FC2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 2012年07月
プレイ―獲物― 
2012年07月24日 (火) | EDIT |
 ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞
プレイ―獲物―プレイ―獲物―/LA PROIE
2010年/フランス/104分
監督: エリック・ヴァレット
出演: アルベール・デュポンテル/アリス・タグリオーニ/ステファーヌ・デバク/セルジ・ロペス/ナターシャ・レニエ
公開: 2012年06月30日
公式サイト

銀行強盗の罪で服役中のフランク・アドリアンは、刑期の残りがあと3か月に迫っていたが、奪った金の隠し場所を誰にも明かさずにいたため、金のありかを聞き出そうとする強盗仲間から日々脅しをかけられていた。そんな中、フランクは、婦女暴行罪で収監されていた同室のジャン・ルイ・モレルを助けたことがきっかけで、刑期を延長されてしまう。そして冤罪を主張していたモレルは、それが証明されて釈放が決まり、フランクはモレルを信用し、妻アンナへの伝言を頼む。しかし、モレルの釈放後、憲兵のマニュエル・カレガという男がモレルについて話を聞きたいと面会にやってくる。カレガは、自分はずっと少女連続殺人事件の犯人としてモレルを追っているが決定的証拠がないと言う。不安に駆られたフランクは妻子の安全を確認するため、脱獄して妻子の元へ戻るが、時すでに遅し、モレルはアンナを殺して金を奪い、娘アメリを連れ去った後だった。自分を追わなければアメリには危害を加えないというモレルだったが、フランクはアメリを取り戻すためにカレガを訪ね、2人は協力してモレルの居所を探ることに。
一方、脱獄したフランクを捕らえるため、クレール・リンネ刑事のチームがフランクを追っていた―――――


予告が面白そうだったので、ちょいと観てきました。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:エリック・ヴァレット アルベール・デュポンテル アリス・タグリオーニ ステファーヌ・デバク セルジ・ロペス ナターシャ・レニエ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。