fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 2013年07月
華麗なるギャツビー 
2013年07月24日 (水) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマ浦和にて鑑賞
華麗なるギャツビー華麗なるギャツビー/THE GREAT GATSBY
2012年/アメリカ/142分
監督: バズ・ラーマン
出演: レオナルド・ディカプリオ/トビー・マグワイア/キャリー・マリガン/ジョエル・エドガートン/アイラ・フィッシャー
公式サイト
公開: 2013年06月14日

アルコール中毒と不眠症などにより、療養所で治療を受けているニック・キャラウェイ。カウンセリングの一環として、医者から思いのたけをつづるように勧められたニックは、元々作家志望だったこともあり、ジェイ・ギャツビーという男について綴り始める。
1922年、ニックは証券会社に就職し、NY郊外のウェスト・エッグに居を構える。社交界の花と称えられる従妹のデイジー・ブキャナンと、資産家であるその夫トムは、ウェスト・エッグと湾を挟んだ反対側イースト・エッグの豪邸に住んでおり、ニックはトムとともに享楽の日々を送っていた。ニックの家の隣にある城では、毎日派手なパーティーが開かれていた。城の持ち主であるギャツビーは、ドイツ皇帝の血筋だとか、はたまたスパイだとか色々噂されていたものの、実態を知る者は誰1人としていなかった。しかしある日、ニックの元に、ギャツビーから正式なパーティーの招待状が送られてくる。ニックはギャツビー邸を訪れ、初めて彼と対面する。そしてニックは、彼から、お茶会を開いてデイジーを読んで欲しいと頼まれる。ギャツビーは5年前にデイジーと会ったことがあり、再会したいと言う。人妻となっているデイジーを男性と引合せることに躊躇しながらも、ニックはお茶会を引き受けるが―――――


ぐずぐずしていたら、チケットを持っている映画館ではちょっと観に行けない時間帯になってしまって、何故か浦和まで遠征することに(笑)
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:バズ・ラーマン レオナルド・ディカプリオ トビー・マグワイア キャリー・マリガン ジョエル・エドガートン アイラ・フィッシャー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。