テルミンのクララ、ベースのバラク、ドラムのナナという個性的なメンバーによって奏でられる音楽にすっかり魅せられたジョン。そして、アイルランドにある小屋でのアルバム作りにジョンも参加することになるが、クララは何かとジョンに敵対するような態度を見せる。何か月も小屋に篭もってレコーディングを続け、ついにアルバムが完成するが…


被り物をするなら、マイケル・ファスベンダーじゃなくてもいいのでは?(笑)と思いながら、行ってきました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:レニー・アブラハムソン ドーナル・グリーソン マイケル・ファスベンダー マギー・ギレンホール スクート・マクネイリー フランソワ・シヴィル 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
her 世界でひとつの彼女 
2014年06月23日 (月) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
her 世界でひとつの彼女her 世界でひとつの彼女/HER
2013年/アメリカ/126分
監督: スパイク・ジョーンズ
出演: ホアキン・フェニックス/エイミー・アダムス/ルーニー・マーラ/オリヴィア・ワイルド
声の出演: スカーレット・ヨハンソン
公式サイト
公開: 2014年06月28日

近未来のロサンゼルス。手紙の代筆屋セオドア・トゥオンブリーは、妻キャサリンからの離婚の要求を拒み続け、別居生活は1年に及ぼうとしていた。まだ上手くいっていた頃の2人の思い出を抱きしめながら暮らしていたセオドアだったが、ある日、世界初の人工知能型OS“OS1”の広告を見て、興味本位で購入する。早速PCにインストールすると、OSは自らをサマンサと名付け、経験から学ぶ能力があると言う。まるで本当の女性と話しているようなサマンサとのやり取りに、セオドアは気持ちを立て直していき、そしていつしかそれはサマンサへの恋心へと変化していく―――――


久々に試写会が当たりました  第86回米アカデミー賞の脚本賞受賞作。これはすごく楽しみにしていたのだ。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:スパイク・ジョーンズ ホアキン・フェニックス エイミー・アダムス ルーニー・マーラ オリヴィア・ワイルド スカーレット・ヨハンソン 第86回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
MAMA 
2014年05月31日 (土) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞
MAMAMAMA/MAMA
2013年/カナダ、スペイン/100分
監督: アンディ・ムスキエティ
出演: ジェシカ・チャステイン/ニコライ・コスター=ワルドー/メーガン・シャルパンティエ/イザベル・ネリッセ/ダニエル・カッシュ
公開: 2014年05月17日

ジェフリー・デサンジは、会社の経営を巡るトラブルから共同経営者2人と不仲の妻を殺し、幼い娘2人を連れて逃亡、行方不明となってしまう。ジェフリーの弟ルーカスはずっと兄と姪の行方を捜していたが、5年後、クリフトン・フォージにある山小屋で、姪2人が見つかったと連絡が入る。2人は動物のように四つん這いで歩き、姉娘ヴィクトリアは辛うじて言葉を少し覚えていたものの、5歳のリリーは言葉を忘れてしまっていた。心理学者のドレイファス博士のカウンセリングを受けながら、2人は徐々に人間らしさを取り戻していき、ルーカスは2人を引き取り、恋人のアナベルと4人で暮らし始める。ドレイファス博士が、2人が5年も生き延びた理由をヴィクトリアに尋ねると、ヴィクトリアは“ママ”と一緒に暮らしていたという。そして“ママ”は病院から逃げ出して子供と共に湖に落ちたという話を聞き、博士は“ママ”の正体を調べ始める。そんな矢先、ルーカスが大怪我をして入院してしまい、アナベルは1人でヴィクトリアとリリーの面倒をみることに。すると家で不気味な出来事が起こり始めるが…


DVDスルーのところ、緊急限定公開した本作。先週ですが (^_^;) 行ってきました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:アンディ・ムスキエティ ジェシカ・チャステイン ニコライ・コスター=ワルドー メーガン・シャルパンティエ イザベル・ネリッセ ダニエル・カッシュ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
HERO 
2014年04月10日 (木) | EDIT |
 DVDにて鑑賞
HEROHERO
2007年/日本/130分
監督: 鈴木雅之
出演: 木村拓哉/松たか子/大塚寧々/阿部寛/勝村政信

