FC2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 2007年01月
2007年01月06日 (土) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]/FANTASTIC FOUR
2005年/アメリカ/106分
監督: ティム・ストーリー
出演: ヨアン・グリフィズ/ジェシカ・アルバ/クリス・エヴァンス/マイケル・チクリス/ジュリアン・マクマホン
公式サイト

天才科学者リード・リチャーズはDNAの研究をしているが、資金難のため、友人で宇宙飛行士のベン・グリムと共に大学時代の友人ビクター・バン・ドゥームの元を訪れ、ビクターの会社が開発した宇宙シールド内での実験や資金の援助を要請していた。そこへ、リードの昔の恋人スーザン・ストームが現れる。スーザンはビクターの会社の遺伝子研究の責任者であり、そして現在ビクターの恋人でもあった。未だスーザンに心を残しているリードは複雑な心境でそれを聞く。ビクターは新規公開株の公募価格の暴騰を目論んで実験の援助を約束し、そしてリード、ベン、ビクター、スーザン、スーザンの弟ジョニーを加えたメンバーで宇宙へ行き、実験を行う。しかしアクシデントで宇宙嵐の放射線を浴びてしまい、それぞれの体に変化が現れる。リードは体がゴムのように伸び、ベンは岩のように硬い体、スーザンは体が透明になり、ジョニーは発火能力が備わっていた。リードは皆を何とか元の体に戻すべく研究を始めるが、なかなか上手くいかない。宇宙シールドでの実験は失敗、新規公開株の公開価格は暴落し、ビクターの会社から銀行は手を引いてしまう。そして、お互いにまだ未練たっぷりのリードとスーザンを見るにつけ、ビクターは嫉妬心からリードを深く恨んでいく。ビクターの体も放射線のせいで超能力を得ており、憎悪にとりつかれたビクターは、やがてその力を悪用し始める―――――


アメコミ苦手。「スーパーマン」も「X-MEN」も「スパイダーマン」も観たことありません。試写会に誘われて「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲!」のみ観たことあります。その時「バットマンって、要するに金持ちの道楽?」って言ったら、「…お前、そんな身も蓋もない…」とガックリされた。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:ティム・ストーリー ヨアン・グリフィズ ジェシカ・アルバ クリス・エヴァンス マイケル・チクリス ジュリアン・マクマホン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。