fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 2011年03月
2011年03月08日 (火) | EDIT |
「第二回下北沢映画祭グランプリ・準グランプリ作品上映会(公式サイト)」が1月22日に開催されました。もう1か月以上前なんだけど、メモを変な風に取っていて、読み返すのに大変で(笑)なかなか記事にできなくて。いろいろと記憶が薄れている部分もありますが、今さら記事にしてみました。


最低最低
2009年/日本/30分0秒
監督:今泉力哉

亜美のことを思うあまり、ストーキングした過去のあるシゲル。田舎に帰ることを決め、最後に亜美にDVDを届ける。それは、亜美の部屋の盗撮映像で、亜美の同棲している恋人正雄の浮気現場を納めたものだった。正雄の浮気現場が映っていることを感じ取った亜美は、妹の小夜に自分の代わりにDVDを観ることを頼む。しかし、その映像に映っていた正雄の浮気相手こそ、小夜だった。


イケメンじゃない正雄がなんでそんなにモテるんだ?という疑問はあれど(笑)、普通に面白かった。亜美カップルの話がメインなら、ストーカーの話はあまり掘り下げなくてもよかったかもね。ストーカー側の話も面白かったし、別々の作品にも出来そう。


くちゃおくちゃお
2010年/日本/3分50秒
監督:奥田昌輝

いつでもガムを噛んでいる小学生のくちゃおはクラスの嫌われ者で、友だちは1人もいない。学校からの帰り道、ガムを噛みながらくちゃおは空想を膨らませていく。


絵がいまいち好みではなく。。。なんだかNHKのみんなのうたっぽいなーと思った。歌の内容をアニメにしているからかな。歌が長唄みたいで面白かった。あんまりこういう歌を選択するってないかも。


くらげくんくらげくん
2009年/日本/14分0秒
監督:片岡翔

くらげみたいなひらひらした服を着ているくらげくんは、男の子だけど虎太郎が大好き。親の都合で遠くへ引っ越さなければならなくなったくらげくんは、虎太郎に海に行こうと誘う。


子役2人が可愛らしい。くらげくんも虎太郎も役の雰囲気がばっちり合っていました。けど、台詞がいまいち自分のものになっていないかなー。映画全体の雰囲気は好き。


TUESDAYGIRLTUESDAYGIRL
2011年/日本/44分0秒
監督:今泉力哉

リストラされてしまった木村は、会社に行くふりをして毎日河原で暇をつぶしていることを、同棲中の恋人・田代には言えずにいた。一方、木村の友人・関口は結婚が決まり、高校時代の恋人・青木と、その当時、お互いに結婚が決まったら報告すると約束していたため、青木に会いに行く。


この人の作品、かなり好みかも。ダメ男の描写が上手い。倦怠感漂う木村カップルと結婚が決まってラブラブの関口カップルと、最後に完全に逆転しちゃうのも面白い。ラストのアレはちょっとやりすぎな感じもしましたけど。


オーケストラオーケストラ
2008年/日本/6分30秒
監督:奥田昌輝/大川原亮/小川雄太郎



「くちゃお」とは絵のタイプが違うので、個人的にはこちらの方が好きです。ベートーベンの音楽に合わせて絵が次々と変化していくのがすごく面白かった。


ゲルニカゲルニカ
2010年/日本/21分0秒
監督:片岡翔

シズクは、父親が自殺を図り母親と遠くへ引っ越して行った幼馴染の少女ミナミの家を訪ねる。彼女の残していったカメラを手にして、街をカメラにおさめていくシズク。彼女が残した言葉をかみしめながら。


個人的には「くらげくん」よりこっちの方が好みでした。根が暗いからかしらね。主役2人も「くらげくん」よりも年齢が上なので、台詞をしっかり自分のものにしていた気がします。ラストのシズクの涙が印象的。


今泉力哉監督の作品、好みだなーと思って観ていて、トークショーでその風貌にびっくり(笑) ロビーで独特な風貌の人がいるなーなんて思っていたんだけど、監督でしたか、みたいな。
片岡翔監督は、相互リンクしてもらっているmigさんの弟さん。前々から作品を観てみたかったので、行けてよかったです。
奥田昌輝監督はなんと現役大学院生ですって。 ( ゚Д゚)ヒョエー
しかも、3人とも80年代生まれですよー若いなあー。

なかなかこういうのに行く機会がないので、初の試みだったんだけど、楽しかった。新しい才能に出会えますしね。
また機会があれば行ってみたいな。
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画祭
GENRE:映画
TAG:映画祭 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
LIMIT OF LOVE 海猿 
2011年03月08日 (火) | EDIT |
 フジテレビにて鑑賞
LIMIT OF LOVE 海猿LIMIT OF LOVE 海猿
2005年/日本/117分
監督: 羽住英一郎
出演: 伊藤英明/加藤あい/佐藤隆太/大塚寧々/吹越満
公式サイト

海上保安庁の潜水士として鹿児島で勤務する仙崎大輔は、恋人の伊沢環菜との結婚も決まり前途洋洋のはずだったが、結婚に対して躊躇いがあり、環菜に結婚延期を申し出る。そんな時、大型客船くろーばー号が座礁する事故が発生する。積まれた車のガソリンに引火すると爆発の危険があるため、船に乗り込んだ仙崎は、偶然乗り合わせていた環菜と顔をあわせる。環菜に船を降りるように告げ、仙崎は船の下部に向かうが、そこで船に残っていた従業員、本間恵と客の海老原真一を見つけ、2人を連れて船を脱出しようと出口へ向かう。ところが、仙崎を追ってきたバディの吉岡哲也が出口を見失い、4人は船の中に取り残されてしまう―――――


去年、シリーズ一気放送していた時に観ていたんだけど、かなり後回しにしてしまいました。。。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:TVで見た映画
GENRE:映画
TAG:羽住英一郎 伊藤英明 加藤あい 佐藤隆太 大塚寧々 吹越満 「海猿」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。