6年ぶりに東京地裁城西支部に戻ってきた久利生公平。世間では、久利生が山口県虹ヶ浦支部に赴任していた時から因縁がある花岡練三郎代議士の贈収賄疑惑について、法務大臣の指揮権発動により強制捜査が中止されたことが大きな話題となっていた。ある日、久利生は、自身の離婚調停にてんやわんやの芝山貢に代わり、傷害致死事件の公判検事を任される。犯人の梅林圭介は既に犯行を認めており、簡単に終わる裁判のはずだった。ところが、初公判で突然梅林は罪状否認、無罪を主張する。そして梅林の弁護には、刑事事件の無罪獲得数日本一の腕を誇る、蒲生一臣弁護士が付いていた。蒲生の冷静な法廷戦術により、久利生は苦境に追いやられてしまう。そんな中、特捜部の黛雄作から呼び出された久利生は、梅林の事件が花岡の贈収賄疑惑に大きく関わっていることを聞かされる―――――


連ドラが再放送されていたのを観て、そういえば劇場版とかあったんだっけ…と思って、他のを借りるついでに借りてきました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:DVDで見た映画
GENRE:映画
TAG:鈴木雅之 木村拓哉 松たか子 大塚寧々 阿部寛 勝村政信 イ・ビョンホン タモリ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
LOOPER ルーパー 
2013年01月22日 (火) | EDIT |
 シネ・リーブル池袋にて鑑賞
LOOPER ルーパーLOOPER ルーパー/LOOPER
2012年/アメリカ/118分
監督: ライアン・ジョンソン
出演: ジョセフ・ゴードン=レヴィット/ブルース・ウィリス/エミリー・ブラント/ポール・ダノ/ノア・セガン
公式サイト
公開: 2013年01月12日

西暦2074年。タイムマシンは開発されているが、タイムトラベルは法律で禁止されており、犯罪組織のみが違法にタイムトラベルを行っていた。身体を管理されているため、殺人を犯しても死体を処理することが出来ず、犯罪組織は殺したい人物を過去へ送り込み、ルーパーと呼ばれる殺し屋が死体の処理までを請け負っていた。ルーパーとの契約を終了する時は、30年後の自分“ループ”が組織から送り込まれ、金の延べ棒と引き換えに自らを撃ち殺す、“ループを閉じる”と呼ばれる作業が行われることになっていた。
2044年、カンザス州でルーパーをしているジョーは、いつかフランスへ移住する夢を持っていた。しかしある日、ジョーの親友セスが青い顔で部屋に転がり込んでくる。セスがいつも通り仕事をしようとしていたところ、そこへ送り込まれてきた人間はセスのループだった。セスはループから、レインメーカーと呼ばれる凶悪な犯罪王が、全てのループを閉じていると聞かされる。ジョーはセスを匿うが、ルーパーの元締めであるエイブに脅され、セスの居場所を話してしまう。そしてジョーの元にも、ループが送り込まれてくる。一瞬の隙をつかれてジョーはループに倒され、目を覚ますと「この町を出て逃げろ」というメモが残されていた。このままでは自分が組織に始末されてしまうと考えたジョーは、ループを始末しようと後を追うが―――――


今年初めての劇場鑑賞です。
ジョセフ・ゴードン=レヴィットは、30年後にブルース・ウィリスになるのでしょうか?
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ライアン・ジョンソン ジョセフ・ゴードン=レヴィット ブルース・ウィリス エミリー・ブラント ポール・ダノ ノア・セガン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
J・エドガー 
2012年02月19日 (日) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
J・エドガーJ・エドガー/J. EDGAR
2011年/アメリカ/137分
監督: クリント・イーストウッド
出演: レオナルド・ディカプリオ/ナオミ・ワッツ/アーミー・ハマー/ジョシュ・ルーカス/ジュディ・デンチ
公式サイト
公開: 2012年01月28日


アメリカ連邦捜査局、通称FBIの初代長官を長年勤めたJ・エドガー・フーバーは、これまでの功績を自叙伝として出版するため、口述筆記する広報担当のスミスに過去を語り始める。1919年、過激派によるテロ事件が相次いでおり、自身もテロの対象となったミッチェル・パーマー司法省長官は、司法省内に過激派の対策班を設置し、責任者としてフーバーを抜擢する。フーバーは疑わしい者のリストを作成し、共産主義者を一斉検挙するなど目覚ましい活躍を見せ、対策班が捜査局となった時、24歳にして局長代理となる。フーバーは自ら信じる正義を全うするため、科学捜査を導入してFBIの基礎を作り、一方で要人を監視して秘密を記した極秘ファイルを作成し、それを盾にしてFBIの権力を守ろうとしていた。そんなフーバーの側には、母アニー、そして副長官クライド・トルソンと秘書のヘレン・ガンディが影のように付き添っていた―――――


ドラゴン・タトゥーの女」に引き続いて観てきました。レビューは遅くなりましたが…
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:クリント・イーストウッド レオナルド・ディカプリオ ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ジョシュ・ルーカス ジュディ・デンチ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
BIUTIFUL ビューティフル 
2011年07月21日 (木) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞
BIUTIFUL ビューティフルBIUTIFUL ビューティフル/BIUTIFUL
2010年/スペイン、メキシコ/148分
監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演: ハビエル・バルデム/マリセル・アルバレス/エドゥアルド・フェルナンデス/ディアリァトゥ・ダフ/チェン・ツァイシェン
公開: 2011年06月25日
公式サイト

スペインのバルセロナ。妻マランブラと別居し、子供2人を育てているウスバルは、死者の声を聴く能力を活かしてそれを遺族に伝えたり、不法入国者たちに職を斡旋し、手数料を徴収するなどして金を稼いでいた。ある日、体調不良で医者を訪れたウスバルは、末期の前立腺癌に侵されており、余命2か月と宣告される。ウスバルは子供たちのために、残された時間を懸命に生きるが―――――


ハビさまとイニャリトゥの組み合わせってことで、気になっていました。第83回米アカデミー賞で、外国語映画賞にノミネートされています。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ ハビエル・バルデム マリセル・アルバレス エドゥアルド・フェルナンデス ディアリァトゥ・ダフ チェン・ツァイシェン 第83回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
GANTZ:PERFECT ANSWER 
2011年06月04日 (土) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
GANTZ:PERFECT ANSWERGANTZ:PERFECT ANSWER
2011年/日本/141分
監督: 佐藤信介
出演: 二宮和也/松山ケンイチ/吉高由里子/本郷奏多/夏菜
公開: 2011年04月23日
公式サイト

謎の黒い球、ガンツに呼び寄せられ、地球を征服しようとしているという星人たちと戦いを繰り広げることになった玄野(くろの)計。戦いの中で死んだ幼馴染の加藤勝を生き返らせるため、玄野(くろの)は同じように部屋に集められた仲間たちと一緒にミッションを遂行していた。一方、モデルの鮎川映莉子の元に小さい黒い球(ガンツ)が送られてくる。鮎川は小さい黒い球(ガンツボール)の指示のままに人を殺し、部屋に人を送り込んでいた。
現実の世界に戻っていた玄野(くろの)の前に、死んだはずの加藤が現れ、玄野(くろの)は混乱する。そして黒い球(ガンツ)部屋に召喚された玄野(くろの)たちは、「黒服星人をやっつけろ」という指令を受けて転送されるが、転送先はいつもと違い、普通の人が乗っている電車の中だった。玄野(くろの)たちは戸惑うが、黒服星人は構わずに攻撃を始め、その場にいた一般人たちは戦いに巻き込まれて倒れていく。必死で黒服星人たちと戦ううちに、メンバーの中村孝太、山本真子、小林新一は以前黒い球(ガンツ)に召喚され、黒服星人と戦ったことを思い出す。彼らは、100点を取って黒い球(ガンツ)から解放された“卒業生”だったのだ。玄野(くろの)は黒服星人と戦っている電車の中に小島多恵が乗っているのを目撃する―――――


前作を観ているので一応チェック。先週した3本はしごの3本目です。
「ANOTHER GANTZ」は「こんなに放映して大丈夫?って思うくらい1作目のダイジェストだよ。観なくても大丈夫」と言われていたので、録画はしているけど観ないで行きました。冒頭に1作目のダイジェストが流れるので、本当に観なくても大丈夫でした。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:佐藤信介 二宮和也 松山ケンイチ 吉高由里子 本郷奏多 夏菜 山田孝之 伊藤歩 「GANTZ」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。